このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

Tシャツの臭いが落ちない!臭いの原因と効果的な落とし方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月30日

通気性がよく動きやすいTシャツは、普段着やスポーツに大活躍の衣類だ。誰でも1枚は持っているといっても過言ではないだろう。お気に入りのTシャツは着る機会も多いが、洗濯方法が間違っていると臭いが取れないことがある。この記事ではTシャツの臭いの原因と、臭いが落ちない時の対処法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. Tシャツについた臭いの原因と落とし方のコツ

Tシャツの臭いの原因はおもに衣類の繊維に染み付いた汚れである。洗濯方法や干し方を工夫すれば改善することも可能だ。まずは、Tシャツについた臭いの原因と落とし方のコツを知ろう。

臭いの原因

Tシャツなどの衣類は細かい繊維でできている。通常の生活でついた汚れは洗濯をすれば取れることが多いが、汚れがひどい場合は一回の洗濯では取りきれず、繊維に染み付いて臭いの原因になる。Tシャツなら脇や襟元のように、汗をかきやすい場所に皮脂や垢などの汚れが溜まりやすい。

また、洗濯でキレイに汚れを落としても、干し方が悪いと臭いが発生する。生乾きの状態が長く続くとTシャツに雑菌が繁殖し、嫌な臭いの原因になるのだ。梅雨の時期など、部屋干しが多い時にはとくに注意が必要だ。

洗濯方法や干し方に問題がないのにTシャツが臭う場合は、洗濯機が汚れている可能性がる。洗濯機の中は湿度が高く、カビや雑菌が繁殖しやすい環境だ。Tシャツ以外の衣類にも臭いがついている場合は、洗濯機の汚れが考えられる。

臭いの落とし方のコツ

Tシャツについた臭いの落とし方のコツは、じっくりと繊維の隙間の汚れを分解することだ。洗面器やバケツなどに酸素系漂白剤と洗濯洗剤を入れ、40℃程度のぬるま湯に溶かす。そこへTシャツを入れ、30分~2時間程度つけ置きをすればある程度の臭いは落ちるだろう。つけ置きした後のTシャツは水気を切り、洗濯機で通常通り洗濯して干せばよい。ぬるま湯を使用し、風通しのよい場所に干すのが臭いの落とし方のコツだ。

2. Tシャツの臭いを対策・予防する方法

Tシャツの臭いを対策・予防するには、臭いの原因になる雑菌を増やさないことが重要である。そこで、雑菌が増えないTシャツの管理方法や着る時のポイントを紹介する。

アイロンをかける

Tシャツの臭いの原因になる雑菌は熱に弱い。アイロンのスチームを使えば、Tシャツのシワ伸ばしのついでに殺菌することができる。アイロンをかける際は、Tシャツのタグに記載されている洗濯表示をよく確認しておこう。とくに化学繊維やプリントの入った服は注意が必要だ。

アイロンを使えない場合は、熱湯をかけるなどして臭いの対策・予防をすることができる。熱を加えた後のTシャツは一度洗濯をし、死滅させた菌を洗い流すとよい。

肌着を着る

暑い時期はできるだけ薄着で過ごしたいものだが、汗をかくときこそ肌着を着るとよい。肌着は汗がTシャツに染み込むのを防ぐ効果があるので、臭いの対策・予防に効果的である。脇の汗が気になる場合は、袖付きのタイプがおすすめだ。夏用の肌着は吸湿性にすぐれ、さらっとした着心地のタイプも多く、重ね着をしていても快適に過ごすことができる。

雑菌を増やさない

一人暮らしなどで洗濯物をまとめ洗いする人も多いだろう。汚れの軽い衣類はまとめ洗いでもよいが、汚れの激しい衣類をまとめ洗いする場合は注意してほしい。臭いの原因となる雑菌はTシャツについた汚れを栄養として繁殖する。臭いの対策・予防のためには、雑菌が増える前に洗濯することが重要である。Tシャツを脱いだらすぐに洗濯し、洗濯後はできるだけ早く干すように心がけよう。

3. 100均で買える!重曹はTシャツの臭いに効果的

重曹はドラッグストアや100均で購入することができる掃除アイテムだ。自然由来の成分で、「ふくらし粉」として料理に使用されることもある。料理に使用する場合は専用の重曹を用意するが、掃除に使用する場合は100均などで購入できるもので問題ない。

掃除の基本は中和させることだ。酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使用し、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使用するのが効率的である。Tシャツの臭いの原因となる汚れは、汗や皮脂などの酸性汚れなので、アルカリ性の洗剤が効果的だ。つけ置きに効果的な酸素系漂白剤もアルカリ性の性質を持っているが、小さな子どもやペットがいる家庭では漂白剤を使うのに抵抗があるかもしれない。そんな時に便利なのが同じアルカリ性の性質を持つ重曹である。

重曹は洗濯洗剤と併用して使用するとTシャツの臭いに効果的だ。普段の洗濯に重曹を1カップ程度加えて、通常通り洗濯するだけなので手軽に実践できる。頑固な臭いにはつけ置きをすることもできる。40℃程度のぬるま湯に重曹を入れ、30分つけ置きする。水10Lに対し、重曹は小さじ1杯程度が目安だ。Tシャツの臭い対策に迷っている人は、100均の重曹から試してみてはいかがだろうか。

結論

一年中着ることができるTシャツは、汚れや臭いがつきやすい。臭い対策のコツは雑菌を繁殖させないことである。使用したTシャツはすぐに洗濯し、すぐに干すことで臭いは予防できる。お気に入りのTシャツから嫌な臭いがして着られなくなってしまったという人は、酸素系漂白剤や重曹でのつけ置きを試してみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ