このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

お好み焼きをがっつり食べるのにふさわしい献立の立て方とは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月31日

今日はお好み焼きを思いっきり食べるぞ!と決めたはよいが、お好み焼きと水だけの食事というわけにもいかないだろう。献立を立てるとしたら、どんなものを合わせるのがふさわしいだろうか?お好み焼きを思いっきり食べるという目的を邪魔しない献立について、考えてみよう。

1. お好み焼きを使った献立には汁物

何を合わせるのがベストか?

お好み焼きを堪能するからには、ほかの余計なものは極力食べない献立にしたいものだ。ひと口にお好み焼きと言っても、豚玉・イカ玉・すじこん入りなど、メニューはさまざまにあるではないか。最低でも各自1枚ずつは食べたいのが当然だろう。
となってくると、お好み焼きを中心とした献立には、ボリュームの少ないものを合わせたくなる。唐揚げや餃子のように、ごはんのおかずとなるようなものは不適格であるし、考えるまでもなくカロリーオーバーである。タンパク質だって、お好み焼きに入れた肉やシーフードで十分だ。
そうするとサラダか?いや、お好み焼きには十分な量のキャベツが入っている。コールスローなら丼一杯分ほどのキャベツは食べているはずだ。加えてねぎもたっぷり入れる家庭もあるだろう。よってサラダは必要ない。

お好み焼きには汁物を合わせよう

そうなってくると、献立の答えはおのずと出てくる。カロリーも低く、ボリュームもない澄まし汁が正解だ。一見シンプルな澄まし汁だが、材料のエキスや栄養が含まれている。水を飲みながらお好み焼きを食べるよりも、はるかに上品だろう。お好み焼きには、ぜひ澄まし汁を合わせた献立にしよう。

2. お好み焼きにおすすめの汁物を紹介

洋風のスープも好相性

澄まし汁のような和風の汁物もよいが、洋風のコンソメスープも、お好み焼きにはぴったりの献立だ。お腹にたまらないので、お好み焼きを食べる量を抑える方向へと邪魔しない点が、献立としては非常によい。さらに、澄まし汁と同様、栄養も多少は摂取できる。

コンソメスープを合わせる利点とは?

コンソメスープを合わせた献立には、澄まし汁にはない利点もある。それは、スプーンを使って食すということだ。澄まし汁の場合は、お好み焼きを食べるのに使っていた箸を持ち替える必要はない。対してコンソメスープなら、箸を都度スプーンに持ち替えなければいけない。それのどこがよいのだろうか?
「箸置きダイエット」という言葉を聞いたことがあるだろうか?「ひと口に30回噛みましょう」などとよく言うが、まさに「言うはやすく行うは難し」である。そこで、ひと口食べるたびに必ず箸を置くことによって、自然とゆっくりよく噛むようになるというわけである。お好み焼きをひと口食べるごとに箸をスプーンに持ち替え、コンソメスープをひとさじ口へ運ぼう。「今日はお好み焼きを思いっきり食べるぞ!」と張り切っていたにも関わらず、食事を終えてみれば思いのほか少量で満足したということになるかもしれない。これぞ、献立の妙である。

3. お好み焼きを使った献立にはフルーツもおすすめ

罪悪感なくデザートまで楽しむために

デザートは別腹、などと言われるが、それは欲張りの口実に過ぎない。当たり前だ。腹は人間の体に1つしかないのだから。では、デザートを美味しく気持ちよく食べられる献立にするにはどうすればよいか?まさしく「腹八分目」で食事を終えられるように、量を少なめに食べることである。献立づくりには、このこともよく考えておきたい。
「小さなお好み焼きを焼いて、もう1枚食べようかな?」などと考えた人は、その辺でやめておこう。また、「お好み焼きのタネが少しだけ余りそうだったから」などという言い訳もやめよう。余ったタネは、焼いてから冷凍保存しておいてもよい。今、全部食べなければならない理由は何もないのだ。そして、デザートのフルーツを食べて、献立を美味しく締めくくることにしよう。

フルーツを献立に取り入れる利点

フルーツにもそれなりの糖分はあるが、アイスクリームやケーキなどを食べることに比べれば、じゅうぶんヘルシーだ。さらに、フルーツはビタミンや食物繊維にも富んでいる。食後のデザートとして、これ以上のものはそうないだろう。お好み焼きの献立にはぜひ加えたいものだし、食べる人もデザートのフルーツを楽しみにすることで、無意識に食事の量を抑えるようになれば、なおよい。

結論

「お好み焼きを満足いくまで食べたい」という方のために、それがかなうような献立の立て方を紹介した。動機はそうであっても、結果的にはお好み焼きだけを食べ過ぎることを抑制するような献立が、作れることにつながれば幸いだ。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ