このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
中華系スープの作り方や正しい保存方法を解説!具材は何がおすすめ?

中華系スープの作り方や正しい保存方法を解説!具材は何がおすすめ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月24日

基本のシンプルなスープに、いろいろな具材を組み合わせて楽しめる中華系スープ。主菜との栄養バランスも考えやすい中華系スープは、ぜひ日頃の献立に取り入れてほしい一品だ。今回は、中華系スープのカロリーと栄養、レシピを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 中華系スープの素のカロリーと栄養

アレンジ自在な中華系スープの素。中華系スープの素は、100gあたり200kcalほど。実際にはお湯に溶かして使うので、スープの状態では非常に低カロリーだ。栄養もほとんど入っていないので、野菜などの具材で栄養素を補おう。たんぱく質を摂りたいときは、卵や豆腐がおすすめだ。βカロテンが含まれるほうれん草やリコピンが含まれるトマト、食感を楽しみたいときはもやしもよいだろう。余った食材を入れて、冷蔵庫を整理するのもいいかもしれない。
この記事もCheck!

2. 美味しい中華系スープの作り方

中華料理を作ったときに、献立に入れたい中華系スープ。ここでは、基本の中華系スープの作り方を紹介しよう。具材は、卵やわかめ、もやし、春雨など家庭で手軽に手に入る食材だ。鍋に水と鶏ガラスープの素を入れて火にかけよう。火を通す必要がある具材は、スープが煮立ってから加えて火を通す。仕上げに塩、胡椒、醤油などで味付けをして完成だ。水溶き片栗粉で中華スープにとろみをつけたり、ごま油で香りをつけたりするのもよいだろう。
この記事もCheck!

3. 中華系スープの正しい保存方法

具材をたくさん入れた中華スープは、多めにできあがってしまいがちだ。たくさん作ってしまった中華スープは、正しい方法で保存しておくと、後日食べるときも美味しく食べられる。残りをすぐ消費できる場合は冷蔵保存、すぐに食べきれないときには冷凍保存がおすすめだ。冷蔵保存の場合は、粗熱を取ってから冷蔵庫に入れよう。冷凍保存をするときは、春雨や豆腐は冷凍に適さないため、取り除いてから保存するのがよいだろう。
この記事もCheck!

4. ワンタンスープのカロリーと栄養

ワンタンスープの基本の具材は、皮のみのワンタンと長ねぎ。これに、鶏ガラスープとごま油が加わる。シンプルなワンタンスープのカロリーは1人前あたり100kcal弱だ。これに肉や卵、野菜などの材料を増やしていくと、その分カロリーも高くなる。シンプルなワンタンスープに含まれる栄養素は、炭水化物とビタミンのみだ。栄養バランスが整ったスープにするためには、たんぱく質としてワンタンの具になるひき肉、卵などを取り入れよう。野菜の種類を増やすのもおすすめだ。主菜とのバランスを考え、具材を変えてみるのもよい。
この記事もCheck!

5. ワンタンスープを美味しく作るコツ

ワンタンスープは家庭でも作れるおすすめメニューだ。まずは、ワンタンの皮で醤油、塩胡椒、砂糖で味付けしたひき肉や長ネギ、生姜を包もう。中央に具をのせ、ふちに水をつけ、形を整える。茹でたときに具材が逃げないよう、少なめに包むのがポイントだ。具材を包み終わったワンタンは、スープと別鍋で茹でるのがよい。スープと一緒に茹でると、茹ですぎてワンタンがドロドロになる可能性があるからだ。
この記事もCheck!

6. 中華系スープで活躍する鶏ガラスープの素

中華料理によく使われる鶏ガラスープの素。鶏ガラからとったスープを凝縮した鶏ガラスープの素は、細粒タイプとパウチタイプに分けられる。細粒タイプは、簡単にお湯に溶けるので、スープやチャーハンなどに使う人も多い。パウチタイプは、銘柄鶏を使用したものも多くより自然でリッチな味わい。用途に合わせ使い分けるのもおすすめだ。旨みが豊富な鶏ガラスープの素は、中華料理だけではなく、洋食や和食でも活躍する。
この記事もCheck!

7. しいたけの中華系スープは栄養満点

ニラ、白菜、あさり、ワンタンなどさまざまな食材との相性がよい、しいたけの中華スープ。こってりとした中華料理との相性もバツグンだ。しいたけは、ビタミンD、ナイアシン、葉酸、マグネシウム、食物繊維などの栄養成分も豊富。ほかの野菜との組み合わせで、さらに栄養バランスもアップするだろう。選ぶ野菜で、彩りの印象も変わってくる。
この記事もCheck!

8. 中華系スープで人気の担々麺スープ

お店で食べるイメージの担々麺。実は、自宅でも手軽に作れる一品だ。ここでは、担々麺のスープの作り方を紹介しよう。担々麺のスープの特徴である辛味は、豆板醤とラー油。ねりごまを、鶏がらスープの素、醤油、オイスターソース、砂糖を混ぜた中華スープに溶かし、辛味を加えよう。スープを作ってから、別鍋で中華麺を茹でるのがポイントだ。そして、担々麺に欠かせないのが肉味噌。豚ひき肉に、甜麺醤、山椒を合わせて炒めよう。長ねぎや玉ねぎ入れると、ボリュームや歯ごたえも増して美味しい。
この記事もCheck!

結論

中華系スープの栄養や美味しく作るコツなどを紹介した。冷蔵庫に余った食材でもアレンジできる中華系スープは、食卓を豊かにする一品になること間違いなしだ。簡単調理で、栄養も摂れる中華系スープをさっそく作ってみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >