このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ゴーヤーチャンプルーの献立作りに迷ったら!副菜や汁物はコレ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月24日

夏が旬のゴーヤでゴーヤチャンプルーを作る家庭も多いことだろう。ただ、ゴーヤチャンプルーを主菜とした場合、副菜や汁物などをどうすればよいのか、献立作りに頭を悩まされやすいようだ。そこで今回は、ゴーヤーチャンプルーの献立を作る際に参考にしていただくべく、おすすめの副菜や汁物について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゴーヤーチャンプルーの献立例 おすすめの副菜

ゴーヤーチャンプルーは、油を使って調理する炒め物になる。そのため、副菜には、和え物や酢の物、サラダなど、炒め物以外の調理方法のものにすると、うまくバランスをとることができる。また、副菜の味付けや食材については、主菜であるゴーヤーチャンプルとかぶらないようにすることも献立作りのポイントとして押さえておこう。

ゴーヤーチャンプルーは、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維と、栄養的にもかなりバランスがよく、主菜としてはとても理想的だ。ただ、野菜はゴーヤだけで、海藻類や芋類が不足しているので、副菜には、ほかの野菜や海藻類、芋類を食材に選ぶようにすると献立のバランスがよくなるだろう。例えば、もずくときゅうりの酢の物、キャベツと塩昆布の和え物、粉ふき芋などが、副菜として、おすすめできる。

ゴーヤは淡色野菜なので、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜を副菜の食材に使用してもよいが、それらを汁物の具にするというのも一案だ。

2. ゴーヤーチャンプルーの献立例 おすすめのスープや味噌汁

ゴーヤーチャンプルーに合う汁物としては、スープでも味噌汁でもどちらでもOKだ。さらに栄養価を上げたいのであれば、味噌汁のほうが理想的だ。手早く作りたいのなら、スープでもよいだろう。いずれの場合も ゴーヤーチャンプルーの味付けを考慮しながら、味のバランスをうまくとれるような汁物にすることがポイントになる。

例えば、ゴーヤーチャンプルーの味付けに、オイスターソースを使用した場合は、中華風のスープなどがよく合うのでおすすめできる。スープの具には、海藻類やキノコ類、にんじん、ねぎやたまねぎなどを選ぶようにするといいだろう。もちろんこれらの食材は、味噌汁の具にすることもできる。

なお、ねぎやたまねぎに含まれているアリシンという成分は、ゴーヤーチャンプルーの食材として使われる豚肉に豊富なビタミンB1 の吸収をよくするという働きが望める。献立作りの際、汁ものの具に、ぜひ加えてほしいおすすめ食材である。

3. ゴーヤーチャンプルーを自由にアレンジしてみよう

さて、これまで紹介したゴーヤーチャンプルーの献立例は、副菜も汁物も、いわゆる定番として、比較的オーソドックスな部類に属する。無難にまとまりすぎて物足りないと感じた場合や、もう少し変化を加えたい場合は、主菜であるゴーヤーチャンプルーをアレンジしてみるという方法がおすすめだ。ゴーヤーチャンプルーをアレンジすることで、それに合わせて副菜や汁物も自由に変えることができる。

元々、沖縄の言葉であるチャンプルーは、「混ぜ合わせる」という意味を持っている、お決まりの食材以外に、自由な発想で、お好みの食材を加えて、混ぜ合わせてみるのも楽しいかもしれない。

さらに、味付けも、味噌味、ケチャップ味、マヨネーズ味、ピリ辛味など、いろいろと工夫し、オリジナリティあふれるゴーヤーチャンプルーのアレンジレシピをぜひ考案していただきたい。そうすれば、極端な話、毎日がゴーヤチャンプルーでも、飽きることなくバラエティに富んだ献立を作り続けることが可能だろう。

結論

ゴーヤーチャンプルーの献立づくりの際に、おすすめの副菜や汁物について紹介したが、参考になっただろうか?今後、ゴーヤーチャンプルーの献立作りに迷った際に、今回紹介した内容が、何らかのお役に立てれば幸いだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ