このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【焼肉】をもっと美味しく食べるための心得!8つのポイントとは?

【焼肉】をもっと美味しく食べるための心得!8つのポイントとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月29日

ちょっと奮発した家食や外食メニューとして定番の焼肉。焼肉は子どもから大人まで幅広い年代に人気があり、最近では大勢で食べる派と一人で食べる派など食べ方にも変化が生まれている。そこで今回は焼肉について深掘りしてみたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しい焼肉を作るコツはある?

一口に焼肉といっても店と自宅とでは機材も違えば食材の種類も違ってくる。本格的に焼肉を楽しむのであれば食材の品質や切り方、下ごしらえにも注意が必要だ。食材の選び方や下ごしらえに使用する調味料なども気を抜くことができない。しっかりと下味をつけたい場合や肉を柔らかくしたい場合は前日からの仕込みも効果的だ。
この記事もCheck!

2. 食べる順番が大切!焼肉のルール

焼肉は食べる順番が大切だと耳にしたことはあっても、しっかり実行している人は少ないだろう。食べたいものを順番に食している人も多いだろうが、理想は口の中を徐々に濃い味にしていく食べ方である。脂身の少ないタンや塩味、レモンで食べられるものからがおすすめだ。順番が面倒だという場合は、食事の前半と後半であっさり系とこってり系で肉の種類を分けてみるのもよいだろう。
この記事もCheck!

3. 焼肉にピッタリな副菜やスープ

焼肉を楽しむうえで重要な副菜。肉が好きだからといっても副菜がなければ味気ない焼肉になってしまう。焼肉の味を引き立たせるような副菜や口の中をリセットできるスープを合わせることでより美味しい焼肉が楽しめるはずだ。定番のキムチやわかめスープ以外にもタレを数種類そろえてみるのも面白いだろう。また、焼きトマトや長芋ステーキなど単品で美味しいサイドメニューを同じ鉄板で作るのも一興。
この記事もCheck!

4. ダイエット中の焼肉の食べ方とは

使用する肉の部位で各々味や食感が違うように、カロリーにも差がある。お腹の贅肉が気になりつつも焼肉を欲してしまう場合は、カロリーの低い肉を中心にヘルシーな焼肉をしてみてはどうだろう。
焼き網で油を落としたり、塩やレモンを使ったりすればあっさりと食べられるのでダイエット中でも罪悪感なく焼肉が楽しめるはずだ。
この記事もCheck!

5. 焼肉の〆のクッパとビビンパの違い

焼肉をしたあとに無性に食べたくなるクッパやビビンパは、シメメニューの定番だ。クッパもビビンパも両方とも同じ韓国生まれの料理。ふたつの決定的な違いは汁気があるかどうかだろう。焼肉を食べてあっさりとしたシメを好むなら優しい出汁が効いたクッパがおすすめだ。しっかりとごはんが食べたいという場合には野菜もたっぷり摂れるビビンパがよいだろう。
この記事もCheck!

6. 焼肉の定番部位の違い

焼肉の人気部位であるカルビ・ロース・ハラミ。それぞれに違った旨みがあり、甲乙つけがたい部位だが、その違いを明確に説明できるだろうか。カルビはあばら骨周辺についている肉のことで、脂身と赤身のバランスがよい。ロースはカルビよりも脂が少なくヘルシーなのが特徴だ。ハラミは旨みが凝縮された部位でホルモンに分類される。
この記事もCheck!

7. 家焼肉はグリルで美味しく焼きあげよう

家焼肉のときは専用の焼肉グリルを使うと、店さながらのあっさりとした焼肉が楽しめる。肉の脂を落としながら焼けるのがポイントだ。焼肉専用なのでほかのホットプレートに比べてコンパクトで扱いやすい特徴がある。また、最近では家に焼肉のにおいがつきにくい無煙タイプの焼肉グリルが人気。
この記事もCheck!

8. 焼肉で腹痛!その原因と対処法

美味しい焼肉を食べたあとに激しい腹痛に襲われた経験はないだろうか。その原因は脂分の摂りすぎによる消化不良や単に食べすぎというケースもある。人によっては付け合わせのニンニクの成分に反応する場合もあるそうだ。また、焼きが甘いと菌が死滅せずに腹痛を引き起こすこともある。万が一焼肉後に腹痛の症状が出た場合は、速やかに病院で原因を究明し、対処してもらいたい。
この記事もCheck!

結論

焼肉は肉を焼いて食べるというシンプルな料理だが、素材や食べ方、部位など意外とこだわるポイントはたくさんある。いままでの焼肉にマンネリを感じているのであれば、こだわりポイントを磨いて、より美味しい焼肉を堪能してもらいたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >