このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【天ぷら】を美味しく作るコツまとめ!カロリーを減らす方法も紹介!

【天ぷら】を美味しく作るコツまとめ!カロリーを減らす方法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月17日

天ぷらは和食の定番料理のひとつである。作り方は食材に衣を付けて揚げるだけなので、家で作る人も多いだろう。しかし、家で天ぷらを作った場合、プロが作る天ぷらのようなサクサク感を出せないという経験はないだろうか。今回は、プロ並みの天ぷらを作る方法と天ぷらのカロリーを減らす方法についてまとめてみた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 天ぷら作りのポイントは衣にある

天ぷらを作るポイントは衣作りにある。衣の作り方はボウルの中に卵と冷水を入れて混ぜ、その中に薄力粉を入れる。このとき、薄力粉が少し残るくらいに混ぜるのがベストだ。薄力粉を先にふるっておくと天ぷらをより美味しく作ることができる。食材の水分をしっかりふき取り、衣を付けた食材を温度が下がらないように少しずつ油に入れるのがポイントだ。食材が浮きあがってきたら完成である。油には食材のにおいがうつるので、においが少ない野菜から揚げるといいだろう。
この記事もCheck!

2. 天ぷらの衣に使用する粉選びと卵によって食感が変わる

天ぷらを作る際に、衣に粉や卵を使用するかしないかでも食感が変わってくる。片栗粉のみで天ぷらを作れば、竜田揚げに近い軽めの食感に。片栗粉とほかの粉を混ぜて作れば、弁当向きの時間が経ってもサクサクした衣の天ぷらになる。また、卵を使わずに代わりにマヨネーズを使えば、カラッとした仕上がりでサクサクした食感の天ぷらになる。
この記事もCheck!

3. サクサクの天ぷらを作るには下準備と揚げ方が重要

プロが作るサクサクの衣の天ぷらの目指すのなら、下準備と揚げ方が重要である。まず下準備でのポイントは、食材の水気をしっかりきることと、グルテンを作り出さないこと。グルテンを作り出さないためには、衣を作る際に使用する水はよく冷やしておくことと、小麦粉と水を混ぜ過ぎないことである。また揚げる際のポイントは、低温で揚がる食材から少しずつ入れることだ。これは鍋の中の温度が急激に変化するのを防ぐためである。
この記事もCheck!

4. 油の温度で天ぷらのできあがりに差がつく

天ぷらを作る際の重要なポイントは油の温度。天ぷらの温度管理が十分にできていないと、衣がべちゃっとなったり、具材の中まで火が通らなかったりする。専用の温度計がなくても、菜箸を使っておおよその温度を計ることが可能だ。軽く水でぬらし、水気をふき取った菜箸を天ぷら油に入れ、菜箸から出てきた泡の状態で油の温度を見極めることができる。
この記事もCheck!

5. 天ぷらを美味しそうに見せるコツは盛り付けにあり

天ぷらを美味しそうに見せるコツは盛り付けにあるといってもいいだろう。たった2つのコツで天ぷらをキレイに盛り付けることができる。まずは和食の基本でもある立体感を意識して盛り付けること。高さを出すことで立体感が生まれるのである。次に彩りを意識することだ。色が濃い小さめの天ぷらを一番手前になるように盛り付けることがポイントである。
この記事もCheck!

6. 人気上昇中!フルーツ天ぷら

水分が多いフルーツを天ぷらにすることは難しい。しかし、水気をしっかりふき取ったり、水分が少ないフルーツを選んだりすれば簡単に作ることができる。イチジク、バナナ、アボカドは天ぷらにするのにおすすめのフルーツだ。フルーツは細かく切るのではなく、大きめに切ることがポイントである。フルーツは加熱することによって甘みが増すので、ぜひ試してもらいたい。
この記事もCheck!

7. 天ぷらのカロリーを抑える方法は食材選びにある

天ぷらを食べる際に気になるのはカロリーではないだろうか。天ぷらは和食の中でも高カロリーなメニューである。天ぷらのカロリーを少しでも抑えたいなら、野菜やきのこ類の天ぷらがおすすめだ。肉や魚の天ぷらは高カロリーなので、カロリーを気にする人は控えたほうがいいだろう。また、天ぷらの糖質を抑えたいなら衣を薄めに作ることで、糖質をカットすることができる。
この記事もCheck!

8. 天ぷらのカロリーを減らす方法を伝授

天ぷらを食べる際に気になるカロリーと糖質。天ぷらはダイエットには不向きではあるが、それでも食べたいという人には野菜やきのこを使った天ぷらがおすすめだ。また、衣が分厚いとカロリーも高くなるので、衣が薄いものを選ぶ、または自分で調理する際には衣は薄く付けることを心がけるといいだろう。食べる時間にも気をつけてほしい。天ぷらは夕食として食べるより、昼食として食べることでエネルギーとなりやすく、脂肪になりにくいのでおすすめだ。また、大根おろしと一緒に食べれば、消化を助けてくれる。
この記事もCheck!

結論

衣がサクサクした天ぷらを作るコツは、下処理と揚げ方にある。また、選ぶ食材や衣の付け具合によってカロリーを減らすことも可能だ。コツさえおさえれば家でも簡単にプロ並みの天ぷらをヘルシーに作ることができるので、ぜひ挑戦してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ