このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ザンギとから揚げの違いってなに?美味しい食べ方やリメイク法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年9月 4日

北海道釧路生まれのザンギだが見た目はから揚げと大きく変わらない。最近では北海道以外の地域でも見かけるようになり、人気が高まっている。ザンギとから揚げとの違いは何かといった点も含めて、ここではザンギの食べ方について紹介する。

1. ザンギとは?

から揚げは、いまや国民食といっても過言ではないほど子供から大人にまで愛される料理だ。から揚げは、「小麦粉や片栗粉をまぶして油で揚げたもの」と定義されているため、具材が魚介類や野菜でもから揚げと呼ぶことができるが、一般的には鶏肉を指すことが多い。味付けは醤油ベースの漬けだれに鶏肉を漬け込むのが一般的だが、最近では塩から揚げやフライドチキンのように衣に味をつけるから揚げなど、バリエーションが増えている。
釧路生まれのザンギは、しょうが、にんにく、醤油の3つをベースに下味をつけて揚げられることが多い。しょうがとにんにくが加わることでより濃厚な味わいのから揚げとなる。ごはんのおかずにはもちろん、酒のつまみにも最適だ。
では、から揚げとザンギの違いが何なのかというと、明確な違いがないのが実情。から揚げが、小麦粉や片栗粉をまぶして油で揚げたものと定義されている以上、から揚げの種類の一つとしてザンギがあると考えてよさそうだ。
  • ザンギは家庭でも作れる
ザンギは、北海道以外でも見かけることが多くなったが、やはり一般的なから揚げに比べたら出会う頻度は少ない。そのためザンギを食べたいと思ってもなかなか購入できず、もどかしい思いをすることもあるだろう。そんなときは、家庭でザンギを作ってみよう。ザンギの作り方はから揚げと大きく変わらないため、家庭でも簡単に作ることができる。しょうが、にんにく、醤油があればぜひトライしてみてほしい。

2. ザンギの食べ方

ザンギの大きさは作る人によってまちまちだが、大体は一般的なから揚げと同じくらいの一口より少し大きい程度である。食べる際はそのままかぶりつくのがおすすめだ。かぶりつくことでザンギからあふれ出る肉汁を余すところなく堪能できるからだ。
  • 衣が硬いときは無理せず切る
ザンギは片栗粉をまぶして揚げており、片栗粉を使うことでサクッとした食感が楽しめる。しかし片栗粉の使用量が多いと、衣は厚く、硬くなってしまう。大人なら多少衣が硬くても食べられるだろうが、あごの力が弱い子どもや高齢者には食べにくい。そのときは無理せず、包丁やハサミであらかじめカットしておこう。また女性に多いのだが、口周りに油がつくことに抵抗感を持っている人が同席している場合は、一口で食べられる大きさに切ってあげよう。

3. ザンギをリメイクする

油で揚げられたザンギは、思ったより食べられずに残ってしまうことがある。そのため余ってしまったザンギをどうしようか悩むだろう。翌日以降も同じように食べるのもいいが、味に飽きてしまってなかなか食べてもらえないというパターンもある。そのときはザンギのリメイクに挑戦してみよう。味がしっかりついているザンギを使えば、余計な味付けをしなくても済むため料理の手間も省ける。

リメイク1.あんをかける

ザンギにあんをかけるだけのシンプルなリメイク料理。あんの中にピーマンや玉ねぎといった野菜を加えることでボリュームも増し、立派なメイン料理となる。あんの味も和風あんにするか、ケチャップあんにするかでまったく印象が変わる。酸味にきいた中華あんにすれば、豚肉の代わりにザンギを入れて酢鶏になる。

リメイク2.丼にする

ザンギを卵でとじて親子丼風にしたり、甘辛いたれをかけて焼き鳥丼のようにしたりするのもおすすめだ。簡単な一品料理だが、ザンギのボリュームのおかげで十分に満腹になれる。

4. 糖質制限中のおすすめの食べ方

糖質制限をしている人にとって注意しなければならないのが、衣に使われる片栗粉だ。片栗粉とはじゃがいものでんぷんのことを指す。じゃがいもは糖質が多い食べ物として有名だが、そのでんぷん質を集めた片栗粉は当然ながら糖質が多く含まれる。片栗粉の代わりに衣に使える食材として小麦粉がある。糖質量は片栗粉よりも小麦粉のほうが低いが、それでも糖質が多い食材に変わりはない。糖質制限中にザンギを食べるときは、片栗粉を薄くまぶすようにするか、全くつけずに素揚げにするかのニ択となる。しかし素揚げにした場合は、ザンギ感はまったくなくなってしまう。

結論

食べごたえがバツグンなザンギは幅広い年齢に好かれる料理だ。かぶりつくのがザンギの一般的な食べ方だが、衣の厚さによっては食べにくい場合もある。一緒に食べる人に合わせて切ってあげたりすることでみんなが食べやすい料理となる。またリメイクもしやすいため多めに作っておくのもおすすめだ。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ