このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ダブルマーコット】って知ってる?オレンジやみかんとは違うの?

【ダブルマーコット】って知ってる?オレンジやみかんとは違うの?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月19日

日本では、実にたくさんの柑橘類が出回っている。よく見かけるもの、あまり見かけないもの、さまざまだ。他の品種を輸入するダンボールにまぎれていたというのがはじまりだという、春に旬を迎える「ダブルマーコット」を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダブルマーコットの特徴

「マーコット」というアメリカ生まれの品種があるが、ダブルマーコットはそれとは別の種類。マーコットはミカン類とスイートオレンジを掛け合わせたタンゴールといわれ、日本には昭和初期に導入された。果皮は赤みがかった橙色で重さが100〜150g。強い甘みの中に程よい酸味がある。

最近日本で販売されるようになったのが「ダブルマーコット」。別品種だがマーコットと似ているため、こう名付けられた。マーコットよりもひと回り小さく、ヘタの周囲に絞ったようなシワがある。甘みがたっぷり感じられ、オレンジにも近いジューシーな味わいだ。

もともとは種が多い品種だが、カリフォルニア大学の研究所で種なしの品種「タンゴ」が誕生し、カリフォルニアやフロリダでいつくかのブランドが栽培されている。日本に輸入されているものの多くが「キューティーズ」というブランドで、「ダブルマーコット」の名前で流通している。種が多いため日本ではあまり好まれなかったマーコットに代わり、最近人気が出てきているようだ。

日本では佐賀県や長崎県、熊本県で収穫されており、旬は2月〜4月。カリフォルニア産は1月〜4月にかけて流通する。

2. 他の品種にまぎれていた⁉

ダブルマーコットが生まれるきっかけになったのは、モロッコからアメリカのカリフォルニアに輸入されたタンゴールの中にまぎれていたことだともいわれている。

マーコットから偶発的に生まれた「アフォーレ」というタンゴールを品種改良したものだとか。

3. ダブルマーコットの食べ方

ダブルマーコットの皮は、手でむくことができる。種なしがほとんどなので、とても食べやすい品種だ。果皮をむいて、薄皮の袋ごとそのままいただこう。

子どもでも自分で食べることができるため、おやつ用に置いておいてもよいだろう。

実とくっついてむきにくい場合は、ナイフでカットしよう。

スマイルカットで

スマイルカットとは、オレンジやスイカを食べる時のように笑顔の口もとのようにくし形にカットする方法。横半分に切り、切り口から斜めにナイフを入れて切り分ける。皮と実の間に切り込みを入れておけば食べやすい。

ケーキやタルトに

ダブルマーコットは味がしっかりしているため、スイーツづくりも応用できる。たくさん手に入ったら、ケーキのトッピングに使ったり、タルトにしても美味しい。

4. ダブルマーコットの選び方と保存方法

果物売り場や青果店で、そろそろ見かける機会も増えてくるダブルマーコット。選び方と保存方法を知っておこう。

ダブルマーコットの選び方

皮の色が濃いオレンジ色でツヤのあるものを選ぼう。持ってみて軽く感じるものや皮がしなびているものは避け、ある程度ずっしり重みを感じるものがおすすめだ。

ダブルマーコットの保存方法

日持ちの目安は5日〜1週間。風通しがよく涼しい冷暗所で保存しよう。量が多い時はポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室へ入れておおくと、多少長めに日持ちする。

結論

オレンジとみかんのいいとこ取りともいわれるダブルマーコット。まだまだ希少な品種なため、出会ったらぜひ一度食べてみたい。
ネットでも購入できるので、贈り物にしても喜ばれるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ