このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【中華ドレッシング】の新たな楽しみ方を紹介!香り豊かで食べやすい!

【中華ドレッシング】の新たな楽しみ方を紹介!香り豊かで食べやすい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月22日

定番ドレッシングのひとつとして、中華ドレッシングが常備してある家庭も多いのではないだろうか。それもそのはず、中華ドレッシングは日本の食卓にドレッシングを広めるきっかけとなった存在なのである。自宅でも簡単に作ることができてアレンジの幅も広い、中華ドレッシングの魅力に迫る。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 中華ドレッシングはドレッシングブームの火付け役?

中華ドレッシングの特徴といえば、ゴマ油の香りがすることだ。
中華料理で定番の調味料である豆板醤を使用し、ピリ辛に仕上げてあるものも多く、醤油ベースで日本人が馴染みやすい味わいが魅力だ。

日本で初めてドレッシングが発売されたのは、1958年のことである。調味料を主力商品とする食品メーカーの、キューピー株式会社が発売した。当時はまだドレッシングの認知度は低かったが、1978年に中華ドレッシングが発売されたことをきっかけに認知度が急激に高まった。このとき、中華ドレッシングと同時に和風ドレッシングも発売された。どちらも日本人の舌に馴染みやすいことが、世間に受け入れられた理由かもしれない。

現代では、中華ドレッシングが地方の郷土料理に使われることもある。山形県では、千切りにした「うど」と中華ドレッシングを混ぜる、うどの中華ドレッシング和えが春の郷土料理として紹介されている。

2. 自宅で簡単にできる!中華ドレッシング

中華ドレッシングの魅力は、自宅にある調味料を使って簡単に作ることができるところにもある。シンプルなものであれば、酢とゴマ油と醤油を1:1:1で入れて混ぜるだけで作れるのだ。醤油と同量のオイスターソースを入れると、コクのある味わいにもなる。

本格的に仕上げるなら、すりおろしたニンニクや生姜と豆板醤を入れると良いだろう。もっとヘルシーに野菜を食べたいときは、ゴマ油を使わなければノンオイルの中華ドレッシングを作ることもできる。ゴマ油の代わりにすりゴマと煎りゴマを加えれば、中華ドレッシングの魅力であるゴマの香りもしっかりと感じられる。

時短テクニックとしては、酢と醤油の代わりにポン酢を使うと、もっと簡単に近いものが作れるだろう。ポン酢には、醤油に柑橘類やみりんと、かつお節や昆布などの出汁が加えられていることが多い。酢と醤油の代用としては若干味わいに差は出るものの、醤油ベースで酸味があるという点では同じである。

3. サラダだけじゃない!中華ドレッシングの活用術

たたききゅうり

塩をまぶして板ずりしたきゅうりを、軽くたたいておく。きゅうりが漬かる程度の量の中華ドレッシングを、鍋で一度沸かすかレンジにかける。保存容器に加熱したドレッシングときゅうりを入れて冷蔵庫で冷やせば、おつまみの完成だ。辛さを足したいときは、加熱前に豆板醤や鷹の爪を加えても良いだろう。

冷や奴

ナスやトマトやオクラなどの夏野菜を炒めて、豆腐の上に乗せる。中華ドレッシングをかければ、変わり種の冷や奴になる。豆腐の食べ方がワンパターン化している方に、ぜひ試していただきたいレシピだ。

焼き豚チャーハン

中華ドレッシングを使えば、チャーハンの味付けにも困らない。いつものチャーハンを作る要領で、卵とご飯を炒め混ぜる。焼き豚を加えて炒めたら、中華ドレッシングの登場だ。ご飯をフライパンの端に寄せて、空いたスペースに中華ドレッシングをたっぷり入れる。少し煮詰めてご飯と混ぜるだけで、焼き豚チャーハンが簡単にできるのである。ネギやゴマを散らして風味をプラスしても良いだろう。

コーラ入り中華ドレッシング

食欲が落ちやすい夏には、中華ドレッシングにコーラを混ぜてみてはどうだろう。コーラを入れることにより、不思議とサッパリした味わいになる。冷しゃぶサラダとの相性も抜群だ。

結論

中華ドレッシングは醤油ベースなので、日本の食卓にもマッチしやすい。大人のおつまみ用に、子供と一緒に食べる用にと、状況に合わせながらさまざまな表情を楽しめるところも魅力的だ。固定概念に捉われずキッチンにある調味料をチョイ足ししてみれば、新たなオリジナル中華ドレッシングが作れるかもしれない。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >