このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
日本発祥の【スフレチーズケーキ】を簡単に炊飯器で作る方法!

日本発祥の【スフレチーズケーキ】を簡単に炊飯器で作る方法!

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年3月19日

メレンゲによる独特のフワフワ感が特徴のスフレチーズケーキは、その発祥が日本とされている。そのため、ジャパニーズスタイルと形容されることも多い。また、チーズケーキの特徴である濃厚さは固持しながら、少し軽めの食味であるのも人気の秘訣といえるだろう。このスフレチーズケーキ、実は炊飯器で簡単に作ることができる。今回はスフレチーズケーキの作り方についてご紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スフレチーズケーキの特徴とは

チーズケーキと一口にいっても、種類は多々ある。スフレチーズケーキといってもぴんとこない人のために、その特徴を説明しよう。

日本人の口に合うように考案された

非常に古い歴史を誇るチーズケーキであるが、近代のそれはアメリカから普及したといわれている。もっともよく知られたベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、ニューヨークチーズケーキなど、チーズケーキにはさまざまな種類がある。そのなかで、スフレチーズケーキは日本で考案されたレシピであるのが特徴である。通常のベイクドチーズケーキよりも、軽やかな味わいが特徴である。ほかのチーズケーキと一線を画するのは、メレンゲを使って膨らませていることであろう。

湯せんで蒸し焼きにする

また、スフレチーズケーキはメレンゲが壊れないように混ぜたあとに、湯せん焼きをするという特徴がある。つまり、蒸し焼きの要素が入っているのである。そのため、数あるチーズケーキの中では、スフレチーズケーキは比較的上級者向きとされている。

2. スフレチーズケーキを炊飯器で作るときのコツ

煮込み料理からスイーツにいたるまで、炊飯器を使ったさまざまなレシピは近年よく話題になる。基本的には、材料を窯に入れてスイッチを押すだけなので、非常に気軽に簡単にできるのが炊飯器料理のメリットだ。少しばかり難しそうなスフレチーズケーキは、炊飯器を使ってどのように作るのか紹介しよう。

難しいのはそれぞれの炊飯器のクセ

スフレチーズケーキは基本的に、クリームチーズ、牛乳、バター、卵、小麦粉、砂糖が材料となっている。クリームチーズや牛乳、バターや小麦粉を合わせた生地と、メレンゲを混ぜたものを炊飯器の窯に入れてスイッチを押せばできあがる。原理は簡単だが、問題はそれぞれの炊飯器のクセを熟知するのに経験を要することだろう。3合炊きや5合炊きなど、それぞれの炊飯器の大きさやメーカーによっても焼きあがりが異なってくる。

基本的には、一度炊飯のボタンを押し、調理が終わったらふたをあけて中を確認する。まだ、生地が生っぽい場合には、もう一度スイッチを押して様子を見ながら調理する必要がある。

メレンゲの出来不出来もできあがりに影響

また、メレンゲを使用した菓子に共通したことだが、メレンゲがしっかりとできあがっているか、またクリームチーズの生地と混ぜる場合にメレンゲをいかにして潰さずにふっくらと同一化させたかが、スフレチーズケーキのできあがりを決めるといってよいだろう。
気軽にできる炊飯器によるスフレチーズケーキは、試してみることが大事である。数回経験を積めば、メレンゲの立ち具合、炊飯器の調理時間など自然に会得できるだろう。

3. ホットケーキミックスを使ってさらに手軽に

炊飯器を駆使して手軽にできるスフレチーズケーキは、来客時にも見栄えがするお菓子として重宝するだろう。さらに、ホットケーキミックスを使用すると、より少ない材料で美味しく作ることができる。この場合も、メレンゲはスフレチーズケーキの命であることに変わりはないので、メレンゲだけは手抜き厳禁だ。まんまると膨らむスフレチーズケーキ、抹茶味などにアレンジしても美味しい。が、クリームチーズとメレンゲの絶妙な食味は、それだけで美味しいおやつとなるのである。

結論

ジャパニーズスタイルと呼ばれるスフレチーズケーキは、日本人の美的感覚が生み出したスイーツといってよいだろう。オーブンを使うのは難しくても炊飯器を使用すれば手軽に作ることができる。何度か経験を重ねてコツさえつかめば、お店で食べるようなスイーツを自宅でも楽しむことができるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >