このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【チンジャオロース】の作り方やコツ、カロリーから栄養までまるっと紹介

【チンジャオロース】の作り方やコツ、カロリーから栄養までまるっと紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 3日

シャキシャキとしたピーマンとタケノコの食感が美味しい、チンジャオロース。濃い目の味付けは白米とよく合い、日本でも愛される中華料理の代表格といえるだろう。チンジャオロースのメインの食材であるピーマンについて知識を深めれば、よりチンジャオロースを楽しむことができる。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チンジャオロースの上手な保存方法

チンジャオロースは、常備菜としてストックしておきたい料理の1つ。主な材料がピーマンやタケノコで水分が多くないチンジャオロースは、冷蔵保存はもちろん、冷凍保存も可能だ。一度にたくさん作って小分けにして冷凍しておき、解凍するときも電子レンジまかせでOK。ストックしておけば、毎日の食卓やお弁当のおかずとしても使い勝手がいいだろう。
この記事もCheck!

2. 青椒肉絲、回鍋肉、麻婆豆腐の違い

青椒肉絲、回鍋肉、麻婆豆腐。それぞれの違いを、説明できるだろうか。青椒肉絲は、細切りにしたピーマン、肉、タケノコを炒め合わせた料理だ。回鍋肉は、甜麺醤と豆豉が味の決め手の炒め物。本場中国では、蒸した皮付きの豚を使う。麻婆豆腐は、ひき肉やネギなどと豆腐を炒めた、豆板醤や山椒の辛みが特徴的な四川料理。中華料理の定番として、日本でも愛されている。
この記事もCheck!

3. チンジャオロースを作るときのコツ

チンジャオロースを美味しく仕上げるためには、いくつかのコツがある。肉は火が通っても縮まないよう、薄切りのものを選ぶ。炒める前に下味をしっかりつけるのも、美味しく仕上げるコツだ。野菜は均等に火が通るよう、切り揃えるのがポイント。炒める手順や、調味料を入れるタイミングも重要になる。緑色のピーマンだけでなく、赤や黄色のパプリカを使うと、彩りもよくなるだろう。
この記事もCheck!

4. チンジャオロースと相性のいい副菜

チンジャオロースが食卓のメインとなるとき、相性のいい副菜を紹介する。酸味のきいたきゅうり梅は、チンジャオロースの苦みとの相性がよく、お酒のつまみにもなる。春雨サラダは、シャキッとしたチンジャオロースの食感と合わせて食べるとよい。麻婆春雨は、食卓にボリューム感をプラスしてくれる。簡単にできるスープを添えても、バランスのいい食卓となる。
この記事もCheck!

5. チンジャオロースのカロリー

チンジャオロースに使う肉は、牛肉でも豚肉でも脂身の少ない部分を使う。しかし、調理の過程で食材を油通しするため、カロリーは高めになる。美味しく仕上げるためには油通しをした方がいいが、カロリーを抑えるという観点からすると油通しをしないというのも1つの選択肢となるだろう。油のほかにも片栗粉の使用を控えると、多少カロリーを抑えられる。
この記事もCheck!

6. チンジャオロースの材料、ピーマンの栄養素

独特の風味が苦手という人も少なくない、ピーマン。口には苦いが、栄養的には優れた野菜なので、ぜひ積極的に摂取しておきたい。ピーマンにはビタミンが豊富に含まれており、加熱してもあまり壊れないので炒め物にも向いている。しっかりとした厚みのある果肉がビタミンの流出を防いでくれるのも、ピーマンが栄養的に優れているところといえる。
この記事もCheck!

7. チンジャオロースの調理工程にある、油通しとは

ピーマンの苦みや独特の香りが苦手という人も多い。チンジャオロースの料理法として広く知られている油通しという方法を使えば、苦みを抑えることができるかもしれない。油通しは、食材の水分や栄養素、旨みも閉じ込めることができる。野菜の色も鮮やかになり、食卓をより鮮やかに彩ってくれるだろう。苦みを取るだけでなく、美味しさの観点からも優れた調理方法だといえる。
この記事もCheck!

8. チンジャオロースのピーマンの切り方

独特の香りが特徴のピーマン。ピーマンは切り方によって苦みや香り、味を変化させることができるのだ。ピーマンの細胞は縦向きなので、繊維に沿って縦に切ると細胞が傷つかず独特の香りを抑えることができる。輪切りにすると細胞が破壊されるので、やわらかい食感を楽しめるようになる。チンジャオロースを作るときは、食感を残すため縦に切ることをおすすめしたい。
この記事もCheck!

結論

チンジャオロースの材料は手に入りやすく、家庭で作りやすい中華料理の1つといえるだろう。主な材料であるピーマンの栄養素や切り方のコツを押さえて、これまでよりさらに美味しいチンジャオロースを作ってみるのも楽しいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >