このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆知識!みかんの1個当たりの重さは?5キロ箱に何個入る?

豆知識!みかんの1個当たりの重さは?5キロ箱に何個入る?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年11月28日

冬に人気の果物「みかん」。一口にみかんと言っても、種類やサイズなどもさまざまなタイプが出回っている。そこで今回は、みかんの1個当たりの重さや、5キロ箱に何個位入るのかなど、知っておくと役立つみかんの豆知識についてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. みかんの重さと品種

サイズごとの重さ

最も多く出回っている温州みかんでは、サイズは6つに分かれている。大きさの目安は、Sサイズでは直径5㎝、Mサイズでは
直径6㎝、L~2Lサイズでは7~8㎝位だ。

・3Sサイズ...40g
・2Sサイズ...60g
・Sサイズ...80g
・Mサイズ...100g
・Lサイズ...130g
・2Lサイズ...150g

温州みかんの品種

温州みかんの原産は、鹿児島県の長嶋とされている。江戸時代のはじめ頃に、中国から日本に入り鹿児島で誕生した。明治以降に栽培が盛んになった。温州みかんの品種は、収穫時期によって大きく4種類に分けることができる。

・極早生温州...9~10月に収穫され、極早生みかんとも呼ばれる
・早生温州...10~12月に収穫され、早生みかんとも呼ばれる
・中生温州...11~12月に収穫され、中生みかんとも呼ばれる
・普通温州...1月以降に収穫され、晩生温州や晩生みかんとも呼ばれる

2. 5キロ箱に入るみかんの個数

5キロ箱に入るみかんの個数は、みかんのサイズによって大きく異なる。

・3Sサイズ...125個
・2Sサイズ...83個
・Sサイズ...62個
・Mサイズ...50個
・Lサイズ...38個
・2Lサイズ...33個

5キロ箱入りのみかんを購入した場合には、保存方法にも気をつけたい。基本的なポイントは、風通しが良くて涼しい場所に置いて、早めに食べ切ることだ。もし傷んでいるみかんを発見したら、すぐ取り除くようにしよう。

腐ったみかんが1個あると、他のみかんが傷みやすくなってしまう。箱の底の方からみかんを食べるようにしよう。どうしても長期保存したい場合には、みかんの上に「もみ殻」を置いておくと、水分を吸収してくれるのでみかんが傷みにくくなる。

3. みかんの魅力と注意点

みかんは、国内で最も多く食べられている果物のひとつだ。では、みかんに含まれる主な栄養にはどんなものがあるのだろうか。

・ビタミンC...皮膚や粘膜を正常に保ち、ストレスへの抵抗力を強める働きが期待できる。風邪の予防にも効果的である。成人が一日あたりに摂りたいビタミンCの量は100㎎とされている。ビタミンCは、Sサイズのみかんでは20㎎、Mサイズでは25.6㎎、Lサイズでは33.3㎎である。サイズにもよるが、みかんだけでビタミンCを補おうとすると3~4個が目安となる。しかし糖分の摂り過ぎにつながるため、1日2個程度に抑えておこう。

・食物繊維...みかんの袋やスジには、水溶性の食物繊維が豊富に含まれている。水溶性食物繊維は、腸の水分量を調整することから、整腸作用や便秘解消に効果が期待されている。腸の不調に悩む方は、ぜひ袋やスジを取らずに食べるようにしよう。

美味しいみかんの特徴

一般的には、みかんは大きいものよりも小さいものの方が高糖度で甘い傾向にある。また、美味しいみかんは以下のような特徴があると言われている。

・皮が薄いもの
・ヘタの部分が飛び出していないもの
・薄皮と実がぴったりくっついていて、離れていないもの
・ヘタが緑色をしているもの
・ヘタがあまり大きくないもの

注意点

みかんには栄養や美味しさなど魅力がいっぱいだ。しかし、いくら栄養が豊富だからと言って、みかんだけを食べればよいという訳ではない。みかんの食べ過ぎにより皮膚が黄色になる場合があるが、これは「柑皮症」と呼ばれている。みかんの色素であるカロテンが沈着し、皮膚が黄色になってしまうのだ。その場合には、みかんの量を控えれば回復するので、心配し過ぎないようにしよう。

結論

私たちにとって身近な果物のひとつ「みかん」。みかん1個当たりの重さが分かると、箱詰めなどを購入する際にきっと役に立つだろう。また、みかんはビタミンCや食物繊維など栄養も豊富に含まれているので、美味しく食べて健康維持にぜひ役立てたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >