このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

意外と簡単!生クリームを使った洒落た料理の作り方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年4月29日

生クリームはホイップしてお菓子やドリンクにトッピングして食べる以外にも、さまざまな食べ方がある。特にフランス料理では、料理をクリーミーにしてコクを出すためには欠かせないものとなっている。ここでは生クリームを使った料理の作り方をいくつか紹介したい。

1. お洒落なキッシュも生クリーム入り!食材の選び方は?

日本でもパーティ料理やホテルのバイキングなどで定番になっているキッシュ。家で作るのは難しそうだと思いがちだが、冷凍のパイシートを使えば意外と簡単に作れるのでぜひチャレンジしてみよう。

・生クリームとチーズ、卵でアパレイユ

アパレイユというキッシュの中身に使う材料は、卵、生クリーム、溶けるタイプのチーズだ。ここにほうれん草やベーコンなどの色々な食材を追加して、塩こしょうやナツメグで味を整え、生地を敷いたタルト型に流し込む。

日本でもキッシュ専門店ができているほどキッシュのアレンジの幅は広い。アパレイユの生地さえできていれば野菜や肉はどんなものにでも変更可能である。季節の食材を使ったり、好みの食材を使ったりしてオリジナルのキッシュを作ってみよう。

2. 冬の定番メニューグラタン!生クリームを使った下ごしらえのポイントは?

ホワイトソースとチーズが絡み合うグラタンは、冬の定番メニューである。グラタンは色々な具材で作ることができるため、アレンジの幅が広くなかなか飽きが来ない。

グラタンは簡単に作れるセットが売っていたり、缶詰のホワイトソースを使ったりと簡単に作ることができる。しかし、手作り派におすすめなのはバターと小麦粉を使って作るホワイトソースだ。

・余った生クリームをプラスでプチリッチ

手作りホワイトソースには牛乳を使うのが基本だが、ここに生クリームを加えるとコクがプラスされて濃厚な味わいになる。生クリームをパックで買うと、消費しきれずに無駄にしてしまうこともあるだろう。そんなときはホワイトソースに加えて豪華なグラタンを作ってみよう。

・ホワイトソースの下準備のポイント

ホワイトソースは、鍋でバターを溶かしたところに小麦粉を入れ、弱火で炒めて白いルウを作る。ここに冷たい牛乳を注ぎ、弱火で煮詰めていく。途中で生クリームを加えてとろみをつけたら、ホワイトソースの完成だ。
ホワイトソースがダマになって失敗するという人は、あらかじめ小麦粉をふるっておくとよい。また、バターと小麦粉で作ったルウに冷たい牛乳を注ぐのは、温度差によってダマを防ぐためである。ダマ防止のためのポイントを押さえて、上手にホワイトソースを仕上げよう。

3. パスタの定番カルボナーラ!生クリームを使って簡単に作る方法は?

カルボナーラは、クリーム系パスタの代表的な存在である。卵と生クリーム、チーズの織りなす濃厚な味わいは、なんともいえない美味しさだ。
カルボナーラは濃厚さがポイントの料理なので、生クリームを使ってとことん濃厚な味付けで楽しんでほしい。

・カルボナーラの作り方

本来のレシピでは、生クリームは使わない。生クリーム入りのカルボナーラは、家庭で簡単にカルボナーラを作るために開発された策なのである。
  • 卵黄、生クリーム、粉チーズをフライパンに入れて混ぜ、先に炒めて取り出しておいたベーコンを加える。
  • パスタとソースを絡めて、ダマにならないように加熱する。
  • 火を止めて皿に盛り付け、黒こしょうをかけて完成。
工程だけを見ると簡単なように感じるが、ダマにならないようにという点が難しい。ソースをパスタと絡めて、手早く混ぜるのがポイントである。

結論

生クリームはお菓子だけに使うものではなく、さまざまな料理に使うことができ、料理の味にコクをプラスして濃厚に仕上げる効果が期待できる。牛乳の代わりに生クリームを使うと、普段の料理がグレードアップするので、是非試してみよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ