このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯機の排水口が臭って詰まる! その原因と対処法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月15日

「洗濯機の排水口からにおいがする」「排水口がつまって流れない」など突然発生する洗濯機の排水口のトラブルだが、いざというときにうまく対処できるだろうか。においやつまりの原因を知っておき、しっかり解消できるようにしよう。

1. 洗濯機の排水口のくさいにおいはどうやって解消する?

洗濯機の排水口からイヤなにおいがしてきたとき、どう対処すればよいのだろうか。においの原因と対処法を見ていこう。

排水トラップの不備でにおう

排水トラップは排水口の中にあり、水をためて下水管の空気が屋内に入るのを防ぐものだ。洗濯機を長期間使っていなかった場合など、排水トラップが乾いて下水のにおいがすることがある。もし、排水トラップが乾いていた状態であれば、水をためておこう。

また、排水トラップが壊れていたり、最初から付いていないケースもある。取付可能な排水口であれば、排水トラップを自分で購入し取り付けてみよう。排水管に直接排水ホースを差し込むタイプは、自分で排水エルボと防臭ゴムを取り付けて排水管とのすき間をなくす。もし、自分で取り付けられない場合は、専門業者に相談しよう。

排水口が汚れてにおう

洗濯機から洗剤や糸くず、毛、泥、垢などが混ざった排水が流れていく排水口。流しきれなかった汚れやゴミが蓄積して、イヤなにおいを発生させたりつまりの原因にもなる。においを防止するために、定期的に排水口の掃除をしよう。

2. 洗濯機の排水口がつまった! つまりの原因と修復の仕方

排水口のつまりが原因で排水が流れなくなったときの、トラブルを解消する方法を見ていこう。

つまりの原因は汚れた排水

においの説明でもふれたが、排水口には洗濯で汚れた排水が流れてくる。排水には、洗剤はもちろん、糸くずや毛、泥、垢などが混ざりあっている。また、節水のために風呂の残り湯を使っている場合は、排水もさらに汚れているだろう。

日々蓄積していく汚れやゴミなどがつまりの原因にもなる。定期的な排水口の掃除が必要なのだ。

水量が少なくて汚れを流す力が弱くてつまる

ドラム式洗濯機は、使う水量が少ないことがメリットのひとつだが、排水口がつまりやすくなる原因にもなる。水量が少ないと排水が流れる勢いが弱く、排水に混ざった汚れやゴミを流す力も弱くなる。つまり、汚れやゴミが蓄積しやすい状態になる。排水口の掃除は定期的に行うことが重要なのだ。

3. においもつまりも解消! 洗濯機の排水口の掃除の仕方

排水口のにおいとつまりには掃除をすることが効果的だ。排水口のさまざまなトラブルを解消する掃除のやり方を紹介しよう。

1.排水口の位置を確認する

排水口が洗濯機の横にある場合や、洗濯機をかさ上げしていて排水口が真下に見えるときには、そのままで作業ができる。しかし、洗濯機の真下に排水口があり見えにくい場合は、洗濯機を移動する必要がある。洗濯機を設置するときにかさ上げをしておくと、後々の掃除がラクになる。

2.排水エルボ、フタ、排水トラップを外す

排水ホースがつながっているのが排水エルボだ。排水エルボを持ち上げて外し、フタと排水トラップも外す。

3.排水口の汚れ、ゴミを取り除く

排水口には汚れやゴミがたまっていることが多い。手袋を使いしっかりと汚れを取り除けば、つまりは解消される。最後に水を流して排水テストをしてみよう。

4.排水口のまわりの汚れを掃除する

排水口まわりの汚れは、重曹をかけて歯ブラシでこすって落とす。

5.排水口に重曹&クエン酸を入れる

排水口が見えなくなるくらいたっぷりと重曹を入れ、お湯(1カップ)にクエン酸(小さじ2)を溶かしたものを振りかける(酢(カップ1/2)でも代用可能)。泡が発生するので15分ほど放置する。

6.排水エルボ、フタ、排水トラップを洗う

排水口まわりと同様に、重曹をかけて歯ブラシでこすってキレイにする。

7.排水口を水で流す

放置しておいた排水口に、バケツなどを使いたっぷりの水を流す。このとき熱いお湯を使うと、有毒ガスが発生する危険性があるので、水を使うようにしよう。

8.排水エルボ、フタ、排水トラップを取り付ける

キレイになった排水口に部品を取り付ける。

これで排水口のにおいとつまりはほぼ解消するだろう。

4. 洗濯機の排水口はカバーを設置してきれいに保とう

洗濯機の排水口のタイプはさまざまだが、長方形の防水パンや、防水パンがない場合は、排水ホースと排水口がむき出しになってしまう。この状態だと排水ホースがつぶれたり、排水口にホコリなどのゴミがたまったりして、におい・つまりの原因になることがある。

排水ホースを守りゴミが付着するのを防ぐためには、カバーの設置がおすすめだ。汚れを防いで掃除がラクになるだけでなく、カバーの上にラックを置き収納スペースも確保できる。カバーの作り方はとても簡単で、板に脚を付ければすぐにできる。DIYでカバーを作ることも可能なので、ぜひ自分で作ってみよう。

結論

洗濯機の排水口のにおいやつまりを解消するためには、こまめな掃除が効果的だ。排水口にはさまざまな汚れやゴミが混ざった排水が流れるため、常に清潔に保つことが重要である。しかし、排水口の掃除はとても面倒なもの。洗濯機の設置時にかさ上げをし、排水口部分にカバーを設置するなどの対策をとり、排水口の掃除が少しでもラクになるようしたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ