このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洋風から中華まで!トマトスープのアレンジあれこれ

投稿者:ライター 藤本龍(ふじもとりゅう)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年7月 5日

リコピンの抗酸化作用が注目されているトマト。サラダやパスタソースだけでなく、ケチャップなどの調味料のベースまで、さまざまな食べ方をされている。今回はその中でもスープに注目した。トマトを使った美味しいスープのアレンジについて、アイデアをいくつか紹介したい。

1. トマトスープといえばこれ!ミネストローネ

美味しいトマトスープのアレンジを紹介する前に、まずは基本のスープを紹介しよう。トマトを使ったスープの中でも代表的なものといえばミネストローネだろう。ミネストローネはたくさんの具材がごろごろと入った食べごたえのあるスープで、大きな鍋でまとめて作って数日にかけてじっくりと楽しむという人も多いのではないだろうか。

トマトをにんじんやセロリ、じゃがいもといった具材と一緒に1cmほどのサイズで角切りにして煮込んで作るミネストローネは、実は電子レンジでお手軽に作ることが可能だ。

各野菜を普通のミネストローネよりも小さめにカットし、耐熱ボウルに入れたらオリーブオイルを加えて軽く混ぜ、レンジで加熱して火を通す。その後、水や調味料をボウルに加えて再度レンジで加熱をしたら水煮のトマト缶を加え、さらにレンジでひと煮立ちさせれば完成。

普通に鍋で調理する場合と比べると、コンロの前で火加減を見守る必要がない分、手軽といえるだろう。ほかの料理の仕込みをしながらさっとミネストローネを仕込みたいという時はレンジを上手に使えば時短にもなっておすすめだ。

2. トマトスープは中華風でも美味しい!

ミネストローネやパスタなど、洋風料理に使うイメージが強いトマトだが、中華スープの具にしても美味しくいただける。

中華スープにする場合は、玉ねぎや白菜といったトマト以外の具材の野菜を先にごま油で炒め、しんなりしたところに水、中華スープの素と一緒に手ごろなサイズにカットしたトマトを加えて煮込むとよい。スープの味付けに酢を使い、仕上げに溶き卵を加えたらトマトの酸辣湯風スープのできあがりだ。

胡椒やラー油、ごま油をきかせた中華スープは、食欲がそそられる香りのよい仕上がりとなる。メイン料理を中華にする際は、それに合わせて中華風のトマトスープを作ってみるとよいだろう。

3. 普通のトマトスープに飽きてきたら......トマトシチューもあり!

シチューといえば真っ白のルウに具材が浮かんだクリームシチューや牛肉の旨みがたっぷりと詰まったビーフシチューなどが一般的だが、トマトスープをベースに作ればトマトの鮮やかな赤が映えるトマトシチューができあがる。

作り方としては、普通のシチューのように先に肉や野菜といった具材を炒め、水を足すところで生のトマト、あるいはトマトの缶詰やトマトジュースを一緒に加える。加えたトマトの分の水分を考慮して、いつもより水を少なめにするのがポイントだ。

あとは、ひと煮立ちさせたところでシチューのルウを入れて混ぜ、牛乳を加えてのばせばトマトシチューのできあがりだ。

味付けをしていないベースのトマトスープをストックしておき、その日の気分でシチューやミネストローネなど、味付けを変えて楽しむというのもよいかもしれない。

4. 暑い季節はトマトの冷製スープがおすすめ!

スープといえば寒い日に飲んでほっこりと温まるというイメージが強いが、暑い夏なら冷製スープで涼をとるのもおすすめだ。トマトの冷製スープの作り方は簡単で、具材や調味料をすべてざく切りにしてミキサーにかけ、濾し器などにかけて口当たりを滑らかにしたらできあがりだ。

好みで最後にオリーブオイルを加えたり、バジルなどを添えたりしてもよいだろう。食感を持たせたいのであればミキサーにかける具材とは別に野菜などを角切りにし、最後に加えるとよい。玉ねぎやニンニクなどの甘みや香りをきかせたいのであれば、これらの具材だけ先に炒めてから加えるのも悪くない。

冷製スープであればトマトを生のままで摂ることができるので、ビタミンなどの熱で壊れやすい栄養素も余すことなく摂れるようになる。夏バテであっさりしたものしか食べたくないという気分になっても冷製スープなら美味しく飲めるだろう。ぜひバリエーションのひとつとして覚えておきたい。

結論

トマトはさまざまな具材、料理と相性がよく、色味もよいのでアイデア次第でいくらでもアレンジが可能だ。今回紹介したように、スープひとつを取りあげても中華や洋風などさまざまなアレンジができるので、ぜひいろいろと試してみてもらいたい。ちなみに、あまりなじみはないかもしれないが、トマトの味噌汁というのも好きな人は好きな一品だ。味噌汁の具に迷った際は、一度トマトの味噌汁に挑戦してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ