このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【たたき】と言えば魚か牛か?美味しく食べるための雑学

【たたき】と言えば魚か牛か?美味しく食べるための雑学

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 2日

「たたき」と聞くと、「カツオのたたき」や「牛肉のたたき」などのメニューが頭に思い浮かぶ人は多いだろう。たたきとは日本料理の調理方法の一種であるが、具体的には異なる調理方法が用いられ、同じたたきと名がついていても全くの別物ということがある。今回は主に魚料理のたたきと肉料理のたたきについて、過去に紹介した豆知識をピックアップして紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 高知県の鰹のたたき

鰹のたたきとは、鰹を節ごとに切り分け、表面のみ炙って冷やしてから刺身のように切り、薬味やタレといっしょに味わう調理法。別名「土佐造り」と呼ぶように、高知県の郷土料理として有名だ。高知県は鰹の年間消費量が全国でも圧倒的に多く、良質で美味しいたたきを食べることができる。そんな高知の特産品について歴史とともに解説している。
この記事もCheck!

2. 刺身とたたきとお造りの違い

生で魚を食べる国というのは世界的に見て珍しいとされている。日本では刺身、お造り、たたきなど、似たようなルックスの生魚メニューは多くあるが、それぞれ一体どのような違いがあるのだろうか。この記事では日本の文化ならではの言葉選びや調理上の工夫などの料理の歴史を交えながら、日本人が生魚料理の調理法を確立してきた経緯をご紹介する。
この記事もCheck!

3. 牛たたきのカロリー

ひんやり柔らかな食感がたまらない牛のたたき。火を通すのは表面のみで、中のほうは生のままで味わうというのが特徴だ。ローストビーフも一見似た料理のようだが、こちらは低温でじっくりと中まで火を通し、温かい状態で食べる調理法。たたきは、「牛肉の刺身」のようなイメージでいるとわかりやすい。そんな牛のたたきのヘルシーな食べ方や、カロリーについてを紹介している。
この記事もCheck!

4. 鰹のたたきのカロリー

鰹のたたきは一度食べ始めるとついつい箸が止まらなくなってしまう独特の美味しさがあるが、一体そのカロリーや栄養素はどのようなものなのだろうか?それは使用される鰹がどの時期に漁獲されたものなのか、どんな薬味やタレといっしょに食べるのかということで多少変わってくる。さらに、食材としては低糖質な鰹のたたきをもっとカロリーオフして食べるためのコツもあわせて解説。
この記事もCheck!

5. フライパンで作る鰹のたたき

鰹のたたきの本場である高知県では、鰹の香ばしさを引き出し臭みを消すために藁で表面を焼くという調理法が有名だ。一般家庭ではなかなか真似できない方法だが、実は工夫しだいで家のフライパンでも本格的な鰹のたたきに近づけることができる。ポイントは焼く際の下準備と、藁のように香りづけをすること。ぜひ記事を参考にやってみてほしい。
この記事もCheck!

6. ステーキ、ローストビーフ、牛たたきの違い

人が集まるパーティーなどでメインとして出したい肉料理。ステーキ、ローストビーフ、牛たたきなどのごちそう感あふれるラインナップが定番だが、これらはそれぞれどのような違いがあるのだろうか。見た目には似ている料理だが、実は火の通し具合が最大の相違点だ。しっかり違いを理解しておくことで、シーンに適したおもてなしができるはずだ。
この記事もCheck!

7. 鰹のたたきのアレンジ

鰹のたたきを買ってきたり、上記で紹介したように自宅で調理したりして余ってしまった場合のアレンジ方法をご提案。一風変わったアボカド和えや、角煮、照り焼きなど趣向を変えて鰹の味を楽しむためのレシピをご紹介している。たたきのままで食べるというよりは、魚の切り身としてとらえるほうが、幅広いアレンジに使えるといえそうだ。
この記事もCheck!

結論

たたきの代表格である、鰹のたたきと牛たたきについてのあれこれについていろいろな記事をご紹介した。どちらも共通しているのは、ほとんど生の状態の味わいを楽しみ、刺身のような感覚で食べられるということだ。付け合わせの薬味などによってさらに旨みが広がるので、ぜひ自宅でも魚、牛、両方のたたきメニューに挑戦して食べ比べてみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >