このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スカイダイビングはラムのカクテル!由来やレシピなどを一挙紹介

スカイダイビングはラムのカクテル!由来やレシピなどを一挙紹介

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

2020年9月22日

スカイダイビングとは、日本で生まれたラムベースのショートカクテルである。グラスの中に青空をそのまま映し出したような、色鮮やかなカクテルカラーが特徴だ。本記事ではスカイダイビングについての解説をはじめ、レシピやバリエーションカクテルなど、スカイダイビングの魅力をじっくりと紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スカイダイビングは青空色のカクテル

スカイダイビングは前述の通り、澄み切った青空のように鮮やかな青色のカクテルカラーが魅力的なカクテルである。ここではスカイダイビングとはどんなカクテルなのかということや、味わいやアルコール度数、またカクテル言葉なども含めて解説する。

スカイダイビングとは

スカイダイビングと聞くと海外をイメージする人も多いだろうが、このスカイダイビングというカクテルは意外にも日本で誕生したのである。考案者は当時大阪在住のバーテンダー、渡辺義之氏だ。スカイダイビングは1967年に開催された、全日本バーテンダー協会主催のカクテルコンペティションの優勝作品としても知られている。

カクテル名の由来

スカイダイビングというカクテル名の由来は、カクテルが考案された当時、今や定番の観光アクティビティとなったスカイダイビングが日本で流行したことがきっかけとされている。スカイダイビング中の見渡す限りの青空をイメージして作られたカクテルだ。

スカイダイビングの味わいや度数

スカイダイビングはその鮮やかなカクテルカラーからイメージできる通り、清涼感のある柑橘系の味わいが特徴だ。ブルーキュラソーのほろ苦い甘さと、ライムジュースの酸味がホワイトラムの風味を引き立てる絶妙な味わいのハーモニーを楽しめる。ラムベースのカクテルだけあって、アルコール度数は約25度と高い。飲みやすい味わいのカクテルだが、ついつい飲み進めてしまわないよう注意しよう。

スカイダイビングのカクテル言葉

カクテル言葉にはさまざまな種類があり、カクテルそれぞれのイメージを巧みに表現したものが多い。スカイダイビングには「尊敬」というカクテル言葉がついている。尊敬する目上の人や、先輩などとグラスを交わす際にぴったりのカクテルだ。

誕生酒もチェック

事前に誕生酒を確認しておいて、誕生日に言葉も添えてスカイダイビングを振る舞ってあげるというオシャレな演出はいかがだろうか。スカイダイビングは7月11日の誕生酒だ。酒が示すイメージは「人目につくことに控えめな人」である。ぜひ覚えておこう。

2. スカイダイビングのカクテルの作り方

スカイダイビングについて解説してきたが、ここではスカイダイビングの作り方を紹介していく。カクテルシェイカーを使用するレシピなので難しく考えてしまいそうだが、使用する材料は少なく初心者でも作りやすいカクテルといえる。ぜひ自宅でスカイダイビング作りにトライしてみよう。

スカイダイビングの基本レシピ

まず使用する材料は、ホワイトラム、ブルーキュラソー、ライムジュースの3つだ。ベースのラムはダークラムやゴールドラムではないので注意。無色透明のホワイトラムを選ぶことが、鮮やかな青色を出す大事なポイントであることは覚えておこう。基本レシピはホワイトラム30ml、ブルーキュラソー20ml、ライムジュース10mlをシェイクして、カクテルグラスに注いだら完成だ。一般的な青色のカクテルは、フルーツなども数種類添えてさらに彩りを加えて提供されることが多いが、このスカイダイビングは何も飾らずにシンプルな形で提供されることがほとんどである。

3. スカイダイビングのバリエーションカクテル

では最後に、スカイダイビングのようにブルーキュラソーを使用した青いカクテルをいくつか紹介しよう。青いカクテルはスカイダイビングだけでなく、数多くの種類が存在する。スカイダイビング作りに慣れたら、ぜひほかのカクテルにもトライしてみてはいかがだろうか。

ブルーハワイ

ブルーハワイはスカイダイビングと同じくラムベースのカクテルだ。ホワイトラムとブルーキュラソーに、パイナップルジュースとフレッシュレモンジュースを合わせてシェイク、クラッシュアイスをたっぷり入れたグラスに注いだら完成。仕上げにパイナップルや季節の花などを添えれば、見た目も南国気分を満喫できるカクテルだ。

チャイナブルー

チャイナブルーは、ライチリキュールとブルーキュラソーにグレープフルーツジュースを合わせたシンプルなカクテルだ。カクテルシェイカーも必要ないので、手軽に作れるところも人気のポイントである。ライチの風味とグレープフルーツの酸味が見事にマッチしたカクテルだ。

ブルーラグーン

「青いサンゴ礁」の名を持つブルーラグーンは、その名の通り青く透き通ったカクテルカラーが特徴だ。ウォッカとブルーキュラソーにフレッシュレモンジュースを合わせてシェイク、氷を入れたグラスに注いだら完成。仕上げにオレンジやチェリーなど、好みのフルーツを添えて楽しもう。

エメラルドミスト

エメラルドミストは、ドランブイとブルーキュラソーを合わせるだけで完成と、とてもシンプルなカクテルだ。ドランブイとはスコッチウイスキーをベースに、さまざまなハーブやスパイスをブレンドしたリキュールである。ほかの青いカクテルとは違う、美しいエメラルドブルーが特徴だ。
商品情報
商品情報

結論

スカイダイビングは、グラスの中に広がる青空である。実際にスカイダイビングを手軽に実現できることはめったにないことだが、カクテルなら自宅でも手軽に楽しめる。限りなく広がる透き通った青空を、視覚と味覚で楽しんでみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ