このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【カレーうどん】のカロリーやアレンジを紹介!簡単に作る方法も!

【カレーうどん】のカロリーやアレンジを紹介!簡単に作る方法も!

投稿者:ライター 岡畠紘美(おかはたひろみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月 2日

家庭料理の代表ともいえるカレー。カレーライスだけではなく、カレーうどんも好きな日本人は多いだろう。スパイスのきいた香りに惹かれつい店に入って食べてしまうことも、家でいろいろな食材を入れて作ることもある。そんな魅惑のカレーうどんについて調べてみた。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カレーうどんのカロリーや栄養バランス

野菜や肉といった具材や出汁に使う調味料、片栗粉などいろいろな食材を使用するため、一度にたくさんの栄養を摂取できるカレーうどん。レシピによって使うものが違うため、カロリーは一定ではない。うどんに含まれる炭水化物は、食物繊維と糖質を合わせたものだ。1食分のうどんから摂取できる食物繊維を、キャベツなどの野菜から摂るとなると結構な量になるだろう。麺料理は栄養が炭水化物に偏りやすいため、量に気をつけなければならない。麺の代わりに野菜を増やしたり、しらたきなどの低糖質な食材を使用したりできるカレーうどんは、比較的栄養バランスのよいメニューだ。
この記事もCheck!

2. カレーうどんにはあっさり野菜を添えよう

カレーうどんは、副菜がなくても満足できる料理だ。カロリーの摂取量から考えても、ボリュームのある料理を添えることはおすすめしない。何かを添えるならば、きのこやキャベツのような食物繊維の多い食材を組み合わせた、あっさりとした味付けのメニューがよいだろう。よく噛んで食べる野菜であれば満足感も得やすいため、少し物足りないときにはピッタリである。また、カレーうどんに肉を入れるときは、栄養面では豚肉、カロリーを気にするなら鶏肉がおすすめだ。そのときに使う具材や気分でいろいろな食べ方が楽しめる。
この記事もCheck!

3. カレーうどんのアレンジレシピ

カレーうどんにアレンジを加えて、変化を楽しみたいときは味噌や豆乳、天かすなどを足すとよい。コクや深みがでたり、食感の違いを楽しんだりできる。思いきって全く別のメニューへ変更するなら、短時間で簡単にアレンジができるグラタンや焼きカレーうどんがおすすめだ。また、カレーうどんをいつもよりヘルシーに食べたいときは、代謝アップ効果が期待できるしょうがや、歯ごたえがあるため食べすぎを防止できるまいたけをプラスしたりするとよい。うどん自体を低糖質麺などに変更するのもおすすめである。
この記事もCheck!

4. カレーうどんにおすすめの隠し味

カレーを作るとき、隠し味としての調味料を使用することがある。カレーうどんにかけるカレーにも同じように、隠し味を使うと美味しさが増すのでおすすめだ。カレーうどんを煮込むときに、しょうゆや麺つゆをプラスしてみてほしい。出汁の旨みが具材にしみ込みやすくなるため、どこか懐かしいそば屋のカレーのような風味を味わえるのだ。ただし、隠し味として麺つゆなどを加えるときは、少量からがよいだろう。隠し味でひと手間アレンジを加えて、オリジナリティーあふれるレシピを完成させよう。
この記事もCheck!

5. カレーうどんは下ごしらえがポイント

カレーうどんを作るには、麺、肉類、野菜のほかに調味料が必要だ。出汁、しょうゆ、カレー粉などと片栗粉である。カレーうどんの特徴であるとろみのついたスープには、水溶き片栗粉が使用されているのだ。また、スムーズにカレーうどんを作るためには下ごしらえが重要である。下ごしらえの内容としては、出汁をとっておく、肉や野菜をあらかじめ切って加熱しておくなどさまざまだ。料理が苦手な人はレトルトカレーを使用するなど、簡単にカレーうどんを作れるアイテムを用意するのもよいだろう。
この記事もCheck!

6. 簡単に美味しいカレーうどんを作る方法

カレーうどんには、うどんが必要だ。乾麺や生麺、冷凍などいろいろなタイプがあるが、簡単で使用しやすいのは冷凍うどんである。スープにはスパイスが調合されているカレー粉や、カレー粉に出汁や油脂を合わせたカレールウなどを使用する。カレールウを使用すると、比較的手軽にコクや旨みのあるカレーうどんを作ることが可能だ。大きめの耐熱容器に水や冷凍うどん、具材と一緒にカレールウを入れ、電子レンジで加熱して水で溶いた片栗粉を加えるといった方法もある。また、前日などに余ったカレーをアレンジしてみてもいいだろう。
この記事もCheck!

7. カレーうどんとカレー南蛮の明確な違い

カレー南蛮はカレーうどんに似ているが、日本で生まれた当初はカレー味をした蕎麦だった。南蛮はネギという意味で、カレーうどんには玉ねぎが入っており、カレー南蛮には長ねぎが入っているのが基本である。現在では線引きがかなり曖昧になっており、うどんでも蕎麦でもメニューにはカレー南蛮と書いてある場合も多い。店で注文するとき、観察してみるのもよいかもしれない。
この記事もCheck!

8. 作りすぎたカレーうどんの保存

カレーうどんが余ったときにうどんをスープに入れたまま保存すると、麺がのびてしまうので別々に保存する必要がある。また、うどんはまとめて作り置きすると固まって団子のようになり、再び湯に通すとちぎれやすくなる。少し面倒だが毎回茹でるか、小分けにして冷凍保存するのがおすすめだ。具材やスープは粗熱が取れたら、ふた付きの容器や袋に入れて冷凍庫で保存が可能。しかし、具材によっては食感が悪くなるものもあるので、冷凍する可能性がある場合はできるだけ少ない具材で作ったほうがよいだろう。
この記事もCheck!

結論

うどんに絡んだとろみのあるスープが魅力のカレーうどん。スパイスで本格的に作ったり、残ったカレーをアレンジしたりしても美味しい料理である。栄養バランスも考えながら、自分に合ったカレーうどんを楽しむのがよいだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ