このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

重曹で洗濯機のカビもすっきり落ちる!天然素材で掃除する方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月21日

どんなにきれいに使っているつもりでも、洗濯機には汚れがたまってくる。衣類についている皮脂汚れなどはカビの栄養となり、洗濯物の臭いの原因になることもあるからいやなものだ。掃除がしにくい洗濯機でも、重曹を使えば見えないところまでキレイになる!環境にもやさしい重曹を使って、洗濯機を掃除してみよう。

1. 重曹が洗濯機の掃除に向いている理由

重曹といえば、ふくらし粉としてよく使われるが、なぜ洗濯機の掃除に使えるのだろうか。それは、重曹は弱アルカリ性の性質を持っており、皮脂や汗など衣類についている酸性の汚れを中和してくれるからだ。

重曹が汚れを中和する

衣類についている汚れは、皮脂汚れをはじめとして、汗や食べカスなどほぼ酸性の汚れが中心だ。毎日洗濯機を回しているうちに、洗濯槽の裏側など見えない部分や、湿気がたまりやすい部分に汚れが蓄積されていく。汚れがたまるとカビが発生しやすくなり、せっかく洗濯をしても臭いが取れないということになるのだ。

そこで弱アルカリ性の重曹を洗濯機の掃除に使うことで、酸性の汚れを中和できる。カビなどを落としやすくするとともに、消臭作用も期待できる。

口に入っても安心

重曹は料理に使うこともあり、口に入っても安心な素材である。

洗濯機の掃除には酸素系漂白剤などを使う場合もあるだろう。しかし、いくら洗濯機の掃除とはいえ、衣類を洗うためのものに強力な洗剤を使うのは抵抗がないだろうか。その点重曹は、洗剤と比べれば洗浄力は劣るものの、人体に影響がないというのが最大のメリットだ。また食品としても使われるので、子供の衣類についたとしても安心だ。

また、洗剤は排水すれば少なからず環境に悪影響を及ぼしてしまう。しかし、重曹は排水しても環境に影響を与えない自然素材である。

2. 重曹で洗濯機のカビもすっきり!

それでは早速、洗濯機のカビ取り、臭い取りに重曹を使ってみよう。掃除を始める前に、ごみ取りネットはとっておこう。かなりカビが出てくるので、すぐにいっぱいになってしまうからだ。

洗濯機にお湯をためる

水でもいいのだが、重曹の洗浄力を高めるために40度以上のお湯を使おう。できれば45〜50度くらいが理想だ。お湯は最大水位まで入れるようにする。

重曹を入れて洗濯機を回す

お湯がたまったら重曹を1カップほど入れて、標準コースで回す。5分ほど回したらいったん止めて、そのまま5〜6時間おいておこう。夜に準備をすれば、翌朝まで放っておいてもよい。

カビ、ごみをとる

重曹水が洗濯機の裏側まで行き渡り、カビや汚れを浮かび上がらせる。水の上に小さなわかめのようなカビが浮いてくるので、ネットなどを使ってしっかりとろう。

2〜3回洗濯機を回す

カビをとったら、再び洗濯機を5分ほど回す。またカビが浮いてくるので、取り除く。これを数回繰り返す。カビが出てこなくなるまで何度か繰り返してみよう。

排水して新しいお湯をためる

カビやごみが出なくなったら、一度排水しよう。新しいお湯をため、もう一度洗濯機を回して排水する。このとき、小さなごみをからめとるために、不要になったタオルなどを一緒に洗濯するとよい。

一度で排水しない

最初に洗濯機を回して時間をおいた時に、かなりごみやカビが浮いているはずだ。そのまま排水してしまうと、排水溝を詰まらせる恐れがある。面倒でもネットで丁寧にすくいとり、そのまま流さないように気をつけて欲しい。

3. 重曹とクエン酸でさらにパワーアップ

しばらく掃除をしていなかった洗濯機はクエン酸をあわせて使ってみよう。重曹とクエン酸を組み合わせることで化学反応が起こり、頑固な汚れを浮かせてとりやすくするのだ。

基本的な洗い方は、上記で紹介した方法と同じだ。まずは洗濯機に45〜50度くらいのお湯を最大水位まで入れて準備をしよう。

重曹とクエン酸を入れる

今回は、少し多めに重曹を使ってみる。重曹を300g、クエン酸を100g用意し、両方を入れて標準コースで5分ほど回す。

いったん止めて数時間もしくは一晩つけおきをしよう。汚れがたまっていると感じたら、スポンジでザッとこすり洗いをしてもよい。

ごみ取りと撹拌を繰り返す

浮いてきたごみをとり、再度洗濯機を回す。この工程を水がきれいになるまで繰り返す。きれいになったら排水し、新しいお湯をためて、再度洗濯機を回して終了だ。

クエン酸の代わりにお酢でもよい

もしクエン酸が手元にない場合は、代わりにお酢を使ってみよう。クエン酸がなくても、お酢ならキッチンに常備してあるのではないだろうか。お酢はクエン酸と同じく酸性なので、代用できるのだ。

洗濯槽に水をいっぱいにして重曹1カップ、お酢を1カップ入れる。クエン酸の時と同じようにして数分回し、しばらく放置してから浮いてきたゴミを取って掃除をしよう。

結論

洗濯機は毎日使っていると、それなりに汚れがたまる。カビが生えるとせっかく洗った衣類に臭いがついてしまうので、重曹を使って月に1度は洗濯機掃除をしよう。少々時間はかかるけれど、面白いほど汚れが浮いてくるので、ぜひ試してほしい。臭いも取れるので、掃除をした後のスッキリ感がクセになるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ