このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイニング収納3選。ダイニングがもっと便利でお洒落になる収納方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月17日

自分や家族が毎日使い、ときにはお客さんを招くこともあるダイニング。できれば、すっきりとおしゃれにしておきたいものだが、毎日使うだけに生活感が出やすいのも事実だ。そこで今回は、ダイニングをすっきりと見せるために便利な収納方法を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

1. ダイニングテーブル下のデッドスペースを収納に活かす

ダイニングにおける収納というと、どうしても棚やラックといった収納家具などをイメージしがちかもしれないが、デッドスペースを有効活用することを考えるのも効果的だ。たとえば、多くの家庭で使用しているであろうテーブル。この下などは有効活用されていないことが多いデッドスペースであり、収納できるように工夫をこらすと、便利になる場所でもある。具体的な方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。

テーブル下にカゴを取り付ける方法

用意するのは100円ショップなどで販売されているようなカゴと突っ張り棒、フックや結束バンドだ。取り付け方は簡単で、突っ張り棒をテーブルの下に設置し、それを支柱にしてフックでカゴをぶら下げるだけだ。カゴのサイズ次第で、リモコンやティッシュなども収納できるため利便性が上がる。ちなみに、カゴを使わず、突っ張り棒2本設置した上にティッシュの箱などを置けるようにする方法もある。ぜひ、自宅のテーブルサイズなどに合わせていろいろと試してみてほしい。

テーブルに引っ掛ける収納アイテムを使う

ちょうどよい突っ張り棒が見つからなかったり、もっと手軽な方がよかったりするなら、テーブルに引っ掛けるタイプのラックや収納ボックスを購入するとよいだろう。上記の方法ほど、自由度は高くないが、それでも小物がいろいろと収納できて便利だし、なにより手軽だ。

2. ダイニングの収納にはなにかと汎用性のあるワゴンもおすすめ

先に紹介したダイニングデーブル下に収納を作る方法は、デットスペースを有効活用し、席についているときに近くにあると便利な物がすぐに取り出せるという点で効率的だ。しかし一方で、そう大きな物は収納できないなど、収納スペースの広さがいまいちという弱点もある。もう少し収納力が欲しいなら、キッチンワゴンを新たに用意するというのはいかがだろうか?

数段程度の棚やケースからなるキッチンワゴンは、キャスターが付いた物や小物用のポケットが付いている物、上部が天板になっている物など、さまざまなバリエーションがある。キッチンワゴンは、リモコンやティッシュ、あるいは食卓用の調味料などを収納するのにちょうどよいだけでなく、高さがちょうどよいものを選べば、新聞や雑誌などを座ったまま出し入れすることもでき、テーブルの上に余計なものを置かなくてすむのも嬉しい点だ。

また、上部が天板になっている物は、取り皿やカップを置くことができるので、取り分けが必要な料理を楽しむときやホームパーティーを開いたときなどにも活躍してくれるだろう。キッチンワゴンは、「テーブル周りにちょっとした収納家具があれば便利なのに...」という要望に応えてくれるのがメリットだ。ダイニングの細々とした物の収納に困っているなら、導入を検討してみてはいかがだろうか。

3. ダイニングにベンチ収納という選択肢もあり

ダイニングにより大きな収納スペースが欲しくても、ダイニングが狭くなったり、狭く見えたりするのは望ましくないだろう。また、できれば収納しているものを見せたくないという方もいるかもしれない。そのような場合は、収納付きのダイニングベンチを検討してはいかがだろうか?

ダイニングベンチとは、その名の通りダイニングに使われることを想定したベンチである。見た目的には、ダイニングチェアを置くよりもスッキリとした印象になるだろう。一方で、1人1脚ではないので、家族で食事をしたり、ホームパーティーをしたりする家庭でないならば、チェアのほうがよいかもしれないことは知っておこう。

ダイニングベンチには、座面の下が収納スペースになっているタイプがあり、長さと高さのある、普段は見えない収納スペースを手に入れることができる。また、座面下が収納になっていないタイプでも、棚板があるデザインのベンチであれば、カゴなどを下に設置することができる。そのあたりは好みで決めればよいだろう。ちなみに、座れるタイプのストレージボックス(収納ボックス)を採用すれば、1人1脚にしつつ、見せない収納を確保することが可能だ。

以上のように、イス周りにもさまざまな収納の選択肢があることを覚えておいてほしい。

結論

ダイニングの収納手段として、テーブル下のデットスペースを活かす方法や、ワゴン・ダイニングベンチを新たに導入するメリットをご紹介したが、いかがだったろうか?ダイニングに収納したい物は当然家庭ごとに異なるので、ダイニング収納をどのようにしたいかを明確にしてから、今回紹介した情報を活かしていただけると幸いだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ