このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

和室の寝室をカーテンでおしゃれに!選び方やおすすめの色柄を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月29日

安眠効果の高い寝室には、必ずといっていいほどカーテンが取り付けられている。しかし寝室が和室の場合、どのようなカーテンが部屋の雰囲気に合うのか悩んでしまう人も多いのではないだろうか。そこで今回は、和室の寝室にマッチするカーテン選びのコツや、おすすめの色柄について解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 和室の寝室にカーテンを取り付けるメリット

和室の窓に障子が取り付けられている家庭では、カーテンを設置していない人も多いことだろう。しかし和室を寝室として利用する場合、障子だけだと夜の外灯が気になって眠れなかったり、朝の日差しが眩しくて起きてしまったりしやすい。なぜなら、障子はカーテンに比べて遮光性が劣るからだ。障子はあくまでも光を和らげる効果しか期待できない。一方でカーテンは外からの光を遮断し、部屋の明るさを調整することができる。

和室とカーテンの組み合わせは、部屋の雰囲気を壊してしまうのではないかと考えている人が多いかもしれない。しかし和室に適した色や素材のカーテンを選べば、部屋の雰囲気を壊さないどころか、おしゃれな空間にコーディネートすることが可能だ。和室に障子のコーディネートも古風な演出でおすすめだが、どうせならカーテンで和モダンな寝室にコーディネートしてみてはいかがだろうか。

2. 和室の寝室に合うカーテンの選び方

素材

和室は和紙や畳、木などの天然素材でつくられているため、部屋の雰囲気に合わせるならカーテンも自然の素材でできたものが相応しい。とはいえ、麻や綿は遮光性が高いわけではないので、寝室のカーテンにはあまり適していない。

遮光性を重視するのであれば、和室の寝室にはポリエステル製のカーテンが最も適している。なぜなら、ポリエステル製のカーテンはデザインが豊富だからだ。色や柄によって寝室をモダンな雰囲気にしたり、アジアンテイストに仕上げたりすることができる。自然素材に近い風合いのポリエステル製カーテンを選べば、和テイストを残しておくことも可能である。さらに、ポリエステル製のカーテンは自宅で洗濯できるところも強みである。汚れたりカビが生えたりしても、こまめにお手入れができるので、寝室のカーテンには持ってこいといえるだろう。

和室に設置するカーテンの色は、素材と同様に天然素材に近いものの方がしっくり馴染むだろう。おすすめはアースカラーと呼ばれるグリーン系やベージュ系の色だ。また、少し変わった色で個性を出したい人は「和色」と呼ばれる色を選ぶのがおすすめである。例えばブルー系は「紺藍」や「群青色」、パープル系は「藤色」や「菫色」といった感じで日本の伝統色を選んでみると風情があるインテリアに仕上がるだろう。

和室のカーテンは基本的に無地がおすすめだが、柄を取り入れたい場合は植物の柄が適している。また、和テイストをキープしたいのであれば、着物のような柄をチョイスするのも一つの手だ。江戸小紋や市松など、伝統的な柄は和室に程よくマッチする。ただし色がたくさん使われている派手な柄のカーテンは部屋の雰囲気に合わないので気を付けよう。

3. 和室の寝室をカーテンでコーディネートする際の注意点

和室のインテリアコーディネートは基本的にシンプルイズベストが推奨されている。派手な柄やボリュームのあるカーテンを選んでしまうと、その後のインテリアコーディネートが大変になってしまうので注意してほしい。

通常のカーテンを取り付けることに抵抗がある人は、スクリーンタイプのカーテンを取り付けるのもおすすめだ。ドレープが無いスクリーンタイプのカーテンであれば、部屋を圧迫せず、寝室をスタイリッシュにコーディネートすることができる。また、ツインスタイルのロールスクリーンにすれば和モダンな寝室インテリアにコーディネートすることも可能だ。ただしスクリーンタイプのカーテンも素材によっては遮光性が低いものがあるため、寝室に設置する際は事前に遮光の等級をチェックしておくことをおすすめする。なお、等級は光をほとんど通さない1級遮光か、強い光を遮られる遮光2級を選ぶといいだろう。

結論

和室にカーテンを取り入れることで、インテリアコーディネートの幅がグンと広がることがわかった。最近注目を集めている和モダンな寝室を目指すのであれば、カーテンの他に間接照明やベッドなどを設置してみてもいいかもしれない。和室の雰囲気に満足できていない人は、是非この機会にカーテンを取り入れてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ