このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

からすみパスタを自宅でも!作り方のコツやからすみの見分け方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月10日

からすみは高級珍味として日本三大珍味に数えられる食べ物だ。旅行先のお土産やふるさと納税などでも人気が高く、酒の肴にもピッタリだろう。しかし、そのまま食べるだけではもったいない。今回はからすみ料理で人気の高いパスタについて美味しく作るコツや見分け方、固形以外のからすみについて触れてみたいと思う。

1. からすみの歴史と特徴

からすみと聞くと日本特産のイメージが強い人も多いかもしれないが、からすみの歴史は古く、古代ローマまでさかのぼるともいわれている。からすみが日本に上陸したのは安土桃山時代だとされており、中国から貿易商を通して長崎に伝わったそうだ。イタリアではポッタルガという呼び名でからすみが家庭料理などで頻繁に使われている。

日本では高級食材に分類されるからすみ。一般的に家庭料理で使う代物ではないため、口にしたことがない人も多い珍味だ。からすみはチーズとウニを合わせたような濃厚な味が特徴だが、その独特の風味が強すぎるあまり苦手な人も多い。しかし、塩辛いからすみは料理に使うことでその塩加減を十分に活かすことが可能だ。一番有名なところでいうとからすみパスタだろう。パスタと和えるだけで、香り高い一品に仕上がる。ではからすみパスタを美味しくするコツを紹介しよう。

2. からすみパスタを美味しくするコツ

からすみパスタは基本的なペペロンチーノに最後にからすみを合わせるだけというシンプルな料理だ。からすみの香りや味を強く感じたい場合は食べる直前にすりおろすのがおすすめ。からすみのにおいが気になる場合は、スライスしたからすみに少量の酒をかけると臭みを緩和することができる。酒がかかっている分、多少べたつくがこのひと手間によってにおいが苦手な人でも美味しくからすみパスタが食べられる。

3. 知っていたらツウかも?よいからすみの見分け方

からすみは一般的に多く流通している商品ではないため、良し悪しが分かる人は少ない。外国では偽物を売っている店もあるため、美味しいパスタを作るためによいからすみを見極めるポイントを紹介しよう。
まず、左右対称かどうか。偽物の場合は豚の腸に魚の卵を詰めたからすみもどきが多いため、天然のような左右対称さがない。そしてからすみの色が着色料を使ったような色、または発色が悪くないかを見比べてほしい。偽物は色も後付けされるため、天然のようなきれいな発色にならないことが多いそうだ。ほかには血筋が多く入りすぎているものも避けたい。すでに箱に入った状態の場合は産地や製造年月日の確認が必須だ。外国でからすみを購入する場合は、専門業者や専門店を利用すると失敗しにくいだろう。国産のからすみを購入する場合は150g以上の大きめがおすすめだ。

4. パスタに向いているおすすめのからすみ

からすみは固形のイメージが強いと思うが、最近ではからすみパウダーやすでにほぐされ瓶詰されているものも多い。固形のものは自宅で使用する際にすりおろす手間があるが、パウダーや瓶詰タイプのものであればパスタにふりかけるだけで簡単にからすみパスタが完成する。はじめてからすみパスタを作る場合は失敗しにくいパウダータイプがおすすめだ。さらに固形のものがある場合はスライスし、できあがったからすみパスタの上にトッピングするとより味に深みをプラスできる。ほかにも生からすみやからすみソースなど固形以外の状態で売られている商品も数々出ているため、パスタ専門店に行かずして簡単にからすみパスタを自宅で楽しめる時代になってきたといえるだろう。

結論

なかなか手に入る食材ではなかったからすみだが、近年はパウダーや瓶詰など比較的リーズナブルに購入できる商品も多くなった。店でしか食べられなかった高級なパスタが自宅でも堪能できるのであれば、少し背伸びしてでもからすみを手に入れてみてはどうだろうか?
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ