このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

高級食材からすみを美味しく食べるための保存方法を知ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年10月23日

高級食材として認知度が高い食材の1つであるからすみ。そのため、手に入れたときには傷んで処分しないためにも、正しい方法で保存することで最後まで美味しく食べたいところである。そこで、今回はからすみを正しく保存するための方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. からすみの正しい保存方法

からすみはボラの卵巣であり、販売されるときには卵巣の形のままで一腹もしくは二腹の形であることが多い。そのため、一度に食べきるということがなかなか難しい。そんな場合には正しく保存をして数回に分けて楽しむことがおすすめである。ただし、それには、正しく保存をすることが必要になってくる。保存方法によってからすみを美味しく食べることができる期間も異なってくるので、詳しく紹介していこう。

常温保存も可能ではあるが...

からすみはその保存性を高めるためにも製造過程で塩漬けを行う。塩分濃度の高い食材であるので、あまりおすすめというわけではないが、未開封の場合であれば、常温で保存することも可能である。常温での保存の場合の目安期間は1週間~10日ほどである。ただし、梅雨や夏期などの高温多湿になってしまう環境下においては、生の魚の加工品であることから、常温保存は避けたいところである。

2. 冷蔵保存がおすすめ

からすみを保存するのに一番おすすめの方法は冷蔵保存である。一般的に、店で購入するからすみのほとんどは真空パックに包装されている。購入後、すぐに食べないという場合に関しては、未開封のままで冷蔵保存することがおすすめである。
食べるときにはまず、1回に食べる分だけ綺麗な包丁でカットしてから、残りの部分を空気に触れないようにラップで包んで、密閉袋などに入れてから冷蔵庫で保存しよう。
ただし、一度カットしてしまったものは切り口の部分がどうしても乾燥して固くなりやすいので、早く食べきるのがベストである。
未開封で冷蔵保存しているからすみに関しては、約1年以内であれば美味しく食べることができる。ただし、開封してしまったものに関しては、1ヶ月以内に食べきることがおすすめである。
からすみは塩漬けして作る加工食品であるので、保存過程において、塩が結晶として表面に出てくることがある。これは味を左右してしまうものではないので、乾いた布などで拭きとれば問題ない。

3. 冷凍保存しても美味しく食べることができるからすみ

からすみは、真空パックをされているもので、未開封であれば、約1年はもつといわれているが、1~2ヶ月以内で食べる予定がない場合に関しては、真空パックに入ったまま冷凍保存することもおすすめである。
もし、一度開封してしまい、残りをすぐに食べきる予定がない場合は、ラップで全体をしっかりと包んでから空気に触れないようにし、密閉袋に入れて冷凍庫で保存するのがよい。その場合は目安として1年以内には食べきることをおすすめする。
ただし、一度解凍してしまったものに関しては、再び冷凍してはいけない。再冷凍は味や風味を落としてしまう原因でもあるので、注意が必要である。

4. からすみを美味しく食べるための正しい解凍方法

冷凍保存しておいたからすみを美味しく食べるためのポイントは、時間をかけて冷蔵庫の中で自然解凍させることである。目安としては約1日かけて解凍するのがおすすめである。
もしくは、すりおろして使用する場合には凍ったままですりおろして使用するのもおすすめである。そして、凍ったままで、薄くスライスして軽く炙ってあげるのも美味しく食べる方法である。
急速に水につけての解凍や、常温での解凍は、水っぽくなったり傷んだりする原因にもなりうるので、美味しく食べるには正しく解凍することが大切である。
そして、一度解凍したものに関してはその日のうちに食べきるようにしよう。

結論

高級食材であるからすみは正しい保存をすることで、長く楽しむことができる。なかなか手に入れる機会も少ないからすみであるので、手に入れたときには、しっかりと保存し、いろいろなレシピでからすみを堪能してはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ