このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

飲むだけじゃない!甘酒を使った料理とおすすめアレンジを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年1月 2日

ただの嗜好飲料ではなく、その効果にも注目が集まっている甘酒。甘酒はただ飲むだけではなく、料理やお菓子にも活用できる優れものだ。甘酒が大好きなのでもっと活用したいという人はもちろん、アルコールが気になって普段飲む機会がないという人も、甘酒のアレンジ料理を作ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 甘酒をアレンジした料理にはどのようなものがある?

甘酒は名前の通り甘みが感じられる飲み物だ。「料理と合うのか?」と気がかりかもしれないが、心配は無用。甘酒の甘みは、料理に欠かせない調味料であるみりんや砂糖などの代用として考えてみるとよいだろう。

甘酒のアレンジにおすすめの料理は、スープや鍋などの水分の多いものだ。甘酒をたっぷりととれるので甘酒好きにもおすすめである。そのほか、肉や魚の下味に活用したり、砂糖の代わりに甘酒を使って漬物やマリネを作ったりといろいろなアレンジが楽しめる。

隠し味として甘酒を使えば、普段の料理に変化をつけられる。イベントや持ち寄りパーティーなど、人に料理をふるまう機会があるときは甘酒を使っていつもの料理をグレードアップさせてみよう。

2. 甘酒を使ったアレンジ料理の作り方

それでは実際に、甘酒を使ったアレンジ料理の作り方を見ていこう。

・かぼちゃのポタージュ

洋風のポタージュに甘酒を合わせてみると、意外な美味しさが楽しめる。材料にはかぼちゃと甘酒、牛乳、コンソメを使う。かぼちゃは茹でるか電子レンジで加熱して、熱いうちにマッシャーでつぶす。鍋に甘酒と牛乳を入れてコンソメで味を調えたスープに、かぼちゃのペーストを溶かしながら混ぜて完成だ。暑い時期であれば冷蔵庫で冷やした冷製スープもおすすめだ。

・甘酒鍋

味噌ベースの汁に米麹の甘酒を加えて作る鍋も美味しい。鮭やジャガイモを具材として使うと見ためは石狩鍋のようであり、甘酒はコクアップに役立つ。味噌味にこだわらず、いろいろな味の鍋に甘酒を足して作ってみるのもまた楽しい。

・甘酒ごまドレッシング

すりごま、ごま油、砂糖、酢を合わせ、甘酒をプラスすれば自家製甘酒ごまドレッシングの完成だ。さっぱりとした風味が好みなら砂糖を抜いて作ってみよう。ごまの香ばしさと甘酒のコクがマッチして、野菜の美味しさを引き立ててくれる。

・鶏肉の漬け焼き

米麹の甘酒を下味に使うと鶏肉がふっくらと仕上がる。焼くだけではなく、煮たり揚げたりするときも甘酒に漬けてひと手間かけると柔らかくなるのでおすすめだ。
鶏もも肉を甘酒と醤油を合わせたものに漬けてから焼けば、やわらかい鶏肉の漬け焼きとなる。漬け置く時間は10分以上が目安だ。焼くときはフライパンまたはオーブンを使って加熱をする。

3. 甘酒は料理だけじゃない!甘酒をアレンジしたお菓子の紹介

お菓子はホームメード派という場合には、甘酒を使って普段とひと味違うお菓子を作ってみよう。

・蒸しパン

本来であれば蒸しパンを作るときには牛乳を加えるが、代わりに甘酒を使って作るとふんわりとしたよい香りが漂う。ホットケーキミックス、サラダ油、甘酒を混ぜ合わせて、マフィン用のカップの半分程度まで注ぐ。500Wの電子レンジで6〜7分加熱すれば完成だ。サツマイモやかぼちゃ、甘納豆などをのせると見栄えもよい。便利なホットケーキミックスを使って作れるので、お菓子作り初心者でも失敗しづらい。

・甘酒プリン

甘酒でプリンを作るのもおすすめだ。卵と砂糖を合わせて混ぜ、ザルなどで濾してから豆乳あるいは牛乳を加えて卵液を作る。甘酒を注いでよく混ぜ、耐熱性のココットなどに入れ、オーブンで蒸し焼きにする。粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れて冷やし、完成だ。カラメルがなくても十分に美味しい。

結論

甘酒はただ飲むだけではなく、料理やお菓子にアレンジして使える。健康面で甘酒をとり入れてみたいが飲むのが苦手だという人は、普段の料理に使ってとり入れてみてはいかがだろうか。同じ料理でも、調味料を変えるだけでいつもと違った味わいを楽しめる。甘酒アレンジを極めて、料理上手になろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ