このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

とろとろの【豚の角煮】を作るには?基本の作り方やアレンジをおさらい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年1月10日

とろとろの食感と食べごたえのある味わいで人気の豚の角煮。レストランなどでオーダーすれば簡単にとろとろ食感が楽しめるが、自宅ではなかなか再現できずに苦戦することも多いだろう。そこで、今回は豚の角煮をとろとろに仕上げる基本的な知識やアレンジレシピ、豚の角煮にぴったりな献立などを一挙に紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚の角煮におすすめの部位

豚肉にはさまざまな部位があるが、豚の角煮のようにとろとろになるまで煮込む料理にはバラ肉が向いている。あばら骨部分の肉で、赤身と脂肪が重なり合う見ためから三枚肉と呼ばれることもある部位だ。旨みが凝縮されており、豚の角煮のほかにも豚汁や炒め物にも合う。さっぱりとした豚の角煮が好みなら、脂肪分が少ないモモ肉がおすすめだ。
この記事もCheck!

2. 豚の角煮を作るならどの鍋を使う?

豚の角煮を作るには、ごく普通の鍋や圧力鍋、炊飯器が代表的な調理器具だろう。普通の鍋を使う場合は、熱伝導率がよい厚みのある鍋を使うことが重要だ。圧力鍋は調理時間が短縮でき、柔らかくよく味のしみ込んだ角煮が簡単にできる。炊飯器は、火を使わずにスイッチ一つで美味しい角煮ができる手軽さがメリットだろう。
この記事もCheck!

3. とろける豚の角煮の作り方

豚の角煮を作る際、まず重要なのが素材選びだ。主役である豚肉は、赤身はピンク色、脂はなるべく白いものを選ぶのがコツ。豚肉をスライスして米のとぎ汁で茹でれば、柔らかい食感に仕上がる。下茹でしたら軽く表面の油を洗い流し、醤油や砂糖などの調味料とじっくり煮込もう。30分ほど煮込んだら冷まして味をしみ込こませ、再び温めて完成だ。
この記事もCheck!

4. 豚の角煮のさまざまな味付け

豚の角煮に日本酒やビール、ウィスキーを加えて作ればいつもと違った味わいが楽しめる。さらに、パクチーやパセリなどの香味野菜をプラスすることで、より深い味わいを引き出すことが可能だ。梅干しをプラスすれば臭みの少ないさっぱりとした角煮ができあがる。味噌や甘酒などの発酵食品を加えると、旨みがより引き立つ角煮が楽しめるだろう。
この記事もCheck!

5. 豚の角煮の正しい保存方法

豚の角煮を上手に保存するには、雑菌を繁殖させないためにしっかり冷ますことが大切だ。冷蔵庫で保存する場合は、煮汁ごと器に入れ、ラップで空気をシャットアウトしよう。冷凍保存する場合は、密閉できる袋に豚の角煮を煮汁ごと入れて空気をしっかり抜き、急速冷凍させる。冷蔵保存は4日程度、冷凍保存は1ヶ月程度で食べきるのが好ましい。
この記事もCheck!

6. 子どもと作る豚の角煮のアレンジメニュー

豚の角煮をたくさん作っておけば、簡単にさまざまなアレンジメニューが楽しめるため、子どもと一緒に料理するのにも重宝する。豚の角煮をチャーハンやラーメンの具材にするのもよいだろう。チャーハンの器をパイナップルにして、ナッツなどをトッピングすればエスニックな味わいが楽しめる。残った煮汁で茹で卵を煮るのもおすすめだ。
この記事もCheck!

7. 豚の角煮に合う献立

肉の味わいが存分に楽しめる豚の角煮に、魚介系の出汁を使った茶わん蒸しを合わせると、贅沢な献立ができあがる。また、ほんのりと甘いかぼちゃの煮付けも、豚の角煮と相性がよい。野菜が不足しがちな豚の角煮に、もやしやきゅうりなどが入ったバンバンジーを合わせるのもよいだろう。汁物であれば、具材が豊富なけんちん汁がおすすめだ。
この記事もCheck!

8. 豚の角煮をカロリーオフする方法

ダイエット中などでカロリーが気になる場合、豚肉の脂部分をできるだけ取り除いてから調理するとカロリーを低くすることができる。脂が多いバラ肉ではなく、モモ肉に変えるのも、カロリーオフする方法のひとつだ。煮込む前にグリルで焼いて、余分な脂を落としておくのもよいだろう。それでもカロリーが気になる場合は、カツオなどの魚で角煮を作る方法もある。
この記事もCheck!

結論

とろとろの食感がやみつきになる豚の角煮。基本の作り方を覚えて、簡単なアレンジから凝ったアレンジまで、さまざまな味わいを楽しんでみてほしい。ダイエット中でも、ひと工夫凝らした豚の角煮を作ってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ