このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

岩盤浴の入り方を徹底解説!さっそくデトックスしに行こう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月24日

岩盤浴が身体にいいらしいと聞いたことはあるが、利用方法が分からず二の足を踏んではいないだろうか。岩盤浴は基本的な入り方が分かれば難しいことはない。一度利用するとハマってリピーターになる人も多いようだ。今回は、魅力たっぷりの岩盤浴の入り方を解説する。

1. 岩盤浴とは一体どんな風呂?

岩盤浴とはサウナ風呂の一種だ。入り方は、温めた天然石の上に寝転ぶというシンプルな方法で、湯船に浸かるわけではない。岩盤浴がサウナと異なる点は、我慢比べをするような高温の浴室ではないということだ。

岩盤浴の仕組み

天然石に熱をあてると遠赤外線が放射される。この遠赤効果で体を内側からじっくりと温めることができる。そのため身体全体から汗がじわじわと出てくるが、暑さによる発汗とは異なり、心地よい汗と感じる人が多い。使用する天然石によって遠赤外線がもたらす効果が異なる点も人気の理由の一つだ。

岩盤浴の効果

岩盤浴には、主に次の効果があるといわれている。
  • リラックス
  • 癒し
  • デトックス
  • 美肌
  • 免疫アップ
風呂にリラックスや癒しを求めている人は多いだろう。岩盤浴も同様だ。室外の音が遮断された空間で、穏やかな音楽が流れたりアロマの香りが漂ったりしている。私語は禁止されている場合がほとんどなので、目をつむり岩盤からの熱を感じていると身体がほぐれていくのが分かるだろう。リラックスするあまり、ついウトウトしたりいびきをかいて眠ってしまう人もいるぐらいだ。

また、一般的な風呂はのぼせやすくて長く入っていられないが、岩盤浴はゆっくりと温まるから安心して入れるという人もいる。デトックスや美肌づくりには、体を芯から温めることがポイントだ。じっくりと汗をかくことで、老廃物を排出しよう。

2. 初めてでもこれで安心!岩盤浴の入り方を紹介

それでは岩盤浴の入り方を紹介しよう。どの施設でも基本はほとんど同じだ。初めての人はぜひ参考にしてほしい。

岩盤浴の基本的な入り方

1.入浴して汗を流す
まずは入浴して体を洗おう。体に付着している汚れや汗を落とすことで、岩盤浴による発汗作用を促すことができる。

2.岩盤浴衣に着替える
専用の岩盤浴衣を着よう。このとき、下着はつけないという点に注意が必要だ。岩盤浴終了後にはたっぷりと汗をかくからだ。また、体を締め付けないことによるリラックス効果も期待できる。透けないゆったりとした厚手の浴衣なので、体のラインが出るのでは?と心配する必要はない。

3.岩盤にうつ伏せる
バスタオルを持って岩盤浴室に入ろう。岩盤にバスタオルを敷き、まずはうつ伏せになる。このまま5〜10分過ごす。

4.岩盤に仰向ける
次は仰向けになろう。10〜15分が目安だ。岩盤浴が初めての人は、時間を少し縮めてもいい。

5.涼しい部屋で休憩する
岩盤浴室を出て、冷房が効いた専用の部屋でしばらく休憩する。体を冷やすことにより、毛穴を引き締めることも可能だ。また、十分な水分補給も必ず行おう。

岩盤浴は、うつ伏せ・仰向け・休憩を1セットとして2〜3回行う。初めて岩盤浴を体験する場合は、無理をしないことが大切だ。

3. 岩盤浴は、水分補給をすれば何時間入ってもいいの?ポイントを解説

岩盤浴は疲れにくく、心地よい温かさが魅力だ。時間が許す限り寝転がっていたくなる。はたして何時間でも利用するのは正しい入り方なのだろうか?

3セットを限度とする

ゆっくりと体を温めるため疲れにくいといわれているが、岩盤浴のやり過ぎは身体に負担がかかる。室温は40℃前後あるため、長時間滞在すると気分が悪くなる場合もある。もっと汗をかきたい!と思うかもしれないが、決して無理をしてはいけない。とくに岩盤浴初心者の場合は、1セットで切り上げて、次回以降少しずつ慣れていく入り方がおすすめだ。

水分補給はミネラル補給ができるものを選ぼう

岩盤浴では水分補給が欠かせない。おすすめは、麦茶やミネラルウォーター、スポーツドリンクだ。大量の汗をかくため、体内のミネラルが失われてしまう。脱水症状を起こさないよう、休憩時には必ず水分を摂り、ミネラルも補給してほしい。

岩盤浴利用の頻度は

岩盤浴は、毎日入ると体に負担がかかる。おすすめは週に2〜3回だ。それが難しい場合は週1回でもよい。定期的に続けると、体調の良い変化を感じることができるだろう。

4. 岩盤浴でかいた汗は流していいの?

岩盤浴ではたっぷりと汗をかく。この汗は運動や普通の風呂でかくものとは異なり、ベタつきがなくサラサラとしている。汗臭さもほとんどない。実は岩盤浴で出た汗は、皮膚にとってよい汗といわれている。

岩盤浴で出た汗には皮脂が含まれている

この汗には新鮮な皮脂が含まれており、肌を保湿する役目を持っている。天然の保湿クリームのようなものだ。乾燥を防いだり、細菌から皮膚を守ってくれる。汗だから流すというのはもったいない。岩盤浴後はシャワーで洗い流さず、自然に乾くのを待ったりそっと拭き取るだけにするのがおすすめだ。

流しても害はない

身体によい汗といっても、放置しておくことに違和感を持つ人もいるだろう。もちろんシャワーで落としてもかまわない。また、最後に湯船に浸かってスッキリするのもいいだろう。岩盤浴でかいた汗をどうすればよいか決まりはとくにない。実際に汗をかき、いつもの汗との違いを比べてみてほしい。

結論

初めての場合は入り方が分かりにくい岩盤浴だが、利用方法はいたってシンプルだ。岩盤浴によって得られるメリットは大きく、一度行ってみるとあなたもハマるかもしれない。水分補給をしながら、落ち着いた空間で癒しのひと時を楽しんでみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ