このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ハンバーグの合い挽肉の牛と豚の最適な割合とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 5日

ハンバーグの美味しさには、合い挽肉の比率が大きくかかわっていることをご存知だろうか。料理によって最適な割合は変わってくるが、本記事では一般的なハンバーグを作ることを想定した最適な牛と豚の割合についてお伝えしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 迷ったら牛7:豚3

ハンバーグを作る時の合い挽肉の割合として、黄金比と言われているのが牛7:豚3の比率だ。
牛肉は旨みが強いが、入れすぎると焼き上がりが固くなりがちだ。そこで、甘みや柔らかさがある豚肉を3割入れることで、より食感もよく、牛肉の旨みが引き立てられたハンバーグになるのだ。

2. 柔らかさを求めるなら牛6:豚4

ハンバーグを作る時、スーパーで売られている合い挽肉を購入することもあるだろう。市販の合い挽肉は牛6:豚4で売られていることが多い。
この割合で作ると、豚肉が多い分、7:3のハンバーグよりも食感が柔らかく仕上がり、コストも抑えられるのが特徴だ。豚肉を多くしすぎると、牛の旨みがなくなってしまうため、7:3か6:4のどちらかの割合を選んで作りたい。

3. 安い合い挽肉を美味しくする方法

時には良質な合い挽肉が手に入らない場合もある。しかし、安い合い挽肉でも美味しく調理することは可能だ。方法は、牛脂やマヨネーズを加えるだけ。牛脂はスーパーで無料でもらえることもあるので是非活用したい。品質等にもよるが、量はひき肉の7%ほどが目安。脂質を追加することで、肉汁の溢れる美味しいハンバーグになる。

結論

7:3の割合の合い挽肉であれば、ある程度の食感と、牛の旨みをしっかりと味わうことができる。食感が柔らかく、手軽さを求めるのであれば、6:4の割合がオススメだ。家族や自分の好みに合わせて選ぶとよいだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ