このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コーヒーサーバーの選び方とは!導入メリットと選ぶときのポイント6選

コーヒーサーバーの選び方とは!導入メリットと選ぶときのポイント6選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:東京農業大学 醸造科学科 教授 前橋健二(まえはしけんじ)

2020年4月 7日

コーヒーを楽しむ為に無くてはならない便利なアイテム「コーヒーサーバー」。抽出したコーヒーを留め、サーブするコーヒーサーバーは、保存に便利なのはもちろん、コーヒーの味や濃さを均一にするという役割もある。コーヒーサーバーの役割や選び方のポイントについて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーヒーサーバーはなぜ使う?

コーヒーを淹れるのにコーヒーサーバーを使わず、カップに直接ドリップすることも多いかもしれない。
しかし、コーヒーサーバーは意外と重要なのだという。ここではコーヒーサーバーの重要性について解説しよう。
  • 沸騰したお湯を短時間で最適な温度に下げることができる
    おいしいコーヒーを抽出するお湯の条件は85〜90℃あたりとされる。抽出するお湯の温度が高いと苦味が強く出やすいため、沸騰させたお湯をいったんコーヒーサーバーに移してからドリップポッドに移すことで素早く適温まで下げることができる。お湯の温度で抽出液の味が変わるため、コーヒー豆によってもおいしいと感じる温度を厳密に調整するとよいとされる。
  • 抽出量が安定する
    ガラス製のコーヒーサーバーには目盛りがついているものも多く、抽出された量が一目瞭然。カップが毎回変わりいつも目分量でコーヒーを淹れている場合は味もまばらになりやすい。抽出量を均一にすることで味が安定することもある。
    抽出した珈琲の濃度を簡単に均一にできる
    抽出したコーヒーははじめから終わりまで味も均一ではない。一度コーヒーサーバーに落としたのち、コーヒーサーバーをくるくると動かしてコーヒーの味を均等にする。

2. コーヒーサーバーの選び方1

一口にコーヒーサーバーといってもいろんな素材、形状、容量のものがあり、自分に合ったものを選ぶ必要がある。選ぶときに考慮してほしいポイントは以下のようなものだ。
  • 容量はどのくらい必要か
  • 中まできれいに洗えるか
  • 目盛りはあるか
  • 収納場所に入るサイズか
  • 保温性はあるか
  • 温めなおしはできるか
  • ドリッパーをすでに持っている場合はドリッパーと合うかどうか
  • デザインは気に入っているか
などなど。具体的には素材も重要だ。
I. 容量
コーヒーがカップ1杯約140cc程度とすると、例えば一度に5杯分を入れる場合には700ccが必要だ。大は小を兼ねるとはいうが、カップ1杯~2杯に対して大きなコーヒーサーバーを使うことで、コーヒーを淹れたそばから冷めやすくなってしまう。相応の大きさを選ぶようにしよう。また、収納する場が限られている場合は、全体のサイズ感や形なども精査しよう。
II. 素材
耐熱ガラスやステンレスが主流となっている。ガラス製のコーヒーサーバーは中が見やすく温めなおしができるものが多い反面、特にガラスが薄い製品は誤って割ってしまうこともしばしば。一方ステンレス製のコーヒーサーバーは耐久性抜群だ。価格は高いものの、保温機能がある製品も人気が高い。

3. コーヒーサーバーの選び方2

III. 衛生面
意外と忘れがちなのが衛生面。気に入ったデザインがあってもきれいに洗えなくては使いづらいものであるといえよう。きれいに保ったコーヒーサーバーはコーヒーの味を悪くする雑味も入りづらい。耐熱性のあるものは食器洗浄機で洗えるものもあるが、中までスポンジを入れてしっかりと洗えるものや、取っ手部分がはずせて別々に洗えるものが衛生面では優れている。
IV. 保温性
保温性を重視して二重構造になっているステンレス製のものや、ガラス製であるものの接地面を少なくデザインして少しでも冷めにくい形状になっているもの、保温カバーをつけられるものなどもある。
V. 温めなおしはできるか
すぐにコーヒーを飲まないことも多いは場合、温めなおしができるかどうかも重要だ。耐熱ガラス製は電子レンジでの温めなおしOKなものも多数ある。前世代で多かった直火による温めなおしができるコーヒーサーバーは非常に数が減ったため、強化ガラス製のものなど直火が可能であるものはポイントが高いといえよう。
VI. セットもの
これからコーヒーを淹れる道具をそろえる人なら、コーヒーサーバーとドリッパーのセットもおすすめだ。別々に買うよりもだんぜんデザインや大きさ形もしっくりくる上、金額もお手頃におさえられる。

結論

カップに直接ドリップをしている方はぜひコーヒーサーバーを使ってみてほしい。コーヒーサーバーにはコーヒーの味を均一に仕上げる効果もあるのだ。ドリッパーをすでに持っている場合は、コーヒーサーバーがドリッパーに合うかどうかも重要になるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >