このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【水炊き】美味しく作る知識まとめ。具材の選定からアレンジ方法まで

【水炊き】美味しく作る知識まとめ。具材の選定からアレンジ方法まで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 2日

数ある鍋物の中でも「水炊き」は、シンプルだからこそ、調理方法や材料の選定にこだわることで旨みや美味しさが際立つ鍋料理である。この記事では、水炊きをより美味しく作るコツや水炊きにマッチする具材の紹介のほか、鍋の〆やタレのアレンジ方法に関する記事を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しい水炊きを作るための方法とは

水炊きは「水で具材を煮る」というシンプルな調理方法のため、素材の味がダイレクトに出やすい料理だ。具材にこだわることで、鶏肉の旨みや野菜の旨みが溶け込んだ絶品スープが完成する。水炊きに入れる具材に決まりはないが、鶏肉から出る旨みたっぷりの出汁がしみやすい白菜や長ネギ、水菜などを使うとよい。より一層美味しい水炊きを味わうことができる。
この記事もCheck!

2. 水炊きに入れると美味しい具材は?

水炊きに使う具材にセオリーはない。各々が好きな野菜や肉などを入れられるという点が魅力だ。鍋物は冬場に食する人が多いため、冬が旬の野菜を使う場合が多いかもしれない。しかし、いつも同じ具材ばかり使っていると飽きてしまう恐れもある。そんな時は、あっさりとした味わいの白身魚や、春菊などコクが特徴の野菜を使うという手も。ぜひ一度試してみてほしい。
この記事もCheck!

3. 「映える水炊き」を作るコツ

鍋料理は野菜がたくさん摂れるため、さまざまな種類の具材を入れる人も少なくないだろう。しかし、映える鍋も作ってみたいという願望を持つ人もいるに違いない。見栄えのよい水炊きの秘密は、厳選した3つの具材だ。中に入れる具材の数を絞ることで、驚くほど洗練された味わいに変化する。メインの具材を決め、あとは旬の野菜をチョイスしよう。これで「映える水炊き」の完成だ。
この記事もCheck!

4. 水炊きは出汁にこだわろう

水炊きは素材の味わいが出やすい料理なので、出汁が味の決め手となるといってもよいだろう。日本人が最も多用する出汁は主に「昆布」「かつお」「煮干し」の3種類があるが、それぞれに正しい出汁の取り方がある。正しい出汁の取り方を知っておくことで、より味わい深い水炊きになる。出汁の取り方をマスターして、美味しい水炊きを味わおう。
この記事もCheck!

5. 水炊きをよりヘルシーに食べる方法

水炊きは野菜がたくさん入っているからヘルシーかと思いきや、1人前はおよそ350kcalとそれなりにカロリーはある。食べ過ぎないように注意したい。よりヘルシーに食べるには、しらたきなどカロリーの少ない具材を増やすとよい。カロリー制限中でも美味しく食べられるだろう。また、タレにも着目しよう。あっさりとした味になるめんつゆのほか、オーソドックスなポン酢など、タレにも気を使うとヘルシーな水炊きとなる。
この記事もCheck!

6. 水炊きの〆!雑炊のアレンジ

鍋を食べ終わったあとのお楽しみである「〆」。もちろん、水炊きでも〆は可能だ。ごはんを投入するだけで、雑炊になる。シンプルな雑炊をアレンジして食べる方法もある。溶き卵を流し入れた卵雑炊は手軽にできる。また、鶏ガラスープの素をプラスして中華風に仕上げる、トマトソースを入れてトマト雑炊にするのもアリだ。
この記事もCheck!

7. 水炊きを食べたあとのスープを保存するには?

鍋を食べ終わったあとにする〆だが、鍋だけでお腹いっぱいになり、スープが残ってしまうこともあるだろう。実は、残ったスープは数日なら保存がきく。おすすめの保存方法は冷蔵保存だ。タッパーやジッパー付きの保存袋に入れて冷蔵庫で保存しよう。使いきりの目安は4~5日程度。これで翌日以降の料理に活用できる。冷凍庫での保存もOK。1ヶ月を目安に使うようにしよう。
この記事もCheck!

8. 水炊きにピッタリ!タレのアレンジ

水炊きを食べる際に使うタレの定番ともいえる「ポン酢」。しかし、食べる直前になって「きらしていた!」と気付いた経験がある人もいるのではないだろうか。だが、慌てるなかれ、ポン酢の代用タレは冷蔵庫の中にある調味料で簡単に作ることができる。「酢醤油」や「醤油+柑橘系の果汁」などはポン酢に近い味わいでおすすめ。アレンジ次第で新しい味わいになるので、さまざまな調味料でチャレンジしてみよう。
この記事もCheck!

結論

水炊きはシンプルな調理方法のため、素材の旨みがダイレクトに味わえる鍋料理だ。好みの野菜を入れる、タレにこだわるなど、アレンジがしやすい料理でもある。今回紹介した記事を参考に、さまざまな方法でより美味しい水炊きを楽しんでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >