このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【グラタン】のレシピや魅力を一挙紹介!調理方法や保存法まで

【グラタン】のレシピや魅力を一挙紹介!調理方法や保存法まで

投稿者:ライター 佐々木美紀(ささきみき)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年11月25日

グラタンはフランス発祥のグリル料理。チーズで焦げ目がついた香ばしい香りが食欲をそそるグラタンは、子どもから大人まで人気のあるメニューだ。今回は副菜になるお手軽グラタンから、メインになるボリューム満点のグラタンまで、グラタンのレシピや魅力をまとめてご紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. グラタンに欠かせないホワイトソース作りのコツ

グラタンの味の決め手といえばホワイトソース。作るのが難しそうなイメージがあるホワイトソースだが、コツを押さえれば意外と簡単だ。バターと小麦粉を炒める際はじっくりと時間をかける、牛乳は少しずつ加える、しっかり火を通す、これらのポイントを守ると失敗せずに旨いソースが仕上がる。市販のホワイトソースに頼らずに、たまにはソースから手作りしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

2. 肉や魚で!基本のグラタンの作り方

グラタンの味の決め手はソース。前述したようにホワイトソースがグラタンの肝だ。グラタンに使うソースはベシャメルソースともいう。ベシャメルソースを手作りするなら、最後にチーズをかけて焼くことを考えてやや薄めに仕上げるのがポイントだ。このソースに合う具材は肉から魚までさまざまだが、王道は鶏肉とマカロニだろうか。ほかにもほうれん草と鮭や、ネギとブルーチーズといった組み合わせもおすすめだ。
この記事もCheck!

3. 豆腐メインでヘルシーグラタン

豆腐は高たんぱく低脂質でヘルシーな食材、加えて価格もリーズナブル。豆腐グラタンはダイエットメニューとしても節約メニューとしてもおすすめだ。王道ホワイトソースでまろやかな口当たりを楽しむもよし、トマトソースでさっぱりと仕上げるもよし。物足りない場合はミートソースを合わせればグッと食べごたえのあるグラタンになる。豆腐グラタンはアレンジがしやすく魅力満載の逸品だ。ぜひマスターしたい。
この記事もCheck!

4. 小麦粉不使用のおからグラタン

ホワイトソースのカロリーが気になるという方におすすめしたいのがおからグラタンだ。普通のグラタンと異なるポイントは、ソースを作る際に小麦粉ではなくおからを使っている点である。おからのカロリーは小麦粉のおよそ3分の1。そのため、おからグラタンのソースは通常のホワイトソースより低カロリーに仕上がる。さらに食物繊維やたんぱく質も摂取できるので、ヘルシー志向の方には魅力的なメニューといえよう。
この記事もCheck!

5. ハンバーグでボリュームグラタン

手軽に満腹感を得られるボリューム満点のグラタンを食べたいときにおすすめなのがこちら、ハンバーググラタンだ。ハンバーグを最初から作るのは面倒だと思っている方に朗報。このレシピで使用するのは冷凍ハンバーグである。さらに、材料を煮込んでトースターやオーブンで仕上げるだけなのでホワイトソースも不要だ。テクニック不要のボリュームグラタンは、料理初心者の男性にもおすすめだ。
この記事もCheck!

6. グラタン調理はオーブンがおすすめ

グラタンはオーブンやトースターを使って食材に熱を通すが、より本格的に仕上げるならオーブンがおすすめ。オーブンは上下左右、庫内全体が温まり加熱されるので、食材にまんべんなく火が通る。ここでは手軽に調理できるホワイトソース不要の簡単グラタンを紹介している。グラタンをはじめとしたオーブン料理は、食材をオーブンに入れたら、できあがるまで別の作業ができるのが魅力だ。
この記事もCheck!

7. グラタン皿の選び方で食卓の雰囲気が変わる!

盛り付ける皿を変えるだけで、料理の雰囲気がガラッと変わることは、理解している方も多いであろう。実はこれはグラタン皿にも当てはまる。グラタン皿の素材や大きさ、色で食卓に上がった印象は大きく変わる。大皿で作って取り分けてもよいし、人数分の皿で焼いて各々で食べるのもよい。使い切りのグラタン皿やアルミカップで作れば弁当のおかずにも応用できる。シーンに合ったグラタン皿でおしゃれに食卓を彩ろう。

8. ホワイトソースを保存してグラタンを身近に

グラタンを作る際に手間がかかるのはホワイトソースを調理する作業。ならば、1度に多くのホワイトソースを作りストックしておくのはいかがだろうか。ホワイトソースは冷蔵保存の場合は2、3日以内で使い切りたいところだが、冷凍保存すれば1カ月程度日持ちする。小分けに冷凍しておけば、冷蔵庫にある食材で手軽にミニグラタンを作りたい、そんなときにも重宝する。
この記事もCheck!

結論

グラタンは具材やソースのアレンジで自由自在に味わいを変化させることができる。ソースをストックしておけば手軽に調理できるのも魅力だ。老若男女問わず人気のグラタンはパーティー料理にもぴったり。至福のグリル料理グラタンでぜひ食卓を彩ろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ