このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【カニ鍋】に合う具材の選び方とは?定番やおすすめの具材も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2019年12月27日

カニ鍋はカニの脚がたくさん入っているという印象が強く、ほかにどのような具材が入っているか、思い出しにくいかもしれない。具材の組み合わせは豊富だが、おおむね定番といえる具材の組み合わせも存在する。本記事では、カニ鍋に使われる具材について、定番やおすすめも含めて紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カニ鍋にはいくつかの種類がある!

カニ鍋には、厳密にはいくつかの分類がある。それぞれ、味付けや食べ方が異なるため要注意だ。

カニすき

スープの味付けが濃い。鍋から取って、そのまま食べる。

カニちり

スープの味付けが薄い。ポン酢などを付けて食べる。

カニしゃぶ

かにを使ったしゃぶしゃぶ。このうち、カニすきとカニちりにはおおむね同じ具材が使われる。つまり、両者は食べ方によって分類されているといえる。また、カニしゃぶは通常のしゃぶしゃぶとは違い、スープにカニ以外の具材を入れっぱなしにすることもある。具材自体もカニすき、カニちりと明確に違うといえるものはなさそうだ。したがって、食べ方による分類はあるものの、使われる食材は三者とも似通っている。以下、具材については「カニ鍋」とひとくくりにして考える。

2. カニとの組み合わせを楽しむ!カニ鍋の基本の具材

カニ鍋の具材は多岐に渡るが、おおむねカニと、鍋ものの一般的な具材からなる。基本的にはカニが主役で、ほかの具材はカニの風味を消さないようにバランスを取って入れることが多い。

カニ

カニはいくつかの種類が使われる。中でも、カニ鍋に一般的に使われるのはズワイガニだ。ほかに、タラバガニが使われることもある。ただ、タラバガニは足が太く殻も厚いため、下ごしらえがしにくい。一方ズワイガニは、殻が薄く下ごしらえがしやすいうえに、火が通りやすい。そのためズワイガニがよく使われていると考えられる。

野菜

カニ鍋の醍醐味のひとつは、カニをはじめとする具材の出汁が混ざり合うことだ。カニ鍋に使われる野菜は、香りや出汁がよく出るものが多いといえる。たとえば、しいたけや春菊がよく使われるほか、長ねぎやしょうがなどの香味野菜も入ることが多い。カニの出汁との組み合わせにより、複雑で豊かな味を楽しむことができる。

豚肉や鶏肉が少し入ると、カニとの面白い組み合わせを味わえる。意外と相性はよいのだ。肉類は、基本的に脂肪が少ないあっさりしたものがおすすめだ。豚肉の赤身や、鶏もも肉・むね肉などとカニの相性がとくによい。

魚介類

カニ以外に、ほかの魚介類を入れても美味しい。たとえば、たらのような淡泊な味の魚は、カニとの相性がよい。しかし、あまり魚介類の量が多いと、カニの香りを打ち消してしまうおそれもある。たとえば牡蠣のような、香りの強い具材を入れるのは要注意だ。主役はあくまでカニだ。

3. カニ鍋の具材は、スープの味に応じてアレンジ可?

仮にカニ鍋の味を濃くする場合、合う食材、とくに野菜のラインナップが変わってくる。薄味のスープだと香味野菜が中心だろうが、濃いスープでは、より歯ごたえのある、また味の濃い具材が合いそうだ。たとえば、ラーメンの具としてありそうなキャベツやもやし、にんじんなどが合う野菜として挙げられる。もちろんこれらを薄味のスープに入れてもよいが、主張が少し強過ぎるかもしれない。
逆に、適切な組み合わせを選ぶことができれば、カニとの新しい組み合わせを楽しむことができるだろう。スープの味のほかにも、たとえばカニの種類や肉の量などによって、合う具材が変わってくるかもしれない。試行錯誤の余地がありそうだ。

結論

カニ鍋にはいくつか種類があるが、使われる具材はおおむね共通だといえる。基本的には、カニの出汁との組み合わせを楽しめる具材を入れるのがおすすめだ。香味野菜を中心に入れておけば間違いはないだろう。味付けの濃さによっては、もっと味の主張が強い具材を入れてもうまく釣り合うかもしれない。いろいろな組み合わせを試してみるのもよいだろう。カニ鍋を存分に楽しんでいただければ幸いだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ