このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【いちご】について総まとめ!種類やカロリー・栄養・保存方法など徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年11月30日

真っ赤なカラーところんとした一口サイズのビジュアルがかわいらしいいちご。バラ科の植物であり、旬の時期にはスーパーでも手軽に購入できることから日本人にとっては最も身近で好ましい果物の1つといえるだろう。生でも、加工してスイーツにしても美味しいいちごについてもっと詳しく知りたいなら、ぜひこの記事をチェックしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. いちごのカロリーと糖質量

一粒一粒は小さく、ついパクパクとたくさん食べすぎてしまういちご。味は甘みが強いため、食べすぎたときのカロリーや糖質が気になるところだ。だが、意外にもいちごはりんごやみかんなどに比べると低カロリー、低糖質でダイエットにもよいということが本記事を読めばわかる。ただし、あくまでも生で食べる場合の話で、ジャムなどの加工食品は別途注意が必要だ。
この記事もCheck!

2. いちごの種類や特徴

そもそもいちごというのはどういう果物なのか。また、代表的な品種や日本においての歴史など、いちごについての豆知識を幅広く解説している。国民的フルーツといっても過言ではないほど日本中の人々に広く愛されているいちごだが、国内でもさまざまな品種が作られているので自分の好みの品種を知るためにもぜひチェックしてみてほしい。
この記事もCheck!

3. いちごの保存

いちごは生のままでは日持ちがしないため、なるべく早く食べなければならない。だが、熱を加えたり、ドライにしたりすることで、長期的にいちごの美味しさを楽しむことができる。この記事ではそんないちごの上手な保存方法を期間別に紹介。ひと手間をかけることで、形状や風味を変えてさまざまなレシピに応用が可能なことをわかりやすく解説する。
この記事もCheck!

4. いちごをスムージーやジュースに

いちごは生のままでももちろん美味しいが、手を加えることでますますその甘さが引き立つ果物だ。この記事では、いちごをスムージーやジュースにしてすっきり飲みやすいドリンクにするコツが紹介されている。牛乳を加えていちごミルク、バニラアイスを足していちごシェイクなど、まるでカフェのようなメニューが自宅でも味わえる。
この記事もCheck!

5. いちご大福のカロリー

いちごをあんこと餅で包んだいちご大福は、大人も子どもも大好きな日本独自のお菓子である。いちごの酸味とあんこの甘みが合わさることで奥深い味わいが生まれるいちご大福だが、気になるのはそのカロリーと栄養。ダイエット中にいちご大福を食べるのは控えたほうがよいのだろうか。また、カロリーオフして食べる方法など、節制中の人にとって必見の情報がまとめられている。
この記事もCheck!

6. いちごジャムの栄養やカロリー

いちごはジャムに加工するとぐんとカロリーがあがる。いちごそのものの糖度だけではジャムとしては物足りないので、砂糖を多量に投入して作らないと美味しいいちごジャムができず、必然的にカロリーが高くなるということだ。この記事ではそんないちごジャムの詳しい材料や、栄養について言及している。
この記事もCheck!

7. いちごの栽培方法

店で購入するものというイメージが強いいちごだが、環境さえ整えば家族だけの楽しみとして自宅でも栽培が可能な果物だ。ホームセンターや園芸店でプランターなどをそろえて、子どもと一緒に育ち方を観察するのも楽しい。うまく実ができたらみんなで収穫して、自家製ジャムやスイーツにして余すところなく味わおう。
この記事もCheck!

8. カレーの隠し味にはいちごジャム

この記事では、カレーの隠し味としてのいちごジャムについて紹介している。いちごジャム自体はとても甘みが強いので、晩ごはんのおかずとしてはあまり使用するイメージはない。だが、隠し味としてはちみつやチョコの代わりにカレーに入れることで、カレーにコクのある深い味わいを加えてくれるのだ。入れる際のポイントや、タイミングなどをわかりやすく知ることができるだろう。
この記事もCheck!

結論

いちごは日本人にとっては非常に身近な果物で、見た目も美しいことから食卓への登場回数も多い。生でももちろん美味しいが、ジャムやケーキ、ドライいちごなど、その応用力の高さも素晴らしい。また、カロリーや栄養面でも身体に優しく、まさに万能なフルーツである。ここで紹介した記事を読んで、ますますいちごを好きになってもらえると嬉しい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ