このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カツレツを保存するなら揚げる前?揚げたあと?正しい保存法を解説

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月26日

カツレツは元々、子牛の薄切り肉にパン粉をまぶして炒め焼きのように調理したものとして日本に伝わった。いまではとんかつをはじめ、単に「カツ」としてさまざまな揚げ物を指す言葉となっている。家でカツレツを揚げるとなると、まとめて大量に作り置きしておきたい所だが、保存方法を間違えると衣がベチャッとして美味しくなくなってしまう。そこで今回は、カツレツの正しい保存方法を解説したい。

1. カツレツの正しい保存方法は揚げてから

カツレツを家で作るとなると、油を大量に使い処理も大変なことから、一度にまとめて作り置きしたいものだ。とはいえ、夏場はとくに、高温の油の前にずっといるのは厳しいものがある。そんな時、余った油と、仕込みの終わったカツレツを、翌日に揚げればいいだけの状態で保存してはいないだろうか。

食材を、衣をつけた状態で保存し、食べる直前に揚げるようにすればいつでも揚げたてが食べられるというこの方法は一見正しいように見える。しかし、生で置いておくとドリップと呼ばれる肉汁が出てしまい、肉の旨みが逃げてしまう。カツレツの正しい保存方法は揚げてから冷蔵や冷凍にすることなのだ。

2. カツレツの冷蔵保存は温め直し方がポイント

食べきれなかったカツレツは、翌日など、数日以内に食べきるようにしたほうがいい。長時間の保存は水分が抜け、パサつきの原因となってしまう。揚げたあとに冷蔵保存したカツレツを、揚げたてのようなサクサクした食感に戻すには温め直し方が重要だ。電子レンジで温めてしまうと水分によって衣がベチャッとしてしまううえに、肝心の中身は水分が抜けてぱさぱさな状態になってしまう。

冷蔵保存したカツレツをサクサクの状態になるように温め直すには、オーブンレンジを使うのがおすすめだ。オーブンレンジを使った温め直しのポイントは、次の通りだ。
  • あらかじめカツレツを冷蔵庫から出し、常温に戻しておくこと
  • オーブンレンジを予熱しておくこと
  • トレイの上にホイルを敷いてカツレツをおくこと
これらを守ってカツレツを温め直すようにすれば、冷蔵保存した状態からでもサクサクとした食感を保ったまま温め直すことができる。

3. カツレツは冷凍保存すると作り置き可能!

一度揚げたカツレツは、冷凍なら1ヶ月程度保存することが可能だ。毎回油の処理をするのが面倒だからとまとめて作り置きしたい場合は、正しい冷凍保存を心がけよう。

カツレツを冷凍保存するには、まず揚げたあとにしっかり熱が冷めるのを待とう。熱が残ったまま冷凍庫に入れてしまうと、傷みの原因となってしまう。完全に冷めたことを確認したら、ラップでひとつずつ丁寧に包み、ジッパー付き保存袋に入れて空気を抜き、冷凍庫に入れればよい。

冷凍保存後1ヶ月を過ぎたとしてもすぐに食べられなくなるわけではないが、時間が経つにつれ確実に風味は落ちていく。美味しさが保たれているうちに食べきれるよう、冷凍保存する際は保存日をメモしておくなどして忘れないようにしておこう。

4. 冷凍したカツレツのおすすめ解凍方法

冷凍したカツレツを食べる際、温め直す前にはしっかり解凍しておく必要がある。常温に戻したあとは先ほど紹介した冷蔵保存したカツレツの温め直し方と同じでよいのだが、自然解凍に任せるのであれば冷凍されていた分長く時間がかかってしまうことに注意しておきたい。

夏場は自然解凍中に傷んでしまう危険性があるため、冷凍したカツレツを食べたくなったら前日のうちに冷蔵庫に移動させておき、冷蔵庫内で解凍させるほうがいいだろう。また、手っ取り早く解凍したい時は電子レンジの解凍機能を使うのがおすすめだ。

結論

カツレツを作り置きする時は揚げてから保存したほうがいい。冷蔵保存するなら数日中に、冷凍保存なら1ヶ月以内には食べきるようにしよう。ちなみに、オーブンレンジで温め直す際、事前に少量の油を表面に吹き付けておくといい。サクサクとした食感だけでなく、ジューシーさも復活するので、油用にしていいスプレー容器を持っていたら一度試してみるといいだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ