このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【バーベキュー】の基礎知識8選!おすすめレシピやソースの作り方

【バーベキュー】の基礎知識8選!おすすめレシピやソースの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年2月22日

バーベキューは肉や野菜をその場で焼き、できたてを食べられるのが魅力だ。またダッチオーブンなどの調理器具を使用することで、蒸す・煮るなどの幅広い調理が可能になる。さらにソースを手作りすれば、オリジナルのバーベキューを楽しむこともできるだろう。では、バーベキューの基礎やおすすめレシピ、自家製ソースの作り方などを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. バーベキューの基礎知識(火起こし・網選び・食材選び)

バーベキューの基礎を紹介しよう。まず、火起こしに必要なものは木炭・着火剤・柄の長いライターなど。井の字に積み重ねた木炭の下に着火剤を置き、火をつけるのが基本である。次に網は、熱の伝導率が高く、手入れも簡単なステンレス製がおすすめだ。使用する際には、網に油や酢を塗っておくと、食材の付着を防ぐことができる。バーベキューの食材は、シンプルに焼いて美味しいものを選ぶのが鉄則。
この記事もCheck!

2. 焼くと美味しいバーベキューの食材とは?

バーベキューには、焼くと美味しい食材が適している。野菜なら、しいたけ・アスパラガス・なす・玉ねぎ・とうもろこしなど。火が通りにくい野菜は、ホイル焼きにするとよい。食材を網のうえで丸焼きにする場合、そのまま焼いてしまうと水分が蒸発して、美味しさを損ねてしまう。そこでおすすめなのが、野菜の表面にオリーブオイルを塗る方法である。オイルが水分を閉じ込めるので、ジューシーに焼き上げることができるのだ。
この記事もCheck!

3. 子どもも作れるバーベキューレシピ3選

バーベキューで、子どもも作ることができる簡単レシピを紹介する。未経験の子どもには、焼きおにぎり作りがおすすめだ。ごはんをラップに包んでにぎる工程は子どもでも簡単にチャレンジできる。肉料理なら、手作りソーセージがイチオシ。ソーセージのタネをポリ袋に入れてこねるので、子どもも楽しく調理ができる。そのほか、バーベキューで焼いた具材を巻いて作る、ブリトーもおすすめだ。
この記事もCheck!

4. ダッチオーブンで作るバーベキューレシピ3選

ダッチオーブンは主に焼く・煮る・蒸す、3つの機能を兼ね備えた万能調理器具である。ダッチオーブンで作る、ローストビーフ・スペアリブ煮込み・ダッチオーブン蒸しのレシピを紹介している。これらのレシピは、バーベキュー初心者でも簡単かつ美味しく作ることができるので大変おすすめだ。ちなみに調理時間は、ローストビーフとスペアリブ煮込みが約1時間、ダッチオーブン蒸しが約6分である。
この記事もCheck!

5. 自家製バーベキューソースを作るコツ

手作りバーベキューソースの食材として、玉ねぎ・にんにくは必須。そのほかリンゴや生姜などを加えて作る場合もある。すべての食材は、すりおろして使用する。美味しいバーベキューソースを作るコツは、なるべく多くの食材を使用すること。たくさんの食材を組み合わせることにより、味に深みやコクをプラスすることができる。またりんごの代わりにリンゴジャムを使えば、ジャム特有の甘みや深みのあるソースに仕上がる。
この記事もCheck!

6. バーベキューソースの保存方法

市販のバーベキューソースは、常温保存可能。ただし開封済みなら、冷蔵保存しよう。商品によっても異なるが、冷蔵庫で保存できる期間は数ヶ月~半年程度だ。自家製バーベキューソースの場合には、保存料が入っていないため冷蔵であっても保存期間の目安は1週間程度である。そのため大量のバーベキューソースを保存したい場合には、冷凍保存がおすすめだ。
この記事もCheck!

7. 市販のバーベキューソースのカロリーは?

バーベキューソースは、数多く販売されている。ソースの製造元によって原材料は異なるものの、トマトケチャップやウスターソースなどをベースとし、甘みをつける目的で砂糖やリンゴなどが含まれているものが多い。そのためカロリーは比較的高いソースといえるだろう。バーベキューソースを使った料理のカロリーを下げたいなら、鶏肉や魚介類などの低カロリーな食材を選ぶのがおすすめだ。
この記事もCheck!

8. バーベキューコンロの選び方・洗い方

バーベキューコンロは、四角いコンロに脚がついており、サイズによって4~10名で利用可能なスタンダード、焚き火台を使って座ってバーベキューを楽しめるロースタイルなど、さまざまなタイプがある。使用頻度や人数、機能性などを考慮して選びたい。また、鉄板が熱いうちに水をかける、網には事前に油を塗っておくなど、コンロ使用後の片づけをラクにするポイントも紹介している。
この記事もCheck!

結論

バーベキューは、丸焼きやホイル焼きなどの子どもでも作れるシンプルなレシピから、ダッチオーブンを使用した本格的なレシピまで、さまざまな料理を作ることができるのも醍醐味である。ぜひ、家族や友人と一緒にバーベキューを楽しんでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >