このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【鯖】の知識を総まとめ!捌き方から保存、アレンジレシピまで一挙解説!

【鯖】の知識を総まとめ!捌き方から保存、アレンジレシピまで一挙解説!

投稿者:ライター 高田さおり(たかださおり)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月20日

刺身や塩焼き・煮物など、さまざまな調理法で美味しく食べられる鯖。脂がのっていて食べごたえもある鯖は、幅広い年代から愛されている日本人の定番食材だ。今回は、そんな鯖の調理法について解説。調理前に知っておきたい豆知識から、定番レシピ、そしていま話題のサバ缶を使ったレシピまで幅広く紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鮮度が命!鯖の正しい保存法とは?

鯖を美味しく調理するためには、まず、その鮮度を保つことが必要だ。ここでは、比較的鮮度が落ちやすい魚ともいわれている鯖の保存法に着目。保存前に必要な下処理のコツから、冷蔵・冷凍の方法や解凍方法に至るまでわかりやすく解説している。正しく保存することで、美味しく食べられるのはもちろん、鯖の豊富な栄養素も逃さず調理できるため、ぜひ参考にしていただきたい。
この記事もCheck!

2. 知っておきたい鯖の捌き方のコツ

美味しい鯖料理は鮮度も大切。鮮度を気にするなら、切り身を買うよりも、1匹購入して自身で捌いて食べるのが一番だろう。一見難しそうな魚を捌く工程だが、基本を理解していれば思いの外簡単だ。こちらのページでは、魚の臭みをとるために必要な下処理「霜降り」の方法から、捌き方までの手順を解説している。また、基本の料理である味噌煮・塩焼きの作り方とアレンジ料理を紹介。知っておくと便利な魚の調理の基本も解説しているため要チェックだ。
この記事もCheck!

3. 基本から学ぶ美味しい鯖の味噌煮の作り方

鯖料理の王道といえば、鯖の味噌煮。ごはんとも相性のいい鯖の味噌煮は、マスターしておきたい和食レシピのひとつだ。ここでは、鯖の味噌煮の作り方を、食材の選び方から解説。鯖の味噌煮を作る際に必要な下ごしらえの方法から、鯖の味噌煮をワンランク上の味に仕上げるコツまで分かりやすく解説している。ステップを踏むことでより美味しい鯖の味噌煮に仕上がるので、ぜひ実践していただきたい。
この記事もCheck!

4. 子どもでも食べられる鯖の竜田揚げレシピ

塩焼きや味噌煮に飽きたら、鯖を揚げ焼きにしてみるのもおすすめだ。とくに下味をつけて揚げる調理法の竜田揚げは、調理の工程で臭みを軽減できるため、子どもにも人気のメニュー。鯖の竜田揚げを美味しく作るコツは、ずばり温度管理にある。脂が多い鯖は、揚げる工程での温度管理を徹底することで、べたつかずカリカリとした食感に仕上がる。
この記事もCheck!

5. 煮物からサラダまで!鯖と大根のレシピ集

上記で鯖の捌き方や鮮度管理について解説したが、時間がないときでも美味しい鯖料理を作りたいときに活躍するのがサバ缶だ。最近では、缶詰めブームとともに、サバ缶も注目され、ツナ缶以上に使えるともいわれている食材である。ここでは、サバ缶と大根を使って作るレシピをたっぷりと紹介。大根の下処理のコツについても触れながら、煮物やサラダなどのレシピについて解説している。
この記事もCheck!

6. やみつき級!鯖の炊き込みごはんの作り方とは

焼いたり煮たりと、メインディッシュとして人気の鯖だが、主食の米と一緒に炊いた炊き込みごはんもまた絶品だ。こちらの記事では、サバ缶を使った炊き込みごはんの作り方を詳しく解説している。また、サバ缶の炊き込みごはんが余った時に役立つアレンジレシピも紹介。お茶漬けやチャーハン、ドリアなど、バリエーション豊かなアレンジレシピを応用すれば、余った炊き込みごはんも飽きずに美味しく食べられるだろう。
この記事もCheck!

7. 夏バテに効く鯖素麺のレシピ

旨みがぎゅっと詰まったサバ缶は、ごはんだけでなく素麺とも相性バツグンであることをご存じだろうか?さっぱりとした素麺は、サバ缶を合わせるだけで豪華なメニューへと大変身する。また、レタスやトマトなどの野菜も足せば、栄養価もぐっとアップ。サバ缶を使った素麺アレンジは、夏バテで食欲が落ちているときの栄養補給メニューとしてもおすすめだ。
この記事もCheck!

8. 食べやすさアップ!鯖とキャベツのレシピ集

人気のサバ缶だが、独特の風味やクセが苦手という声も少なくない。そんなサバ缶は、キャベツを合わせることで食べやすくなることをご存じだろうか。定番の葉物野菜のキャベツを合わせるだけで、驚くほど食べやすくなり、味付けやメニューアレンジの幅も広がる。サラダのほかにもお好み焼きや焼きうどんと、アレンジの種類も豊富。サバ缶ひとつあれば、主食・主菜・副菜と大活躍するため、大いに活用してほしい。
この記事もCheck!

9. 海外でも人気の鯖料理の魅力をおさらい

ここまで、鯖を使った家庭料理を紹介してきたが、世界でも鯖を使った料理が人気だ。ここでは、日本の家庭ではお目にかかることは少ないであろう、海外の鯖料理について紹介している。近年人気を集めている鯖サンドをはじめ、鯖のリエット・鯖のスモーブローについて紹介。鯖は味付けや合わせる食材でまた違った顔を楽しませてくれるため、一度は作ってみてほしい。
この記事もCheck!

結論

鯖は意外といろいろな料理に使える食材である。脂がのっていて旨みも栄養もたっぷり含んだ鯖は、朝・昼・晩とどのシーンでも活躍するまさに万能食材だ。人気のサバ缶を使えば、より簡単にアレンジ料理を楽しめる。これを機会に、毎日の食事に積極的に取り入れてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >