このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
卒業祝いのメッセージ例文集!感動を呼ぶかっこいい一言や名言も紹介

卒業祝いのメッセージ例文集!感動を呼ぶかっこいい一言や名言も紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年11月 5日

卒業シーンにはお祝いのメッセージがつきものだ。しかし、気持ちを伝えたくても、どのような内容にすればよいか悩むこともあるだろう。この記事では、年齢別にお祝いのメッセージの例文をまとめた。基本のマナーやメッセージに使える名言、一緒に贈るのにおすすめのアイテムと併せて紹介しよう。

  

1. 卒業祝いのメッセージを贈る前に確認すべきこと

卒業祝いのメッセージを贈る前に、確認しておきたいポイントをまとめた。相手に不快な思いをさせないように、基本のマナーをチェックしておこう。

進学や就職など進路が決まっているか確認する

進路が決まっていない相手に「進学おめでとうございます」「ご就職おめでとうございます」はNGだ。卒業祝いのメッセージを贈る前に、必ず進学先や就職先が決まっているか確認しよう。

目上など贈る相手との関係性に合った言葉かを確認する

後輩の立場から先輩などの目上の人にメッセージを贈る場合は、敬語を使うことはもちろん、上から目線の表現となるような言葉は控えよう。たとえば「頑張ってください」や「ご苦労様でした」は目上の人には適さない表現だ。「頑張ってください」は「ご活躍をお祈りいたします」、「ご苦労様でした」は「お疲れ様でした」を用いるのが常識である。

忌み言葉などをうっかり使用していないか確認する

卒業のメッセージには使ってはいけない「忌み言葉」がある。たとえば「落ちる」「やめる」「消える」は、卒業の取り消しや落第を連想させるので避けてほしい。ほかにも、破るや終わる、滑る、倒れる、中止、変更、壊れる、などの言葉もNGだ。気にしない方もいるが、なるべく使わないほうがよいだろう。

2. 卒業祝いのメッセージを贈るタイミング

卒業祝いのメッセージは、贈るのが早すぎたり遅すぎたりすると失礼になる。贈るタイミングを確認しておくことが重要だ。

卒業の時期に応じて臨機応変に

卒業祝いのメッセージを贈る時期に明確な決まりはないが、入学祝いと重ならないように3月中旬から下旬を目安に贈るのがよい。ただし、必ずしも3月卒業とは限らないため、臨機応変に対応することが重要だ。

卒業の時期に合わせられるように、あらかじめ卒業式の日にちを確認して判断してほしい。贈るタイミングを逃すと、相手を不快な気持ちにさせかねないので気をつけよう。

3. 卒業祝いのメッセージの贈り方

卒業祝いのメッセージを贈る方法はさまざまだ。それぞれの特徴を紹介するので、選ぶときの参考にしてほしい。

手紙

卒業というハレの日を祝う気持ちを相手に伝えたいときには、やはり手書きのメッセージがおすすめだ。改まったメッセージを贈る場合は、白を基調としたシンプルなレターセットがよいだろう。春らしい季節感のある花や植物が描かれたものなど、年齢や性別を問わず万人受けするものもおすすめだ。

電報

電報には、配達時間を指定できる、便箋と封筒を用意する手間がかからない、文字を書く必要がないなど、手紙にはないメリットがある。また、格式があり、祝う気持ちがダイレクトに伝わりやすいのも魅力だ。メッセージカードはもちろん、ぬいぐるみや花束といったプレゼントもさりげなく添えることができるので、改まったメッセージを伝えたいときは電報が最適といえる。

電報はNTTや携帯グループ会社のホームページから申し込むことができ、価格も1,000円程度から用意がある。申し込みも簡単なので、利用したことのない方も一度ホームページをのぞいてみよう。

メール・SNS・オンラインサービス

気心の知れた間柄であれば、メールやSNSを介してフランクにメッセージを贈るケースも増えているようだ。さらに最近では、卒業祝いの定番の寄せ書きがオンライン上でできてしまうサービス「オンライン寄せ書きyosetti」も登場している。大勢で集まる機会がないときは、便利な方法なので覚えておこう。

メッセージカード

プレゼント贈る場合は、メッセージカードを添えて気持ちを伝えるのも方法のひとつだ。二言三言文章を添え、シンプルにお祝いの気持ちを伝えよう。メッセージカードのデザインはさまざまなので、相手の好みを考えて選んでほしい。

4. 小学校の卒業祝いのメッセージ例文

適した卒業メッセージは相手の年齢によって異なる。まずは小学校の卒業祝いの例文を紹介しよう。

小学校の卒業祝いメッセージ例文1

〇〇(名前)へ
卒業おめでとう!6年間の思い出を胸に、これからも笑顔で元気いっぱい過ごしてください。心から応援しています。

小学校の卒業祝いメッセージ例文2

〇〇(名前)へ
卒業おめでとう!6年間よく頑張ったね。中学生になっても〇〇らしく、部活に勉強に頑張ってください。家族みんなで応援しています。

小学校の卒業祝いメッセージ例文3

〇〇(名前)へ
卒業おめでとう!中学生になっても充実した学校生活を過ごせるように祈っています。新しい生活を精一杯楽しんでくださいね。

5. 中学校の卒業祝いのメッセージ例文

中学校の卒業祝いメッセージの例文をまとめた。メッセージで迷ったときはぜひ参考にしてほしい。

中学校の卒業祝いメッセージ例文1

〇〇(名前)へ
ご卒業おめでとうございます。勉強や部活をとてもよく頑張った3年間でした。高校生活にもこれまでの経験が役立つでしょう。充実した日々を過ごせるように応援しています。

中学校の卒業祝いメッセージ例文2

〇〇(名前)へ
卒業おめでとう!3年間の思い出を大切にしながら、目標に向かって頑張ってください。高校生になると環境も大きく変わりますが、〇〇らしく過ごせるように祈っています。

中学校の卒業祝いメッセージ例文3

〇〇(名前)へ
中学卒業おめでとうございます。思い出深い3年間でしたね。大きく成長した〇〇は、高校生になっても自信を持って自分の道を進めると思います。今後の活躍に期待しています。

6. 高校の卒業祝いのメッセージ例文

続いては高校生の卒業メッセージを紹介しよう。進路に応じた言葉をメッセージに入れるのがポイントだ。

高校の卒業祝いメッセージ例文1

〇〇(名前)へ
卒業おめでとう!受験という大きな試練を乗り越えて手に入れた大学生活がまもなく始まりますね。未来へ向かって輝けるように応援しています。〇〇らしさを大事に、大学生活も頑張ってください。

高校の卒業祝いメッセージ例文2

〇〇先輩
卒業おめでとうございます。一緒に部活動で汗を流した2年間はとても充実感のある時間でした。帰り道のお話も楽しかったです。大学生になっても、たまには顔を出してくださいね。心ばかりのお祝いの品を贈るので、役立ててください。

高校の卒業祝いメッセージ例文3

〇〇(名前)へ
高校卒業おめでとうございます。〇〇も春からは社会人ですね。大変なこともあるでしょうが、充実した毎日を過ごせるよう祈っています。困ったことがあったらぜひ相談してください。これからも応援しています。

7. 大学の卒業祝いのメッセージ例文

大学の卒業祝いには心に響くメッセージを贈りたい。3つの例文を紹介するので参考にしよう。

大学の卒業祝いメッセージ例文1

〇〇(名前)へ
大学卒業おめでとう!希望の企業に就職が決まったと聞いたときには自分のことのように喜びました。健康に気をつけて頑張ってください。父も母も応援しています。

大学の卒業祝いメッセージ例文2

Congratulations. All the best for your new life.
(卒業おめでとう。新たな人生に多くの幸せが訪れることを願っています。)

大学の卒業祝いメッセージ例文3

〇〇(名前)へ
大学卒業おめでとうございます。いよいよ社会人ですね。今までの経験のすべてが、これからの新生活に活きるでしょう。大変なこともあるとは思いますが、新生活を前向きに楽しんでください。より一層のご活躍をお祈りしています。

8. 卒業シーンに役立つそのほかのお祝いメッセージ例文

シーンや相手別に使える、卒業祝いのメッセージ例文をまとめた。友達同士や先輩など、相手に合った言葉を贈ろう。

友達同士のカジュアルな卒業祝いメッセージ例文

・〇〇とはこれからも友達だよ!
・離れ離れになっても、お互い頑張ろうね。
・Congrats to us!(おめでとう!)

先輩への卒業祝いメッセージ例文

・教えてもらったことはずっと忘れません。
・会えなくなると寂しいですが、これかも頑張ってください。
・先輩のように活躍できるよう頑張ります。

外国人の友だちへ英語で贈る卒業祝いメッセージ例文

・I wish your a wonderful future.(素晴らしい未来になるよう祈っています。)
・Congratulations on your accomplishment.(あなたの成果に祝福を贈ります。)
・Beginning of a bright future!(明るい未来の始まりです。)

自分たちの子どもへの卒業祝いメッセージ例文

・これからも〇〇らしさを忘れず頑張ってね。
・お父さんとお母さんはいつでもあなたの味方です。
・〇〇になったあなたの成長を見守っています。

9. 卒業祝いメッセージに使えるかっこいい一言や名言は?

卒業祝いにかっこいい名言を引用するのもおすすめだ。卒業をお祝いするのに相応しい四字熟語や名言を使って、印象に残る卒業祝いのメッセージにしよう。

感動する・かっこいい一言(四字熟語)

・不撓不屈(ふとうふくつ):どんな困難にもくじけないこと
・品行方正(ひんこうほうせい):心がけや行動が正しいこと
・独立自尊(どくりつじそん):人に頼らず自己と尊厳を保つこと

感動する・かっこいい一言(偉人の名言)

・この世は素晴らしい。戦う価値がある。:ヘミングウェイ
・人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。:手塚治虫
・成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。:アインシュタイン

10. 卒業祝いのメッセージに添えて贈るのにおすすめのアイテム3選

卒業祝いのメッセージと一緒にプレゼントを添えて贈りたい。おすすめのアイテムを3つ紹介する。

will be「ネームインポエム 1人用はがきタイプ」

ハガキサイズのポエムを額縁に入れて飾ることができる。相手の名前を入れることで、印象深い贈り物になるだろう。相手の印象に合った文字のカラーが選べるのが魅力だ。

パーカー「IMボールペン」

名入れができる高品質のボールペンだ。実用性が高いため、中学卒業や高校卒業の贈り物におすすめだ。カラーはブラックゴールド、シルバー、ロイヤルブルーなどの8種類が揃う。

アンファン「おめでとうチョコレート64入」

おめでとうの文字やスマイルマークが入った可愛らしいチョコレートだ。見た目がかわいらしく、楽しみながら食べられる。小学校の卒業祝いに贈れば、お子さんも喜んでくれるだろう。

11. 卒業は人生の一大イベント!心を込めた自分なりのメッセージを

卒業は人生の一大イベントだ。新しい門出を祝うためにも特別なメッセージを贈りたい。卒業する方への思いをこめて、心に響くようなメッセージを考えよう。

贈る相手の年齢や自分との関係性によって適したメッセージは異なる。相手の顔を思い浮かべて、卒業祝いのメッセージ考えるのがポイントだ。紹介した文例を参考に、自分なりの言葉を贈ってほしい。

結論

大切な相手には、心のこもった卒業祝いのメッセージを贈ろう。手紙や電報、カードなど、贈り方はさまざまだ。言葉が思い浮かばないときは、ぜひ紹介した文例を参考にしてほしい。四字熟語や偉人の名言を使ってもよいだろう。卒業祝いにおすすめのアイテムも紹介したので、メッセージと一緒に贈ってみてはいかがだろうか。
  • 公開日:

    2021年2月27日

  • 更新日:

    2021年11月 5日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧