このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マッシュルームの保存方法を解説!常温・冷蔵・冷凍ならどれが長持ち?

マッシュルームの保存方法を解説!常温・冷蔵・冷凍ならどれが長持ち?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2021年5月21日

真っ白な見た目とコリコリした食感が特徴の「マッシュルーム」。メインに使うときは大量に消費できるけれど、料理のアクセントに使うときには余ってしまうことも多い。また、普段の料理ではあまり使わないため、そのまま冷蔵庫で腐らせてしまう人もいるようだ。そこで今回はマッシュルームの保存方法について解説する。冷凍保存や乾燥保存も使って上手にマッシュルームを長期保存しよう。

  

1. マッシュルームを保存する際の前知識

マッシュルームを保存する際の共通の注意点だが、マッシュルームの水洗いは原則NGである。マッシュルームを水洗いすると、うま味が減ったり、食感が悪くなったりする。もしピートモス(マッシュルームを育てるための土)などが気になる場合には、乾いたキッチンペーパーや清潔な布巾で優しく拭くようにしよう。また、汚れが落ちないようなら、その部分だけ包丁で切り落とすとよい。

2. マッシュルームの保存方法の早わかり!

マッシュルームの基本的な保存方法には、冷蔵保存・冷凍保存・常温保存・乾燥保存などの種類がある。それぞれやり方・特徴・保存期間などが異なるので、まずはそれらの情報を以下にまとめておく。
  • 冷蔵保存:冷蔵庫で保管する基本的な保存方法。1週間程度は保存が可能
  • 冷凍保存:うま味が増えるおすすめの保存方法。1か月程度の保存が可能
  • 常温保存:冬場の涼しい時期にできる保存方法。1~2日程度の保存が可能
  • 乾燥保存:うま味が増し、カサも減る保存方法。1か月程度の保存が可能
マッシュルームの保存方法は冷蔵保存が基本ではあるが、実は冷凍保存や乾燥保存のほうがうま味は増えるためより美味しく食べられる。ただし、冷凍保存や乾燥保存は保存前にひと手間加える必要があるのが難点。このような保存方法を上手に使い分けながらマッシュルームを保存しよう。

3. マッシュルームの冷蔵保存のやり方と注意点

マッシュルームは、基本的に冷蔵庫で保存することが多い。冷蔵保存では、正しい方法で保存すれば1週間程度は美味しく食べられる。以下で紹介している正しいやり方に従って冷蔵保存を行おう。

マッシュルームの冷蔵保存のやり方

  • マッシュルーム4~5個をキッチンペーパーで包む
  • 包んだマッシュルームをチャック付き保存袋に入れる
  • 保存袋のまま冷蔵庫に入れて保存する
    ※野菜室ではなく通常の冷蔵スペースで保存する

マッシュルームの冷蔵保存する際の注意点

マッシュルームを保存する場合は、湿気や乾燥などに気を付けるのがポイントになる。スーパーなどで買ってきたパックや袋のまま保存すると、湿気などで早くに傷んでしまう可能性が高い。やや手間ではあるが、マッシュルームをすぐに使わないのであれば上記のようにして保存するとよいだろう。

4. マッシュルームの冷凍保存のやり方と解凍方法

マッシュルームなどのキノコ類は、冷凍保存することで組織が壊れてうま味成分が増えると知られている。また、冷凍保存の場合は1か月程度の長期保存が可能だ。長期保存ができるだけでなく、美味しくもなるのでおすすめの保存方法といえる。冷凍保存する際には以下のようにして行おう。

マッシュルームの冷凍保存のやり方

  • 縦方向に厚さ3~5mmほどにスライスする
    ※角切りなどスライス以外でも可能
  • 変色防止のため全体にレモン汁を絞る
  • マッシュルームを冷凍用保存袋に入れる
  • 空気を抜きながら口を閉じ、冷凍庫で保管する

冷凍したマッシュルームの解凍方法

冷凍したマッシュルームをサラダなどに使う場合は、冷蔵庫で自然解凍させるのがおすすめ。また、スープや炒め物などに使う場合は、凍ったまま鍋やフライパンに投入しよう。一度冷凍したマッシュルームは組織が壊れており、食感やや悪くなってしまう。刻んでソースにしたり、煮込み料理に使ったりするほうが食感の変化を感じにくいので美味しく食べられる。

5. マッシュルームは常温保存できるの?

マッシュルームは一応常温保存することは可能だ。しかし、日持ちしないキノコであり、常温保存していると特に早く劣化してしまう。そのため、常温保存できるのは1~2日程度と短い。また、常温保存する際は、マッシュルームが苦手としている湿気と暑さを避けるために、風通しのよい冷暗所などで保管する必要がある。なお、夏の時期は冷暗所も暑くなるため、常温保存は避けるほうがよい。

6. 乾燥マッシュルームの作り方とは?

マッシュルームを天日干しして「乾燥マッシュルーム」を作るのもおすすめだ。乾燥させることで日持ちしやすくなり、うま味も増す。また、水分が抜けてカサも減るため、保存しやすくもなる。そんな乾燥マッシュルームは、以下のようにして作ろう。
  • マッシュルームの石づきを切り落とす
  • 縦方向に厚さ2~3mmほどにスライスする
  • ザルにキッチンペーパーを広げ重ならないように並べる
  • 天気のいい日中は外に出して太陽光を当てるようにする
    ※風で飛ばないようにフタなどをするとよい
  • 3~4日程度太陽光に当てて完全に乾かしたら完成
    ※乾燥剤入りの容器に入れて冷蔵庫で保管する

結論

マッシュルームはあまり日持ちしないキノコであるため、冷蔵庫で保管する場合も早めに食べ切るのが重要だ。また、もし使う予定がないなら、長期保存が可能な冷凍保存や乾燥保存をするのがおすすめ。それぞれ特徴や保存期間が異なるので、上手に美味しく保存するようにしよう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2017年7月23日

  • 更新日:

    2021年5月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧