このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

柔軟剤の間違った使い方と効果を発揮させる上手なコツ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月17日

柔軟剤は衣類やタオルをふんわり柔らかく仕上げる効果があり、洗濯のたびに使用する人も多いだろう。しかし、思ったほど効果が感じられない場合は、使い方を間違えている可能性がある。そこで、今回は柔軟剤の効果をきちんと発揮させるための正しい使い方を解説しよう。さらに、洗濯以外の柔軟剤の使い方も紹介するので参考にしてもらいたい。

1. ドラム式にはシートタイプ?柔軟剤が持つさまざまな効果

柔軟剤の成分と働き、洗濯機の種類で異なる柔軟剤のタイプなどを解説しているのでチェックしよう。

柔軟剤の成分と効果

柔軟剤の主成分は、ヘアリンスなどにも使われるカチオン界面活性剤。この界面活性剤は水中で電離してプラスの電気を帯びる性質があり、マイナスを帯びる繊維と引き付け合う。そして、繊維全体に行き渡った界面活性剤の極薄の油膜が、繊維の間で生じる摩擦抵抗を抑えて滑らかな肌触りにしてくれるのだ。

また、カチオン界面活性剤には繊維で生じた静電気を外に放出する働きがあり、衣類の静電気防止効果もある。市販されている柔軟剤には、以下のメリットがある。
  • 衣類を柔らかくする柔軟効果
  • 静電気防止
  • 香り付け
  • 消臭・防臭
  • 抗菌
  • 速乾
  • 洗濯シワの軽減
  • 型崩れ・毛玉防止
柔軟剤には汚れを落とす機能はないが、衣類にプラスαをもたらしてくれるのだ。商品の特徴や香りはメーカーによって異なるので、用途別に柔軟剤を使い分けるのもよいだろう。

柔軟剤シートタイプの使い方

柔軟剤には液体とシートタイプの2種類がある。シートタイプは、柔軟剤を不織布にしみ込ませたもので、「乾燥」のタイミングで使用する。洗濯が一通り終わり、乾燥のタイミングでシートを入れ、使用後は洗濯物と一緒に取り出す。液体の柔軟剤と同じく繊維同士の摩擦を防ぐので、ふんわり滑らかな手触りに仕上がる。

2. 手洗い、洗濯機の種類で異なる柔軟剤の使い方

手洗い、洗濯機別の柔軟剤を入れるタイミング

洗剤と柔軟剤を混ぜると、洗浄成分と柔軟成分がお互いの効果を打ち消してしまうので、必ず別々に入れる。ここでは、洗濯機の種類別、手洗いの際に柔軟剤を入れるタイミングを紹介しよう。

1.全自動洗濯機

洗剤と柔軟剤の投入口が分かれている。最後のすすぎの段階になると自動で柔軟剤が洗濯槽に投入される仕組みになっている。

2.二槽式洗濯機

最初に入れるのは洗濯洗剤のみ。最後のすすぎの時に柔軟剤を入れて、そのまま洗濯機を2~3分ほど回す。

3.手洗い

洗濯物を手洗いした後、すすぎの水がきれいになったら、洗い桶に柔軟剤を入れ、3分ほど衣類を浸しておく。二槽式や手洗いのすすぎの水に洗剤が残っていると、柔軟剤の効果が減少してしまう。すすぎの水がきれいになってから柔軟剤を入れよう。

柔軟剤の柔軟効果や香りを長持ちさせるには?

  • 洗濯機に洗濯物を詰め込むと、柔軟剤が衣類全体に行き渡らず、効果が減少してしまう。ドラム式の洗濯乾燥機も同様。一度に洗う洗濯物は洗濯機の容量の70%程度にとどめておこう。
  • 日光の強い日差しは、衣類の柔軟剤の香り成分を蒸発させてしまうので、外干しの時間を短縮する。湿った衣類は乾燥機や扇風機、除湿機などでしっかり乾かそう。
  • ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は香りが残りやすく、強く感じる場合がある。素材によって柔軟剤の量を調整しよう。

3. 洗濯以外の柔軟剤の使い方と注意点

柔軟剤の香りや静電気防止効果は、洗濯以外にも活用できる。柔軟剤と水を混ぜたスプレーを作り、普段の生活に使ってみよう。柔軟剤スプレーの作り方は水に対して3〜5%の柔軟剤を加えスプレーボトルに入れるだけと簡単なものだ。

柔軟剤の使い方

  • 好きな香りの柔軟剤スプレーを衣類に数回吹きつける。
  • セーターなど静電気が起きやすい衣類の内側にスプレーする。柔軟剤の静電気防止効果によって静電気の発生による不快感が軽減される。
洗濯以外にも使える柔軟剤スプレーだが、防腐剤の効果が薄まっているので、作ったら1週間程度で使い切るようにしよう。

柔軟剤使用時の注意点

  • 買い置きしたまま古くなった柔軟剤の液がドロッとしていたら、柔軟効果が減少している可能性があるので使用を避ける。
  • お風呂の残り湯には汚れや雑菌が残っているので、すすぎに使うと洗濯物に付着する。水道水ですすぎ、柔軟剤を入れるようにする。
  • 濡れた洗濯物を放置すると雑菌が繁殖して嫌な臭いの原因になるので、脱水後はできるだけ早く干す。
  • 洗濯以外で活用する場合、香水のように肌に直接スプレーするとかゆみなどのトラブルが起こるおそれがある。柔軟剤はもともと布製品向けのアイテムであること認識しておき、肌へのスプレーは避けよう。
洗濯後も衣類に嫌な臭いが残っている場合は、柔軟剤の香りが残りにくくなる。除菌効果のある洗濯洗剤や酵素系漂白剤で衣類の臭いを取り除いてから柔軟剤を使う。

結論

柔軟剤を使うポイントは、洗剤と混ぜずに最後のすすぎで使うこと、ドラム式の場合は乾燥時に使うことの2点だ。柔軟剤は配合される成分によって、柔軟・香り付け・静電気防止効果などのメリットが得られる。それぞれの柔軟剤には特徴があり、香りも異なるので家族の好みや用途に応じて使い分けよう。さらに、毎日を快適に過ごすために、洗濯以外でも柔軟剤を活用してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ