このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
玄米粉ってどんなもの?使い方と玄米粉を使った料理を紹介!

玄米粉ってどんなもの?使い方と玄米粉を使った料理を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年7月18日

同じ米でも白米と玄米は栄養価が異なり、玄米がもつ健康効果が注目されている。その玄米を利用して作られる「玄米粉」というものが存在することを知っているだろうか。ここでは玄米粉とはどのような粉なのかを解説し、使い方やアレンジ方法を紹介していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 玄米粉とはどんなもの?

片栗粉や小麦粉など、粉類にはいろいろな種類が存在する。玄米粉は名前のとおり玄米から作られた粉だ。ふつうのスーパーなどではあまり見かけることはないかもしれないが、自然食の食材店や業務用スーパーなどで出会えることがある。

玄米はぬか層や胚芽を残している米で、白米よりもビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が多く含まれている。現在では白米が主流ではあるが、栄養価の高さが再認識されており、昔よりも玄米の人気は高い。家でとり入れているという人も、なかにはいるのではないだろうか。

玄米は白米に比べて栄養価が高いというメリットがあるのは確かだが、白米が主流になったのはやはり美味しいという理由からだ。また、食物繊維が多いため消化に負担がかかるのも事実。粉にすることで消化されやすく、とり入れやすいというのが玄米粉のメリットである。

2. 玄米粉の使い方

玄米粉は、小麦粉を使うように普段使いできる。たとえば肉にまぶして唐揚げの衣に、チヂミやお好み焼きの生地にといった使い方ができる。また、玄米粉を使ったパンやケーキなども人気だ。

玄米は身体によいとはわかっていても、手間がかかるイメージから敬遠している人もいるのではないだろうか。玄米とは違い、玄米粉を使うために長い時間浸水する必要はない。小麦粉を使うように自然と食事から玄米の栄養を摂取できる。肉や魚に粉をまぶすときやお菓子作りをするときなどに、小麦粉の代わりに使ったり混ぜたりして使ってみよう。

3. 玄米粉を使った料理やお菓子

それでは実際に、玄米粉を使った料理やお菓子を紹介していきたい。小麦粉は小麦からできているが、玄米粉は玄米といえど米からできているのでモチッとした食感を楽しむことができる。その特性を楽しみたいなら、ケーキやパンがおすすめだ。

・玄米パン

パンは通常強力粉を使って作るが、代用として玄米粉を使って作れる。イースト、塩、バター、牛乳などの材料が必要だ。材料を合わせて生地を捏ね、発酵を2回して焼きあげる。パン作りは手間がかかるが、作業自体は単調なものが多い。時間のとれる休日などに挑戦してみてほしい。

・玄米粉のシフォンケーキ

卵白を泡立てることで生地をふんわり仕上げるケーキ。玄米粉、卵、砂糖、油などが主な材料となる。ケーキ類のなかではカロリーが低いので、カロリー制限中でも甘いものが食べたいというときにはおすすめである。卵白と卵黄は別々に泡立て、そのほかの材料を合わせて生地を作る。型に入れて焼いたら完成だ。

・玄米粉クレープ

玄米粉に牛乳や砂糖を合わせてフライパンで薄く焼く。クレープは中に好みの具材を包むことができる。フルーツや生クリームはもちろん、ハムやチーズなどの食事系の具材とも相性がよい。

・玄米粉の唐揚げ

唐揚げというと鶏の唐揚げが代表的だ。基本的には小麦粉や片栗粉を使うが、玄米粉は小麦粉の代用として使える。唐揚げは、肉に下味をつけて衣をまぶし油で揚げて作る。衣が油を吸い、さらに肉に下味がついているので、玄米の独特の風味は感じにくい。玄米が苦手な人でも気付かずに食べられるのではないだろうか。

結論

玄米粉は栄養価の高い玄米から作られた粉である。玄米は白米よりもビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富だ。玄米を粉にすると消化に負担をかけにくいというメリットもある。玄米粉を利用して、普段の食事にもどんどん玄米をとりいれてみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >