このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

弁当のからあげを美味しく!下処理から盛り付けまでコツを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年12月 5日

弁当のおかずとしても大活躍のからあげ。じつは、下処理の方法から盛り付け方にいたるまで、奥が深いメニューでもある。今回は、一般的なからあげだけでなく、揚げずに作れるヘルシーからあげについても紹介。こだわればこだわるほど美味しくなるからあげの秘密、ぜひ読んでみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. からあげの下処理

まずは、からあげ作りの基本中の基本、下処理について解説しよう。からあげに使われる鶏肉は、硬くパサパサとした食感になりやすい食材だ。とくに、鶏むね肉を使う場合は、正しく下処理ができたかどうかが、仕上がりの食感を大きく左右してしまう。ふっくらとジューシーに仕上げたいのであれば、以下の順番に沿って下処理を進めてみよう。

1.鶏肉の筋や脂を取り除く

鶏肉に多く見られる筋繊維は、加熱することで硬くなったり、縮んだりしてしまう。これらの筋は、下処理の際に包丁で細かく切り込みを入れ、断ち切っておかなくてはならない。鶏皮も縮みやすくなってしまうため、フォークで穴を開けておこう。

2.下味をつける

からあげの下味といえば、長時間漬け込むという方法をイメージする人も多いだろう。しかし、あまりに漬け込みすぎると、逆に大切な水分を逃がすことにもなるのだ。下味は、醤油や酒、みりん、にんにく、しょうがなどの調味料を混ぜ合わせたら、鶏肉全体にいきわたるようにまぶすだけでOK。ちなみに、タレをまぶす前に水に10分ほど漬けると、よりジューシーな食感になるようだ。ぜひ、試してみよう。

2. 冷めても美味しいからあげの作り方

冷めたからあげを一口食べて、パサパサと硬い食感に残念な思いをしたことはないだろうか。冷めると味が落ちてしまうからあげは、弁当のおかずとしては致命的だ。冷めても美味しいからあげを作るコツは、「揚げる→休ませる」を繰り返すこと。2度揚げ、3度揚げをするだけで、冷めてもじゅわっと肉汁がしみ出す美味しさをキープすることができる。

さらに、下処理のときに塩と砂糖を加えるというのも、効果的な方法。塩には肉を柔らかくする効果があり、砂糖は肉の中に水分をとどめる効果がある。からあげを弁当に入れるときには、これらの方法を実践することで冷めても美味しく食べられるはずだ。

3. 揚げないからあげの作り方

揚げもの料理の代表格であるからあげは、どうしても「太りやすい」というイメージをもたれやすい。ごはんのおかずとしても、お酒のつまみとしても絶品のからあげだが、食べすぎることに罪悪感をもつ人も少なくない。そんなときは、揚げないからあげの出番だ。揚げない作り方は、途中まで通常のからあげと同じである。下処理をした鶏肉をフライパンに重ならないように並べて、じっくりと焼いていく。このとき使用するフライパンは、フッ素加工のものがおすすめだ。

揚げないからあげは、最初に弱火で加熱して鶏から出る脂を全体に回すようにしなくてはならない。脂を全体にいきわたらせることが、揚げたようなサクサク食感を作り出すポイントなのだ。皮がパリッと焼け、火が通ったら、中火にして全体に焼き色をつけよう。焼く前にまぶす粉は、片栗粉がおすすめ。時間が経っても、サクサクと香ばしい食感を楽しむことができるはずだ。

4. からあげの盛り付け方

からあげをただ大皿に盛り付けたのでは、茶色一色となる。お世辞にも食欲をそそる見た目とはいえない。からあげを盛り付けるときは、「彩り」と「立体感」に気をつけることが大切だ。彩りというのは、赤、黄、緑の食材のこと。さらに、白、黒、紫などの色の食材を加えると、より豪華に見栄えがよくなる。

次に、立体感というのは、からあげを山高に盛り付けること。平たく盛り付けると、からあげの間から下の皿がのぞき、華やかさに欠ける。お店のからあげのように見せたければ、積み上げるように盛り付けるとよいだろう。

また、からあげだけでは栄養をバランスよく摂ることが難しい。たっぷりと野菜を入れたスープやサラダなど、彩りと栄養面を兼ね備えた副菜も加えてあげるとよいだろう。

結論

外はサクサク、中はジューシーなからあげに仕上げるためには、いくつかのポイントを守らなくてはならない。ただ、弁当に入っているからあげが揚げたての美味しさをキープできるとなれば、よりこだわりたくなるはずだ。ぜひ、今回紹介した方法で絶品からあげづくりに挑戦してみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ