このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【洋梨】のスムージーのレシピ紹介!野菜やフルーツ、スパイスと組み合わせて美味しく飲もう

【洋梨】のスムージーのレシピ紹介!野菜やフルーツ、スパイスと組み合わせて美味しく飲もう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年4月 9日

芳醇な香りをたたえた「洋梨」。旬は秋から冬の季節にかけてで、国内で入手可能な品種数も増えてきている。追熟させると、まったりとしてとろけるような食感になり、ドリンク作りにも活用しやすい。相性のよい野菜やフルーツのほか、デザート感覚でいただける飲み物のレシピも紹介するので、ぜひ作ってみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洋梨のグリーンスムージー

グリーンスムージーを作る際、りんごの代わりに洋梨を使ってみるのがおすすめ。小松菜やほうれん草と洋梨、レモン汁、水を合わせるのが基本。セロリやきゅうりなどのみずみずしい野菜と合わせると、さらっとした飲み心地に。体がすっきりするような味わいで、目覚めの水分補給にもぴったりだ。また、水菜やチンゲン菜、ルッコラ、クレソン、ケールなどの葉野菜やキウイ、グレープフルーツなどの果物とも相性がよい。どの素材もざく切りにしてミキサーにかけるだけで簡単に作ることができる。熟してくると甘味が強くなるが、甘さが足りなかったら蜂蜜を加え調整しよう。

2. 洋梨のフルーティースムージー

洋梨といえば、洋梨のコンポートを思い浮かべる人も多いのでは。洋梨を、グラニュー糖、水、白ワインまたは赤ワイン、シナモンやスターアニス、カルダモン、クローブなどのスパイスと一緒に甘く煮たもので、フランスの家庭的なデザート。レストランでも提供されている。

ほかのフルーツでコンポートになるものとしては、桃、いちじく、キウイ、ぶどうなどがあり、これらはいずれも洋梨とスムージーにしても相性がよい。ミキサーに入れる際は、牛乳、ヨーグルト、豆乳、甘酒、アーモンドミルクなどを足し、とろみをつけたい場合はバナナを少し加える。酸味のあるブルーベリーやラズベリーをプラスしたり、飾ったりするとアクセントになる。

さらに、このフルーツスムージーの上に、グラノーラやドライフルーツ、ナッツなどを載せて食べると、栄養価もアップ。ドライフルーツのおすすめは、漢方薬にも使われるクコの実やナツメのほか、プルーンやレーズンで、ナッツではくるみやアーモンド、カシューナッツ、松の実、ひまわりの種などだ。緑色のピスタチオもあると、彩りがきれいになる。

3. 洋梨のジュース スパイス&キャラメル風味

洋梨は、国内では山形県を中心とした東北地方や、長野県、新潟県などで作られていて、品種は「ラ・フランス」が6割以上。ほかに「ル・レクチエ」「バートレット」「オーロラ」といった品種があり、品種ごとのジュースも市販されている。

同じ洋梨とはいえ、品種によって旬の時期も違い、甘味や酸味、舌触りなども違うので、店頭で珍しい品種を見つけたらぜひ入手してほしい。生で食べるだけでなく、洋梨と水少々だけをミキサーにかけて自家製ジュースを作り、飲み比べてみるのも楽しいだろう。

まずはシンプルなジュースをそのまま飲んで、少し残してシナモンスティックを入れてかき混ぜながら飲んでみると2度楽しめる。もちろん粉末状のシナモンを振りかけてもいい。前述のように、洋梨のコンポートも煮る時にはシナモンを使うことが多く、洋梨とシナモンのほのかな甘味が絶妙にマッチするからだ。
また、市販のキャラメルソースを少し入れてみても美味しい。洋梨を使ったケーキなどはキャラメルソースと合わせることが多く、ジュースに入れても贅沢で甘いスイーツのような風味になる。大人には洋梨のジュースに、ブランデーやウォッカなどを加えて、カクテル風にアレンジするのがおすすめだ。

結論

洋梨は、強い味の主張がないので、様々な野菜やフルーツと合わせやすく、甘く気持ちが和らぐ香りのドリンクに仕上がる。旬が短い果物だけに、店頭に上る時期を見逃さず手に入れ、生で食べる分とは別にジュースやスムージー用を確保しておこう。スライスしてファスナー付き保存袋で冷凍しておくと、そのままミキサーにかけられて便利だ。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >