このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
プチおにぎりに挑戦しよう!SNSで人気の可愛い一口おにぎり!

プチおにぎりに挑戦しよう!SNSで人気の可愛い一口おにぎり!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年3月 4日

近年、何かと話題にのぼるのが「おにぎり」だ。そのよさが見直され、街にはおにぎり専門店が増えている。一方ではインスタ映えする「プチおにぎり」が大人気となり、SNS上では多くのフォト投稿が行われているのだ。手軽に作れておもてなしや行楽にぴったり、おしゃれな「プチおにぎり」に挑戦してみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おにぎり人気が到来

おにぎりといえば、我が国が誇る代表的なソウルフードである。ごはんに具を入れて握るだけの何の変哲もないおにぎりであるが、今何かと脚光を浴び話題となっている。

近年のおにぎり人気で、コンビニでのおにぎりの売れ行きも好調だ。各社が主力商品の1つとしておにぎりに力を入れており、次々と新商品が登場し、消費者を飽きさせることなく売り上げを伸ばしている。

街にはおにぎり専門店やおにぎりカフェが増え、家庭で作るおにぎりにも次々と新しいブームの波がきている。「おにぎらず」や「スティックおにぎり」など、SNSに連動して「魅せるおにぎり」が注目の的となっているのだ。従来のおにぎりでは具材はごはんに包み込まれ、おにぎりの見た目はすべて一緒であった。しかし最近話題となるおにぎりの共通点は、色とりどりなおかずでおにぎりが飾られていること。見た目がおしゃれで可愛い、インスタ映えするおにぎりに注目が集まっているのだ。

2. SNS上で人気の「プチおにぎり」

SNS上で人気が高くフォト投稿が多いのが「プチおにぎり」である。プチおにぎりとは1口サイズのおにぎりで、見た目はまるでプチケーキのように、具材で色鮮やかに飾られた新感覚おにぎりである。

2016年に原宿にオープンしたおにぎり専門店が、おしゃれなプチおにぎりの販売を始めたのがきっかけとなった。これまでのおにぎりの概念を覆す、その見た目のかわいさに驚きの声が殺到し、販売開始と同時にテレビや雑誌、ネット上で話題となったのだ。プチおにぎりを自作する人も続出し、現在、さまざまにアレンジされたプチおにぎりのフォトがインタグラムなどに投稿されている。

プチおにぎりの販売は、おにぎりを世界に広めたいという思いから始まったそうだ。これまでのおにぎりのスタイルを変え、外国人でも食べやすい具材を選ぶ。そしてあえて分かりやすく具材が見えるように作られたのがプチおにぎりである。いずれはSushiのように、Onigiriがジャパニーズフードとして、世界中の人に知られるようになる日が遠からず来るだろう。

3. 家でプチおにぎりを作ってみよう

ローストビーフやサーモン、魚介類、ハム、卵、野菜など、アイデア次第でさまざまな具材を使ってプチおにぎりを作ってみよう。小さく握ったご飯をこれらの具材で飾り、時には大胆な組み合わせで、オリジナルなプチおにぎりを作ってみてはどうだろうか。

手軽にでき見栄えのするプチおにぎりは、家でのおもてなしや行楽に最適だ。前菜としてアペリティフと一緒に味わうのもよし、肉や魚を具材とすればワインともよく合う。

休日に子どもと一緒に作ってみるのも面白い。どんなおにぎりにしようかとアイデアを練り、作っていく過程も楽しいのだ。作ったプチおにぎりはぜひ写真に残してみよう。プチおにぎりをインスタ映えさせる小ワザとしては、彩りのよい具材を選ぶのがおすすめである。おにぎりに遊び心を加えて家族や友人と一緒に楽しんでみよう。

結論

お弁当の主役として存在してきたおにぎりが、最近何かと脚光を浴びている。街中にはおにぎりカフェが増え、SNS上では色とりどりなおにぎりの写真が多く投稿されている。中でも今話題のプチおにぎりは、一口サイズに握ったごはんを具材で飾った新感覚おにぎりである。インスタ映えするプチおにぎりを、子どもと一緒に作ってみるのも楽しそうだ。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >