このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コーラ】の糖分は多い?料理への活用方法やアレンジを紹介!

【コーラ】の糖分は多い?料理への活用方法やアレンジを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月20日

コーラは、子どもから大人まで大人気のドリンク。爽快感のある炭酸飲料として、ついつい手を伸ばしてしまう人も多いのではないだろうか。最近ではヘルシーさを意識したダイエット系コーラも多くの店で販売されている。今回は、そんなコーラの気になるカロリーや栄養分、アレンジレシピなどをご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーラに含まれるカロリーや栄養素は?

甘くて美味しいコーラだが、カロリーや栄養分が気になる人も多いだろう。コップ1杯分のコーラのカロリーは思うほど高くはない。国が定めた、1日に摂取可能な菓子や嗜好飲料の目安カロリーからするとおよそ半分にあたる。ただ、糖分をかなり多く有するので注意が必要だ。コーラには糖質以外にもリンという栄養素を含んでいる。リンは、骨や歯の形成に必要な栄養素だが、近年過剰摂取が問題となっている。コーラは適量に抑えて味わうことをおすすめする。
この記事もCheck!

2. コーラに含まれる糖分は?ほかの嗜好飲料と比較

コーラに含まれている糖分が多いというのはご存知の方も多いだろう。コーラの糖分は無糖の紅茶やコーヒーを飲む場合と比べると、圧倒的に多い。実際に含まれる砂糖を目の前にすると驚くほどの量だというから、飲み過ぎには注意が必要だ。サイダーをはじめとした炭酸飲料も、コーラ同様多くの糖分を含んでいる。また、果汁含有量が控えめなジュースにもたくさんの砂糖が入っているケースがあるという。どれも美味しいことには間違いないが、適量に抑えることが大切である。
この記事もCheck!

3. ダイエットコーラと普通のコーラの違いを解説!

ダイエットコーラは、カロリーが低いまたは含まれないコーラを総称したものである。普通のコーラに使用されている糖分の代わりに、甘味料を使っているのが特徴といえる。代表的な甘味料として、酢酸を原料とするアセスルファムカリウムや、砂糖と近い風味があるスクラロースなどがある。カロリーゼロだからといって無闇に摂取することなく、身体のことを考えて節度ある飲用を心がけよう。
この記事もCheck!

4. コーラを料理の隠し味に!活用方法を紹介

大きなボトルで購入したコーラが余ったら、料理に活用してみてはいかがだろうか。コーラには砂糖やカラメル色素、炭酸水などが含まれている。コクがあるので、隠し味としても使えるのだ。普段使っているドレッシングやソースに加えれば、さっぱりと美味しく仕上がる。カレーに入れても味に深みが出るのでおすすめだ。また、コーラには肉を柔らかくする働きがある。調理前に漬け込むだけでも効果があるので一度お試しいただきたい。
この記事もCheck!

5. コーラを使った簡単なケーキのレシピとは?

コーラを使った簡単なお菓子の作り方をご紹介しよう。材料はホットケーキミックスとコーラの2つだけ。混ぜ合わせて、マフィンの型に入れて焼き上げると完成だ。焼き時間や温度は、マフィンのレシピを参考にするとよいだろう。ほんのりとしたコーラの香りを楽しめるケーキは、コーラ好きにはたまらない味わいかもしれない。
この記事もCheck!

6. コーラと相性のよいドリンクは?コーラカルピスを紹介

甘くて爽快感のあるコーラは、単体としてだけでなくほかの飲み物と組み合わせてアレンジすることもできる。相性がよいドリンクとしておすすめなのがカルピスだ。幼い頃にお中元でもらった記憶がある人もいるだろう。いまでは、手軽に飲めるカルピスウォーターも販売されている。2つをかけ合わせると、炭酸が和らぎ甘みのある飲みやすいドリンクとなる。レモン果汁を絞ってさっぱりと仕上げても美味しいので、ぜひともお試しいただきたい。
この記事もCheck!

7. 風邪のときにおすすめ!生姜入りホットコーラ

アメリカやフランスなどで、風邪のときに飲まれているのが生姜入りのホットコーラ。コーラに含まれる糖分やスパイス類は、疲労回復や頭痛に効果があるとされている。コーラは温めることで喉の炎症を鎮める効果が期待できるという。身体を温めるといわれる生姜をプラスすれば、風邪のひき始めにおすすめのドリンクの完成だ。
この記事もCheck!

結論

ダイエット系を含めさまざまな種類が出ているコーラは、糖分が多く含まれるので過剰摂取は禁物だ。しかし独特の甘みとさわやかな味わいを思い出し、ときどき無性に飲みたくなるのも確かである。ガブガブと飲むのではなく、アレンジレシピも活用して美味しさをじっくりと味わっていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >