このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ジャージャー麺とタンメンを詳しく解説!自宅でも作れる!?

ジャージャー麺とタンメンを詳しく解説!自宅でも作れる!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月12日

ラーメンとはまた違う味わいで人気の麺料理に、ジャージャー麺やタンメンがある。名前に聞き覚えはあっても、詳しくは説明ができないという人もいるのではないだろうか。どちらも、お店で食べる機会が多いかもしれないが、家庭で作ることもできるのが特徴だ。今回は、この2つの麺料理を掘り下げてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ジャージャー麺に含まれる栄養素や気になるカロリーをご紹介

食欲をそそる肉味噌と野菜がのったジャージャー麺は、栄養の吸収を助けるナトリウムや、抗酸化作用のあるビタミンE、骨の健康のために必要なビタミンKなどが含まれている。しかし、麺の占める割合が多いことと、豚肉や油を使用することから、ほかの麺料理と比べてもカロリーはやや高め。ヘルシーさを求めるのならば、中華麺ではなく春雨に変えたり、肉味噌の豚肉を豆腐で代用したりするなどの工夫をおすすめする。
この記事もCheck!

2. ジャージャー麺と汁なし担々麺の違いは何?

いま、若者の間でブームとなっている汁なし担々麺。中華麺に肉味噌がのっていることから、ジャージャー麺と何が違うのか疑問に思う人もいるだろう。どちらの料理も、肉味噌作りにひき肉や甜麺醤を使い、味ではさほど大きな違いはないという。肉味噌を盛ったうえに白髪ネギをのせるのが汁なし担々麺、トマトやきゅうりといった野菜を盛り付けるのがジャージャー麺と覚えておけば間違いないだろう。
この記事もCheck!

3. 忙しい人にもおすすめ!ジャージャー麺の簡単レシピ

難しそうに見えて、実は意外と簡単なジャージャー麺の作り方をご紹介しよう。まずは、肝心の肉味噌作りだ。ねぎ、しいたけ、にんじんをみじん切りにして、甜麺醤、オイスターソース、砂糖、醤油、酒を混ぜ合わせた調味料を準備しておく。ねぎ、豚のひき肉、ほかの野菜の順番で炒め、調味料で味付けをする。水溶き片栗粉でとろみをつければ肉味噌の完成。中華麺は茹でておき、トマトやきゅうりも上にのせればジャージャー麺のできあがりだ。肉味噌は作り置きするとさらに時短となるのでおすすめである。
この記事もCheck!

4. ジャージャー麺の味付けのコツやアレンジ法とは?

ジャージャー麺は、慣れると手早く作ることが可能なお手軽レシピ。マスターするには、肉味噌に使用する甜麺醤の使い方が重要である。甜麺醤を入れるタイミングは、豚のひき肉を炒めて色が変わったときがベスト。それより早く投入すると、しつこい味わいとなるので注意が必要だ。肉味噌にコクを出したいときは、味噌を少し加えるとよい。また、麺全般と合うので、パスタやうどんでアレンジしてみるのもおすすめである。
この記事もCheck!

5. ジャージャー麺をメインとしたおすすめの献立って?

ジャージャー麺を家で作る場合、どのような献立がよいのだろうか?まず副菜は、野菜の少なさを補えるよう、もやしときゅうりのナムルや、春雨のサラダなどがおすすめである。エスニックな味わいで、メインとの相性も言うことなしだ。汁物は、ジャージャー麺の肉味噌とも合う味噌汁や、具材たっぷりのミネストローネなどはいかがだろうか。意外と中華スープでなくともマッチするので、好きなスープと組み合わせてみるといいだろう。
この記事もCheck!

6. タンメンはカロリーが高い?ダイエット中の食べ方も伝授

タンメンは、中華麺や豚肉を使っていることから、カロリーが低いとは言い難い。しかし、たっぷりの野菜を使っているので、栄養価には優れているといえるだろう。ダイエット中であれば、タンメンの麺をこんにゃく麺で代用するだけでも大きな効果がある。また、タンメンは豚バラ肉との相性がバツグンだが、ヒレ肉に比べカロリーがかなり高いので、注意が必要だ。量を減らしたり脂身の多い肉を避けたりするなど、自身の健康を考えて食材を選ぶことが大切だ。
この記事もCheck!

7. そもそもタンメンの定義って?味の決め手も解説

タンメンは、野菜を中心とした具材を炒め、そのうえから鶏ガラスープを注ぎ、別途茹でた麺にかけた料理。タンメンの味を決めるといっても過言ではないのが、この鶏ガラスープである。鶏から出た出汁と、野菜の旨みが混ざり合って、絶妙な味わいのスープが完成する。自宅で作る際、手間はかかるかもしれないが、鶏ガラを使ったスープに挑戦してみるのもおすすめだ。
この記事もCheck!

8. 美味しいタンメン作りにはコツがある!3つのポイント

タンメンは、家庭で美味しく作るのがなかなか難しい一品。作り方にはいくつかのポイントがある。まずは、新鮮な野菜を使うこと。タンメンはたっぷり入った野菜が主役ともいえるので、甘みや旨みが詰まったフレッシュなものを選ぶといいだろう。また、野菜だけでなく、豚バラ肉も鮮度が重要である。赤身がきれいなピンク色をしたもの、肉から汁が出ていないことなどに注意しよう。最後に、炒めるときの温度。弱火でじっくりと炒めるのが肝心だ。きっといままでとは格段に違うタンメンができあがるので試していただきたい。
この記事もCheck!

9. 余ったタンメンの上手な保存方法!冷蔵も冷凍も可能

タンメンを作って食材が余った場合、冷蔵や冷凍で保存することは可能だろうか。まずは、中華麺。賞味期限内であれば、冷蔵でも冷凍であっても、どちらも問題なく保存できる。冷凍保存の場合は、新鮮さを保つためできるだけ早く行おう。次に、鶏ガラスープであるが、こちらも冷蔵、冷凍ともに可能。ガラス瓶に入れての冷蔵保存や、製氷皿を活用した冷凍保存もおすすめだ。すでに切った野菜なども、水気をしっかりと拭いたあとでフリーザーバッグに入れて冷凍することをおすすめする。
この記事もCheck!

10. 余ったタンメンの具材を活かす献立とは?

タンメン用に購入した野菜が余った場合、ほかのレシピに活かすことが可能である。たとえば、野菜炒め。誰もが思いつくメニューかもしれないが、調味料で味付けを変えたり、海鮮の具材を加えたりすることで、献立に新鮮さが生まれるだろう。また、たくさんの野菜を使ったスープや、同じ麺でも趣の違った焼きうどんなどもおすすめである。
この記事もCheck!

結論

ジャージャー麺とタンメンは、ラーメンとは違った魅力のある麺料理である。家庭で作ることも可能であり、作り方のコツを掴めば、お店のような味わいも夢ではないだろう。また、具材が余っても、さまざまな活用法があるので無駄にもなりにくい。ぜひ、好みに合ったレシピを見つけて、自分なりの一杯を作ってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >