このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

実は同じものだった!?焼肉のたれとステーキソースの違いを検証

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年6月12日

皆さんは、市販の焼肉のたれやステーキソースを買い求める機会はあるだろうか?多くのスーパーでは、これらは陳列棚に隣り合って並んでいる。見た目も似ていることが多く、その違いがよくわからないという人も多いことであろう。今回は、そんな焼肉のたれとステーキソースの違いをリサーチ。上手に使い切るコツも合わせて紹介していきたい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼肉のたれとステーキソース

焼肉のたれは、家で焼肉や鉄板焼きをする場合に使うことを想定して販売されているものである。焼肉店におけるたれは、肉に絡めて使用する場合と、つけだれとして使用する場合があるが、自宅でも同様に使われることが多いようだ。ご飯やお酒が進む、食欲そそる味であることはいうまでもない。甘辛、中辛など、辛味の種類はあるものの、味のバリエーションは少ない。

ステーキソースは、家でステーキを食べる際に使うことを想定して販売されているものだ。ステーキ店や外食で食べるステーキは、和風やドミグラスなど、ソースを選べるケースが多いが、販売されているソースも同様に、幅広いバリエーションが存在する。主流は、おろしタイプ、醤油などである。そのほか、非加熱の生タイプなどもある。

焼肉のたれ、ステーキソースともにさまざまなブランドがあるが、有名店から登場しているものもあり、人気が高い。

2. 焼肉のたれとステーキソースの違い

焼肉のたれとステーキソースの違いは、実際には定義はしづらい。というのも、ブランドによって使われる食材はまちまちなのだ。ただ、それぞれに特徴的な部分も存在する。

材料の比較

まず焼肉のたれは、りんごやうめ、なしなどフルーツが使われていることが多い。その分、まろやかで甘みが強い印象だ。また、ゴマが入っているのも特徴のひとつ。ステーキソースは、フルーツよりは玉ねぎなどの野菜がメインであることが多い。甘みに通ずるみりんなどの調味料も入ってはいるが、フルーツではないので、よりすっきりとした味わいのものが多いといえるだろう。また、赤ワインやバターが使われているなど、風味が豊かなものも。

共有はできる?

焼肉のたれとステーキソースは、実際のところ共有も可能。焼肉やステーキはもちろんのこと、ハンバーグにもかけられると謳った商品も販売されている。あとは好みの問題だろう。また、かける肉の厚みによって、焼肉かステーキかが決まるということもできるかもしれない。

3. 焼肉のたれとステーキソースを使い切る方法

焼肉のたれやステーキソースは、実は万能調味料。焼肉とステーキだけに使うのではなく、普段の献立に活用することもできる。化学調味料や保存料が無添加のものもあるので、なるべく早く使い切るという観点からも、アレンジ料理に使うとよいだろう。

まずは肉のマリネ。焼肉のたれやステーキソースに肉をつけておき、後は焼くだけ。野菜を一緒にたっぷり炒めれば、ボリュームも栄養も満点な一品に。牛肉でなくとも、リーズナブルな豚肉や鶏肉でも◎。

チャーハンの隠し味に加えるのもおすすめだ。パンチの効いた煮物などに使ってもよいだろう。焼肉のたれやステーキソースが少しだけ残っているという場合は、普段の献立に気軽に活用してみよう。

結論

焼肉のたれとステーキソースの大きな違いは、使われている材料にある。焼肉のたれにはフルーツやゴマが使われている傾向があり、ステーキソースには大根や玉ねぎなどの野菜が使われているケースが多い。また、ステーキソースには味のバリエーションが豊富にあり、焼肉のたれには甘口と中辛といった辛味のバリエーションがある。ただ一概にはいえないので、原材料のラベル表示を見てチョイスするとよいだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ