このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

まな板収納方法。きちんと乾燥&収納して、衛生的に保ちたい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

料理の際、必ず使用するであろうまな板。木製のまな板の場合、気が付くとカビが発生していたことはないだろうか。まな板は使用後乾燥させることが基本だが、木製のものなどは、収納方法によっていつまでも乾燥しないままということもある。ここでは、衛生的にまな板を使用するための収納方法について紹介する。

1. まな板は乾燥した場所に収納する

普段何気なく使っているまな板だが、適切なお手入れ方法をご存じだろうか。木製のまな板の製造元では、使用後のお手入れとして直射日光に当てず風通しのよい場所で乾燥させることを推奨している。まな板を乾燥した状態にしておくことは衛生的であり、かつまな板を長く使う基本だ。ここでは、衛生面から見たまな板の管理方法と収納場所について解説する。

まな板を使った後は必ず拭く

まな板の中でも特に木製のものは濡れた状態で長く放置するとカビが発生しやすく、ゴム製、プラスチック製であっても黒ずんでくる場合がある。そこで、まな板を使用する際は、料理の途中であっても切る食材ごとに必ずまな板を一旦洗い、布巾で拭いてから使用することを心がけよう。

木製のまな板は、調理中に濡れた状態のままにしておくと、水分がまな板にしみ込んで乾燥せずカビも発生しやすくなる。そのためカビや雑菌が発生する前に、予防としてこまめに拭くことが大切である。

まな板の収納場所は乾燥した場所を選ぶ

まな板を乾燥しやすくするために、風通しの良い窓際や、カーテン越しに日光が当たる場所など、乾きやすい場所に収納場所を設けることをおすすめする。乾燥しやすい場所に収納することでカビ予防になり、いつでも衛生的にまな板を使用することができるだろう。

ただし、直射日光に当てたり、乾燥機に入れたりすると反り返ったり割れたりする可能性がるのであるので注意が必要だ。

2. まな板は吊り下げて収納する

まな板の乾燥させやすい最適な収納方法は、まな板の接地面を極力少なくすることである。ここでは、まな板が他と接する部分が少ない吊り下げる形での収納方法について解説する。

S字フックで吊り下げる

簡単な吊り下げ方法としては、換気扇の枠やシンク上に設置された水切りラックにS字フックで吊り下げる方法だ。

換気扇の下は、火を使うので比較的乾燥させやすい場所であるが、火が燃え移らないよう注意が必要だ。危険ではない距離で吊り下げられるのであればおすすめの収納方法といえる。

吊戸棚を活用して吊り下げる

まな板ラックを吊戸棚に設置するのも、まな板を乾燥させやすくする方法だ。吊戸棚用まな板ラックは、ホームセンターやネットショップで購入できるが、100均にもアイアン飾り棚など、吊戸棚を使った収納可能なグッズがあるので活用してもよいだろう。

軽いまな板であれば、吊戸棚の下に吸盤でタオルハンガーを2本設置し、まな板ラックの代用にすることも可能だ。ただし、吸盤は重量に弱いため、あくまでもプラスチック製の薄いまな板の収納用と考えた方が良いだろう。

3. まな板はおしゃれに立てて収納する

吊り下げる収納だと見た目が気になる場合や、おしゃれにもこだわりたい場合は、まな板スタンドを活用するとよいだろう。ここではまな板をおしゃれに立てて収納する方法について解説する。

おしゃれなまな板スタンドを活用する

まな板は直置きすると接地面にカビが発生しやすいため、シンク上に収納するのであれば、まな板スタンドの活用をおすすめする。おしゃれなまな板スタンドであれば、見た目もよくすっきりと片づけることができる。

まな板スタンドは、水切りカゴ一体型、包丁立て一体型、単独のまな板立てなど種類も豊富だ。インテリアに合わせ、おしゃれなまな板スタンドを探してみるとよいだろう。

結論

衛生面から見たまな板の収納方法について解説したがいかがだっただろうか。まな板は引き出しの中、シンク下の収納スペースなどに収納することが多い。しかし、まな板の管理の基本は乾燥させることであるため、できれば空気の循環が良い場所に収納することをおすすめする。もし、乾燥しにくい場所に収納しているのであれば、今回紹介した方法を参考にして、一度まな板の収納を見直してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ