このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コーヒー】の美味い淹れ方や豆、ドリップ、缶コーヒーとの違いを解説!

【コーヒー】の美味い淹れ方や豆、ドリップ、缶コーヒーとの違いを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 1日

豆の煎り方や生産地によってさまざまな顔を見せてくれる「コーヒー」。自分で一から豆を挽くなど、はまるとその深さによりコーヒー愛が増すという人もいる。缶コーヒーなど身近な飲み物のひとつとして親しまれているコーヒーの魅力を紐解いていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コロンビアのコーヒーが美味しいワケ

コロンビアはコーヒーの生産量世界第3位の国。力強い味が特徴のコロンビアのコーヒーは、量だけでなく質がいいことでも知られている。コロンビアのコーヒーは、アンデス山脈など3つの山脈が連なる合間にある農園で栽培されている。降水量や土壌など、コーヒー栽培に理想的な条件が揃うので、収穫量や品質が保たれているのである。コロンビアのコーヒーは、100%アラビカ種。寒暖差や微気候によって異なる香りのコーヒーが育つとあって、コーヒー栽培が行われる山岳地地帯はアラビカ種の楽園とも呼ばれている。
この記事もCheck!

2. スペシャルティコーヒーとは

スペシャルティコーヒーは、特定の産地の気象条件や地理により、独自の味わいや香りが生み出される特別なものである。スペシャルティコーヒーには「サステナビリティ」「クオリティ」「インフォメーション」という3つの要素が必要。安定的に持続してコーヒーの栽培ができること、最高の品質、栽培から流通までの細かな情報を開示する、ということだ。
この記事もCheck!

3. 美味しいウインナーコーヒーの作り方

コーヒーの苦みとクリームの甘みを楽しむ「ウインナーコーヒー」。喫茶店で飲むもののイメージが強いが、自宅で作ることもできる。豆は深煎りで、フレンチローストのものがおすすめ。上にのせるクリームは、コクと風味がしっかりした動物性の生クリームがいいだろう。生クリームのホイップ具合や器具などの下準備をしっかりしておくことがポイントになる。さらに美味しくするコツもいくつかあるので試してもらいたい。
この記事もCheck!

4. コーヒーサーバーの材質別の特徴を解説

ドリップしたコーヒーを受ける容器をコーヒーサーバーと呼ぶ。主に耐熱ガラス製のものが多く、コーヒーを抽出している様子を見ることができるので、抽出課程を楽しむことができる。デメリットとしては、衝撃に弱く割れやすい点。手入れには柔らかいスポンジを使うなどの注意が必要である。数は少ないものの、ほかにもステンレス製やホーロー製なども存在する。デザイン性や保温性に優れるなどの特徴がある。
この記事もCheck!

5. サイフォンで淹れるコーヒーの魅力とは

コーヒーの抽出方法として、ロマンティックで演出効果の高い方法のひとつとして知られているのがサイフォンコーヒーである。おすすめの豆は酸味や香りの高い豆で挽き方は中挽き。サイフォンコーヒーの場合、一度使い方を覚えれば、初心者でも安定した味を出すことが可能だ。理科の実験のようで楽しそうだといった魅力的な部分がある一方で、機械一式を揃えなければならない、手入れが大変などのデメリットもある。
この記事もCheck!

6. ドリップケトルで美味しいコーヒーを飲むには

コーヒーを抽出する際にお湯を入れるときに使う「ドリップケトル」。美味しいコーヒーには欠かせないツールだ。ドリップケトルの中でも、コンロ(IH対応)のものと電気のものとに分けることができる。コンロ対応であればアウトドアで使うことも可能。一方電気の方は機能性が優れているなど、それぞれメリットが存在する。こだわりのコーヒーを淹れるために、自分にあったケトルを見つけることも大切だ。
この記事もCheck!

7. 缶コーヒーの違いを一挙解説

缶コーヒーは日本生まれで、販売開始当初はいまとは異なり、甘いものが主流でロング缶に入っていた。一口に缶コーヒーといっても、内容量に対して使われている生豆の量によって、コーヒー飲料やコーヒー清涼飲料と表示される。コーヒー飲料の中のブラックコーヒーは、糖類や乳製品などが一切含まれていないものを指す。無糖や微糖なども、含まれる糖類によって表示規定があり、食品表示法で定められている。
この記事もCheck!

8. コールドブリューのコーヒーとは

コールドブリューとは簡単にいうと「水出し」という意味。通常コーヒーは熱湯で淹れるものだが、コールドブリューの場合は水を使用しゆっくり時間をかけて抽出する。メリットとして、カフェインがあまり含まれないこと、酸化を防ぎ長時間美味しさが保たれることが挙げられる。抽出に時間はかかるが、小難しいテクニックは不要なので試してみてほしい。
この記事もCheck!

結論

食後のひとときや読書などの趣味の時間をさらに充実した時間にして満たしてくれるコーヒー。喫茶店でなくても、ツールを揃えれば自宅でもこだわりのコーヒーを淹れることができる。家族や友人などと一緒にこだわりのコーヒーを楽しんでみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ