このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【プラム】をスムージーで美味しく飲む方法を紹介!体にも優しい!

【プラム】をスムージーで美味しく飲む方法を紹介!体にも優しい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年3月28日

甘味と酸味をたっぷりとたたえ、栄養も豊富な「プラム」。原産地の中国から日本に伝わり各地に広まったので「日本スモモ」ともいわれている。店頭には5月から秋にかけていろいろな品種が並ぶ。ソーダ割りにして美味しく味わえるシロップ漬けも紹介するので、好みの品種を見つけて作ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. プラムのレッドスムージー

プラムの果皮は、主に赤色や赤紫色をしている。この色合いの果皮には、アントシアニンが含まれる。アントシアニンはプラムのほかにも、ブルーベリー、黒豆、紫芋、赤じそ、りんご、紫キャベツ、紫玉ねぎなどに含まれている。これらの食材の中で、プラムと比較的相性がよく、店頭で入手しやすいブルーベリー、りんご、紫キャベツを合わせてミキサーにかけると、色鮮やかなレッドスムージーが出来上がる。

下拵えとしては、プラムは皮を剥かず、種だけ取り除いてざく切りにし、りんごも皮を剥かず一口大に、紫キャベツは軽く千切りにしておく。これらに水とレモン汁を少し足して、ミキサーにかければ出来上がりだ。甘味が足りなければ、蜂蜜を加えて調節しよう。水の代わりに豆乳やヨーグルトドリンクを使ってもよい。夏から秋にかけてであれば、紫色のぶどうを加えてもOKだ。

2. プラムとバナナのデザート風スムージー

プラムのジューシーな酸味と、バナナのまったりとした甘味。一見、相反する味わいに感じるが、ミックスするとほどよい甘酸っぱさをたたえたスムージーになる。このまま飲むだけでももちろん美味しいが、とろっとしたムースのような食感になるので、おもてなしのデザートとしてもおすすめ。仕上がりは、ごく淡くピンクがかったクリーム色になる。プラムの果皮は赤いとはいえ、果肉は黄色っぽくて水分を多く含んでいるからだ。

より華やかな色合いにしたいという場合は、プラムとバナナだけでなく、ラズベリーやブルーベリーを用意しよう。これらを多めに加えてミキサーにかけると、きれいなピンク色になる。このピンク色のスムージーをソースとして、バニラアイスクリームやフローズンヨーグルトの上にかけ、プラムやバナナをスライスしたものや、アーモンド、くるみなどを飾れば完成だ。

事前に、プラムやラズベリー、ブルーベリー、バナナを冷凍しておけば、その場ですぐに作ることができる。バニラアイスクリームやフローズンヨーグルトも奮発して濃厚な味わいのものを買っておこう。ソースにしたスムージーの甘酸っぱさが、より引き立って味わい深いものになる。

3. プラムのスパイシーソーダ

プラムは7~8月頃の最盛期になると、やや手頃な値段で買うことができる。追熟が進んだものは、さらに安価になることも。たくさん入手したら、ぜひプラムのシロップ漬けを作ってほしい。
家庭で作るシロップの定番、「梅のシロップ漬け」と同じ手順で、ガラス瓶にプラムと氷砂糖を重ねていくだけでOKだ。初めての方にとっても、驚くほどかんたんに作ることができる。材料はプラムと氷砂糖と酢で、分量の目安は1:1:1。酸味が苦手なら酢を半量前後に減らしてもよい。また、甘さを控えめにしたい場合は、氷砂糖の割合をやや少なめにすることもできる。そのほか、事前の準備が少し必要なので、次の手順で行っていこう。
  • プラムを洗い、水気を拭き取ったら、竹串で何か所か穴を開けておく。
  • 煮沸消毒、またはアルコール消毒したガラス瓶に、プラムと氷砂糖を層になるように重ね入れ、1番上は氷砂糖になるようにしたら、酢を振りかける。
  • 冷暗所に保管し、1日1回ガラス瓶を振る。
1週間前後で氷砂糖が溶けたら、飲み頃になる。ただし、抽出液に浸っていないプラムは傷んでくるので取り出して、自家製ジャムの材料として再利用するとよい。残ったシロップは冷蔵庫で保存しよう。完成したシロップをソーダ水で割れば、甘酸っぱく爽やかなドリンクになる。暑い夏を乗り切るためにも、常備しておくと安心だ。

結論

プラムのシロップを作っておけば、アイスクリームやヨーグルト、かき氷にかけたり、ゼリーを作ったりと、手軽に味わえる。親子で漬け込むのを、毎年の恒例イベントとしてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >