このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

骨つきを豪快にかぶりつく!スペアリブの美味しい食べ方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月13日

豪快にかぶりつくことができる骨つき肉の代表格と言えばスペアリブだが、日頃から食べる機会が多いとは言いにくい。ここでは、スペアリブの美味しい食べ方を紹介するので、子どもたちが大喜びするスペアリブを、ぜひ普段から取り入れてほしい。

1. スペアリブの特徴

調理する前に、スペアリブの特徴を把握しておこう。スペアリブは一般的に、骨がついたままの状態の豚バラ肉を指す。肋骨とその周りの肉のことをスペアリブと呼び、赤身肉と脂肪が層になっているのが特徴だ。売り場では、1本ずつ切り離されていることが多いが、豪快に食べたい時はブロックを取り寄せてもよいだろう。骨周辺の肉が特に美味しいので、骨までかじりついて食べることはマストだ。
アメリカでは、バーベキューに欠かせない食材のひとつで、焼き料理のイメージが強いだろう。一方で、脂肪分と赤身肉のバランスがよいため、煮込み料理にすることで骨に閉じ込められた旨味を逃すことなく味わうことができる。煮込み料理もまた、スペアリブに適した調理法だ。

2. スペアリブの切り方

スペアリブはほとんどの場合、1本ずつカットされて売られているが、たまに大きめのブロック肉として売られていることもある。その場合は、骨の方向に従い、骨を区切りにシンプルに切り分けるとよい。
しかし、冷凍してあるものや身が分厚く、包丁がなかなか通らない場合には、出刃包丁を出してこよう。刃を押しつけて力いっぱいに切る。この時、刃が欠けないよう注意が必要だ。
バーベキューの熟練者の中には、ノコギリを使う人もいる。冷凍されていても電動ノコギリで簡単に切ることができるが、電動ノコギリがある家庭はなかなかないだろう。スペアリブの切り方に自信がなければ、購入時にお店の人にその旨を伝えよう。大体の店が、無料で切ってくれる。

3. スペアリブの食べ方の工夫

スペアリブの美味しい食べ方は、やはり基本のバーベキューソースで豪快にいただくのが一番。バーベキューに持っていくと、雰囲気も相まって美味しさバツグンだ。また、ゲストを招くホームパーティーの際に出してもよい。
スペアリブを下茹でしてから、ケチャップ・ウスターソース・しょうゆ・はちみつ・にんにく・玉ねぎなどで下味をつける。そして冷蔵庫で2時間以上寝かし、オーブンで焼く。これだけで、美味しい骨つき肉の完成だ。
また、食べ方の工夫として煮込むのもおすすめだ。しょうが・にんにく・醤油・みりん・酒といった和風の味付けと一緒に、大根などの野菜と煮込むと、ひと味違ったスペアリブを楽しむことができる。トマトソースやカレー、牛乳を使って煮込んでみても美味しい。
焼いても煮ても、美味しい食べ方ができるのがスペアリブだ。

4. ダイエット中におすすめするスペアリブの食べ方

スペアリブには脂肪分が多く、食べ過ぎると太ってしまうため、ダイエット中は制限が必要だ。しかし、豚肉に含まれるビタミンB1が、摂取した糖質の代謝を促してくれ、カルニチンという成分には、体脂肪の燃焼を促進する働きがある。そのため、適切に食べればダイエットにも効果的だ。また、骨つき肉は食べるのに時間がかかり、少量でも満腹感を得やすい。
ダイエット中は、スペアリブの脂質をなるべく摂取せずに済むような食べ方を心がけよう。そのためには、フライパンでなく網で焼き、スペアリブの脂分を落としてしまうことをおすすめする。
また、甘辛いバーベキューソースは糖質・カロリーとも非常に高い。そのため、低カロリーかつ低糖質である塩系の味付けにしよう。

結論

外食などでスペアリブを食べた経験はあるが、自宅で調理したことはないという人がほとんどかもしれない。食卓を豪華に彩るためにも、基本の切り方・食べ方を実践してみてほしい。また、脂肪分が多いため食べ過ぎには注意だが、スペアリブにはダイエットに役立つ成分も豊富に含まれている。スペアリブの脂分を落として食べれば、必要以上に神経質になることはないだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ