このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

意外と知らない布団乾燥機の効果。ダニの除去から室内干しまで幅広く使える。

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

布団乾燥機はただ布団を乾かすだけが能ではない。より快適に眠るための対策ができるほか、服などの衣類を乾かすことも可能だ。布団乾燥機で得られるさまざまな効果を理解し、毎日の暮らしに活かそう。

1. 布団乾燥機の効果はダニ&カビ退治

布団乾燥機は布団を乾かすだけでなく、布団の中に潜むダニやカビも撃退可能なアイテムである。ダニは、25度前後の温度と60%以上の湿気のある環境下で繁殖しやすい生物であるため、布団乾燥機で高温に設定すれば布団のダニ退治が可能となる。多くの布団乾燥機にはダニ専用のモードが搭載されているので、積極的に使うとよいだろう。

ただし、布団乾燥機が空気を送り込んだ面しかダニ対策はできない。完全にダニを追い出したいなら、布団用の掃除機をかけ、裏までしっかりケアしよう。また布団だけでなく、畳のダニ退治にも布団乾燥機は使える。もし和室で布団を敷いているなら、併せて対処するとよいだろう。

カビ退治は布団のみならず、押し入れなど、湿気がこもりやすい場所にも使える。風を送って乾燥させることで、カビの原因である湿気の発生を抑制できる。布団乾燥機は数十分から1時間ほど稼働させればよいが、できれば週に1回のペースで続けてほしい。また、シーズンオフの布団は、押入れにしまう前に布団乾燥機で乾燥させておくことをおすすめする。そうすれば、押し入れで布団が傷むリスクを減らすことができるだろう。

2. 布団乾燥機は冬や洗濯物を干す際にも役立つ

布団を外に干すのと同じように、乾燥によるフカフカ感と、吐き出した空気による暖かさが得られるのも布団乾燥機の効果だ。夏は汗で布団自体が湿気を帯びやすいので、乾燥させるのに使い、冬は、気温の低下で布団が冷たくなった時、乾燥機を使って布団を温めておくことも可能だ。

先ほど、畳や押し入れでの布団乾燥機活用法を紹介したが、布団乾燥機は服や靴の乾燥効果も期待できる。靴にはホースを直接差し込んで風を送り、服は扇風機のように服のそばに配置して乾燥させるとよいだろう。布団同様、外に干すことができない雨天時でも乾かすことができる。布団乾燥機の中には靴用・服用のパーツを備えている製品もあるので、必要に応じて揃えてみてはいかがだろうか。

3. 布団乾燥機はベッドにも使える

マットレスが固定されているベッドでも、布団乾燥機の効果は発揮される。ベッドで布団乾燥機を使う場合も方法は変わらず、掛け布団とマットレスの間にホースを差し込んで空気を送ればよい。ただし、この時乾燥機の空気が漏れないよう、掛け布団とマットレスはしっかり密着させよう。また、ホースは布団の端ではなく、中までしっかり伸ばすこと。もし布団が多く重たい場合は、ホースと反対側の端を少し持ち上げ、空気を通しやすくするとよいだろう。

ちなみにベッドのマットレスは厚みがあるものの内部の通気性はよいため、ダニは表面にいることが多い。中身のケアまで気にする必要はないが、徹底駆除を求めるなら布団掃除機を併用しよう。

ベッドや布団で使う際の注意点

ベッドがウレタン素材の場合、布団乾燥機の高熱で生地が傷む可能性がある。使いたい場合はホースの噴出口を直接マットに乗せるのではなく、布団やタオルケットなどを挟んで熱を回避しよう。

また、敷布団で使う場合も含め、枕やぬいぐるみなどを布団の中に一緒に入れておけばまとめて乾かせるが、こちらも耐熱温度に注意が必要だ。布団乾燥機にかける前に洗濯表示を確認し、問題ない場合のみ利用しよう。

結論

布団乾燥機は湿気を取り除く効果だけでなく、ダニやカビの退治ができるほか、衣類にも使用可能だ。そして、布団乾燥機後の熱や乾燥は、布団の心地よさをさらに高める効果がある。高熱に注意しつつ、布団乾燥機でぐっすり眠れる環境を用意してはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ